男友達っぽい付き合いをしていた女友達に手コキして貰ったエッチな体験談

男友達っぽい付き合いをしていた女友達に手コキして貰ったエッチな体験談。

たまに部屋によっていく同級のN美。
あまり女子として意識できない容姿で、男友達と似た感覚がある。ブスとも言えない並。
こいつはインターネットをする目的で来ているが、あとはだべって話するぐらい。
下ネタ話もよくしてたから、
俺の机でパソコンをやるN美の後ろのテーブルで、俺もエロ本持ち出してぱらぱら読んでた。


気分が乗ってきたから学ランのベルト緩めて、からかうつもりで
「おい、ちょっとオナニー手伝えよ」と言ってみた。
「ちょ、ちょっと何やってんのよ!バカか?世間じゃ、そういうのお金かかるんだよ!」
そのときの表情がちょっとおどおどしていたので、面白くなってN美が目の前にいるにもかかわらずオナニー続行。
しばらくN美はパソコンの画面を見ていたが、
「ああー気持ちいい~」とか言ってると、気になるのか後ろをちらちら見てくる。
「あーN美に手伝ってほしいなぁー」と言ってると
「仕方ないなぁ…今日だけだからね」とイスから立ち上がって俺の横に座ってきた。
「えーこんな女がいいわけぇ?」エロ本をのぞきこみながら顔をしかめる。
「お前、こんなナイスバディじゃないからなぁ…」「うるさいよ!この変態…」
そう言いながらも、俺のを握ってきた。N美の手は汗をかいて熱かった。
ニュク、ニキ、ニキ…ニキ N美は右手を器用に上下に動かし始めた。
「へー結構うまいな?」と言うと顔が真っ赤になっていくのが分かった。
「手でするだけだよ!変な気おこさないでよ!」
ニキニキニキ…といいリズムでストロークする。
「袋も触って」
「触ったほうが気持ちいいの?」
「そりゃ気持ちいいよ」
さわっ…もぞもぞ…とN美は右手でストロークしながら、袋も触り始める。
「あーマジ上手いわ…あー気持ちいい…うあ…」
俺は仮性だから、N美がストロークするたびに亀頭が見え隠れする。
N美が手コキしているという状況に俺も興奮して、カウパーが結構多く出ていた。
「ここって…こんなふうになってたんだ…」
顔を真っ赤にしながら、N美はストロークを止めて、
親指と人差し指とで輪っかをつくって、皮を完全に捲ってカリの部分でその輪っかを回転させて、
カリのくびれた部分を刺激する。
とたんにカウパーがまた出てきて、そうなると手の平で亀頭のてっぺんをくるくるする。もうイキそうになる。
「ああ~出そう!N美!出そう!」
「…出していいよ…」
N美は俺の後ろに回って、後ろから手を回して右手で扱き始めた。
そして左手は精液を受け止めようと皿のようにしてしている。
ニキニキニキニキ…「うくっ!!」
…俺はN美の左手に射精した。勢いがあってちょっと左手からこぼれた。
「うわー白い!すご~」N美は嬉しそうにそう言った。
その日は、その後もしばらくN美はインターネットをして進路のことやバイトのことを話した。
N美が帰ってからしばらくしてメールが来た。
メールには「また遊びに行ってやるよ」とあった。「今日は気持ちよかった。またやってくれよ」と送ると「ばーか」
この日以来、たまにN美にはオナニーを手伝ってもらっている。      
おわり