ノーブラの彼女が雨に濡れてで乳首スケスケで帰ってきて興奮したエッチな体験談

ノーブラの彼女が雨に濡れてで乳首スケスケで帰ってきて興奮したエッチな体験談。

彼女はホントに面倒なのか実は露出好きなのか、ちょっと出かけるときはいつもノーブラで出かける。
俺はいつも「ブラぐらいしろよ!」って言ってるんだけど
「いいじゃん。わかんないよ私乳首ちっちゃいから」とか言って流される。
クーラー効きすぎのコンビニとかスーパーの食品売り場でTシャツに乳首ポチポチさせてるときとか
俺が指摘したり必死で隠そうすると、それが嬉しいのか面白がってるのか
「このくらいじゃ気づかれないよ。それに誰も見てないよ。」
とか言って平気で店内歩き回るし、困ってる俺を見て無邪気に笑う姿に俺はキュンキュンしまくりだった。


まあそんである夏の夕方。
俺が彼女んち遊びに行っていつものように何するでもなくまったりしてると
彼女が駅前の郵便局に用があるとかで自転車で出かけてった。
ノーブラに薄い素材の白いシャツ一枚だけで・・
太陽でスケるんじゃないかとちょっと心配したけど
どうせ言ってもきかないし、心配すると余計面白がってブラしようとしないから
まあTシャツみたいに乳首ポチはしないからいいかと思いそのまま行かしたんだけど
彼女が出かけて5分くらいするといきなりスコール級の夕立が降ってきた・・・
俺は彼女のタイミングの悪さを呪った
そしてどっかで雨宿りしてくれてることを祈った
心配で居ても立ってもいられなかった。
ノーブラにペラペラの白いシャツ一枚で滝のような雨・・
そんでなかなか帰ってこない!
30分くらいして雨も止んでやっと彼女が帰ってきた。
彼女「もうやだー!すごい雨!いきなり降ってくるんだもん!」
いつもよりかなりテンション高めで部屋に入ってきた。
見ると予想を遥かに上回ってた!もうびしょ濡れで超スケスケ!白いシャツは肌に貼りついて上半身ほとんど肌色!
おっぱい丸見えだし約30分間も公衆の面前でトップレス同然のカッコでいたのかよ!!
つーか乳首ビンビコビンになってんじゃん!!!!
おれ「何ですぐ戻ってこなかったんだよ!丸見えじゃん!!」
彼女「だってもう郵便局の近くまで来ちゃってたから、でもいちお手で隠してたよ」
びしょ濡れで乳首手で隠しながら郵便局で順番待ってたのかよ!つーか自転車乗ってるときは隠せねーだろ!
雨に濡れて寒いのは解かるけど。鳥肌立てて乳首カチカチになってんのまる解かりじゃん!
郵便局は駅前。夕方で人通りもかなり多いはず
いったい何人の男に俺の可愛い彼女の乳首ビンビコビン状態を見られたかと思うと
俺は頭がクラクラしてチンポがギンギンになってきた。
彼女はシャツの上から乳首を擦りながら
「やーホントすごい丸見えだね。見られちゃったかな?」
とかニコニコしながら言ってんの!
もう限界!!!!!!!!!!!!!!!
俺は彼女を思いっきり抱きしめるとそのまま押し倒して
べったり張り付いたシャツをめくり上げてジーンズとパンツ脱がしたね!
おっぱいむしゃぶりついて乳首れろれろ舐めまくったね!
雨に濡れた冷たい身体(何かすげぇ良かった)を獣のように激しく犯したね!
前戯もコンドームもなしで突いて突いて突きまくったね!
彼女「えっ?何どうしたの?そんないきなり・・あっ!ああーんすっごい硬い!」
あれは最高に燃えた