2/2)彼女を目の前で後輩の元彼に寝取らせたエッチな体験談

1/2)彼女を目の前で後輩の元彼に寝取らせたエッチな体験談 続編

Hは少しビックリした様な顔をしていましたが、「そうですね~、久しぶりに見たいですね」
とすぐに興奮している表情に変わりました。
俺は彼女に「どうする?俺もお前のおっぱい見たいんだけど?」
すると彼女は恥ずかしそうに「えぇ、、だって、、どうしよ、、恥ずかしい。。」と言って
なかなか脱ぎだす様子がありませんでした。
そこで俺は「いいじゃん、Hとは2ヶ月前に別れたばっかりなんだしさ」と言うと彼女は
「・・・うん、、わかった、、E(俺)がみたいなら見せるよ」と顔を真っ赤にしているは
すでにエロ顔でした。
彼女は上に着ていた服を脱ぐと、キャミソールとスカートだけの格好となり
キャミソールの中に手を入れてブラを外しました。


彼女のおっぱいはBカップで大きくはないですが、それでもキャミソールの上からでも
彼女の乳首はピンと勃っているのがわかり、すでに興奮している状態でした。
彼女はキャミソールの裾を両手でたくし上げようとしていましたが、彼女の手は
胸のあたりで止まってしまいました。
俺とHは「どうしたの?早く見せてよ」「もう乳首たってるよ?本とは見られたいクセにw」
とか、当時は大学生にも関わらずまるでエロ親父のような事を言った記憶があります。
彼女の興奮もピークに達したらしく「あ、、ああ、見て、、」と言いながら一気にキャミソールを
首の辺りまで捲り上げました。
すると俺は「おおお~」と自然に声が出てしまいましたが、Hはエロエロな目つきで彼女を見ている
だけでした。
俺は彼女の真後ろに座ると彼女を羽交い絞めするような形で、彼女のおっぱいを揉みしだきました。
彼女は「あ、、見られてるよ、ダメ、、恥ずかしすぎる、、」と言っていましたが
乳首をコリコリしてやるとスグに「あ、、ん、ん、ああん、、はぁん、あはん、、」とエッチな声を
出し始めました。
俺は我慢が出来ずに「H、Aのマムコ触ってやれよ」と言うとHはすぐに側に来て彼女のスカートを
捲り上げました。
彼女は「いや、、H君ダメ、、見ちゃやだ、、」と言っていましたがHがパンツを脱がしに掛かると
彼女は腰を浮かせて、パンツが脱がせやすいようにHに協力していました。
Hはパンツを脱がせ終わると「うおwやっぱりすっごい濡れてる」とか「相変わらずでかいクリだねー」
などと言いながら、彼女の愛液をまぶして小指の先程のクリをしごき始めました。
すると彼女は「ああああ!ああん、あはあああん、、!H君ダメ、、ダメだよ、、」と
言いながらも思いっきり感じている様子でした。
俺は彼女の乳首をコリコリしながらHの指マンを見ていました。
Hは片手でクリをしごきながら、もう片方の手の指2本をマムコに入れてグリグリしていました。
彼女は「ああ!ああああ、ひぃいいん、ダメ!ダメ!、、いっちゃう!」とすぐにイッてしまい
ガクガクと痙攣しながら例の白目を剥いていました。
俺は「すっげーな!お前!相変わらずの白目だな」と喜んでいましたがHはあまり彼女の白目剥きは
好きではないようでした(当たり前かw)。
彼女がイッた後はHはどうして良いのか分からない様子だったので
「Aにティムポしゃぶってもらったら?」と言うと、Hは「え?!良いんですか?!」と嬉しそうに
ズボンを脱ぎ始めました。
Hは彼女にティムポを咥えさせると満足げでした。
俺は彼女のマムコに指を3本入れようと、彼女の愛液を指にまぶしていました。
彼女のマムコはガバガバなので指3本くらいなら楽に入ってしまいます。
ちなみにガバガバにしたのは彼女自身らしく、小さいときからオナヌーし過ぎたせいだと言っていました。
俺は彼女のマムコに入れた3本の指を曲げながら激しく動かすと彼女は
「ああ、、イヤ、、ダメ!出ちゃう、、ああん、出ちゃうからダメ」と必死に我慢していました。
Hは「え?何?Aはティムポだけじゃなくて指でも潮吹くの?」とビックリした感じでした。
俺はHに「え?潮って普通指で吹かせるんじゃない?」と聞くと
「いあ、俺はマムコはあんまりいじらなかったですから、、」と言っていた。
その間も俺は彼女のマムコをいじり続け、彼女はついに「あああん、ダメダメ!、、部室が汚れちゃう~」
「おおおお!はああおおおお、イク、、イク、、いくう」と叫びながらイッてしまいました。
俺はこのシュチュエーションと彼女の白目剥きでトランクスに射精してしまいました。
夢精をしたことのない俺にとってはティムポを触らずに射精する事は物凄い快感と感激でした。
いよいよ俺はHに「Aのマムコに入れてみろよ」と促すと、彼女もそれに協力するかの様に
部室に置いてある毛布の上に寝転がりました。
Hのティムポは俺のティムポよりも鋭く上を向いていて、少しばかり嫉妬した気がします。
Hは反り返ったティムポを彼女のマムコにあてがうと、一気に挿入して腰を振り始めました。
彼女が協力的だったのでHのティムポにも感じるはずだと確信していましたが、彼女は
「やっぱりダメだよ、、抜いて、、H君、、お願い、、Eごめんなさい、、」と言うではありませんか。俺は(あれ?おかしいな)と思っていましたが、Hの腰が止まるはずもありません。
Hは腰を叩きつけるように彼女の奥を突いていました。
すると俺の予想どおり、彼女は「あ、、あ、、あああん、、あん、、」と喘ぎ始めました。
必死に声を抑えようとする彼女に、興奮しきっている俺は「大丈夫だよ、感じてもいいんだよ」と
彼女の乳首をこねながら言ってやりました。
すると彼女は「本と?嫌いにならない?、、気持ちよくなってもいいの?、、ああ、ん、」と
何度も尋ねるので、俺は「大丈夫、嫌いにならないよ」とディープキスをすると
彼女は抑えきれずに「あああ、、いいいい、、気持ちいいぃぃ、、ああん、はぁああん」と
喘ぎ声を出し始めました。
しかし、マムコの奥をガンガン突かれるとすぐにイッてしまう彼女がなかなか行きません。
俺はこの時、彼女の精一杯約束を守る気持ちが見れた気がしました。
Hは限界を迎えたのかティムポを抜くと彼女の太ももに射精していました。
俺も我慢できずに、ティムポを彼女に入れて腰を振りました。
彼女は「あああ、、気持ちいいぃ、、ああん、おおおお!あおおお!、、イクイクいく」
と絶叫していました。
しかし、彼女のマムコは、彼女がイク時でも少しまるだけで、一度射精している俺を
逝かせることは出来ませんでした。
しかし、彼女のガクガクと痙攣しながらの白目剥きを見たとたんに、彼女の中に出してしまいました。
(白目好きですみません。。。いつもこのタイミングで逝ってるのはこの時からかも知れませんw)
俺はかなりあせって「ごめん!中に出しちゃった。。」と言うと彼女は息を整えながら
「ううん、いいよ、私もEに中に出して貰いたかったし、、」と言われました。
少しして、3人とも冷静になると気まずくなり、Hは自分のアパートへ、
俺と彼女は彼女のアパートへ帰ることにしました。
帰り道に彼女はしきりに「嫌いにならない?」と聞いて来たので
俺は「大丈夫だよ」と慰めてやり、「今日のは俺とAとのプレイだから気にすることないよ」
と言うと、「ありがとう、、私はEの事ずっと好きだからね」みないな事を言われました。
しばらくは、セックスの度にこの出来事を言いながら興奮&調教してました。
こんな感じで俺の変態クソ性癖と彼女の関係が出来たわけです。