同僚が別れた彼女はエロくて・・彼女がいるのに・・・長編1/3エッチな体験談

同僚が別れた彼女はエロくて・・彼女がいるのに・・・長編1/3エッチな体験談
仲の良い会社の同僚Jと私は金曜日はいつもダブルデート。
私の彼女Rは、派手目のタイプでスタイルはかなり良い。
性格はあまり良くないが、育ちは良いし、見栄えとセックスが合うので
このまま結婚しようと付き合っている。
Jの彼女Mは、どちらかというとおとなしめで、いつもJの
後ろをちょこチョコとついて回る可愛らしいタイプだ。
Jからセックスの話は聞いた事はない、一緒には遊ぶが
お互いの関係を大事にしているので、あまりプライベートを突っ込んで
聞く事は無い。 自分から話す事は聞くといった感じだ。
金曜日のお店は、あまり高くない所で、それぞれが毎回
お勧めの店に連れて行くといった感じだ。
2人だけで遊んでばかりだと色々とマンネリ化してしまうが
4人のデートはそれなりに楽しい。
いつもその後に別れて、それぞれがホテルや自宅に行くわけだが
その後に別れた後の話題にも尽きないし、回数を重ねていると
それなりに他の趣味などの話も出来るようになるし、楽しい。


彼女Rとの付き合いはもう3年、彼女は派手なので
外では男にモテル、いつも同僚Jも羨ましいと言うが
性格がきつい女はそれなりに大変だ・・・
セックスはいわゆる「尽くす」事の無いセックス
言えば渋々オーラルをしてくれるぐらいで、尽くされるのは
好きだが、尽くすのはあまり・・・
でも腰の動きや、体の具合、基礎体温を毎日測ることでの
生射精などの特典・・
Rはいつ子供が出来ても結婚しちゃえばいいやぐらいに
思ってくれている。それはそれで心地は良いのだ。
しかし、Jの彼女Mが気になって気になってしょうがなかった
金曜日の夜の席で、たまに隣同士になる事もある。
そんな時に見せるテーブルでの仕草や、心遣い、笑顔、横顔
全てが素直に、楽しそうに見えて・・
なんだか、Rと比べると、居心地が良さそうな娘で・・
スタイルも、体の線が出る服は滅多に着ないが・・
Rの裸を知っている私は、きっとMの方が脱いだらスタイルは
良いだろうと・・心の中ではいつも裸にしていたのだった。
気にはなるものの、2人だけで電話したり、メールをする間柄ではない
聞くに聞けないし、なによりもJの彼女だし、嫉妬深いRにばれたら
それだけで何を言われるかわかったものではない。
そんなこんなで、数ヶ月が過ぎ、最初は毎週のように行っていた
金曜日の夜も、お互い刺激がなくなったのか、月に一度程度になり
Mとも月に一回一緒に食事をし、カラオケなどするぐらい
いつも視姦はしてたけど(笑)、それ以上は一切アプローチは当然なし。
ある日、Jから話があると・・
2人で昼食を取りながら話をすると、重いJの口が開いた
「Mが浮気をしたと・・、もう別れた」と・・
え?
あのMが浮気?信じられない・・と少し詳しい話を聞くと
Mが同じ会社の独身の上司に告白されて、一度は断るも
しつこくされて、一度だけ食事に一緒に行った時に
朝方まで連れまわされて、最後は半ば無理やり上司の自宅でやられて
しまった事を聞かされたとの事だった。
Jも最初は許そうとして、Mの上司に直談判し二度と手を出すなと
話をしようとしたが、MはもうJとは付き合えないと・・
理由は体が汚れてしまった事ともう一つあるがそれは言えない・・
とにかく別れて欲しいと言われたと・・。
Jはそのもう一つの理由を気にしていたが、もう吹っ切るしかないと
誰かいたらRに紹介してくれ~と結構明るく無理に振舞っていた。
そっか・・Mが浮気をね・・と、考えるだけで、Jには悪いが・・
私は妙な興奮をしていた。とことん飲ませれば・・・・なんて脳裏をよぎった。
意を決してMにメールをしてみた。
「Jと別れたんだね、良かったらちょっと話を聞きたいのだけど会えないかな?」と
Mからの返事は
「Jとは別れちゃいました、一緒にご飯食べにいけませんね~」
「またRちゃんとも会いたいから、誘って下さい」
何気ない返事で、良いとも悪いともわからない返事で
更にメールしてみた。
「今週の金曜日会えない?呼べたらRも呼んでおくから~」と
Mからの返事は「OKです、Rちゃんも呼んでね~」と
よしとにかくOKを取り付けた。Rなんか呼ぶわけはない・・。
RにはJのやけ酒に付き合うから遅くなるーと。
金曜日になり、Mと新宿の高層ビルの下で待ち合わせた。
Mと会うなり、
「ごめんR今日来れないって・・生理痛ひどいらしくてごめんね」
「まぁJの話ゆっくり聞かせてよ」
M
「そっかー残念、よしじゃあゆっくり飲もうか」
そして以前四人で行った無国籍料理屋で、カウンターで2人で並んで
少しづつ酒を飲みながらご飯を食べた。
Jとの核心には触れずにその店を後にした。
なんだかデートみたいでお互い楽しかったと思う。
二件目のバーにMを誘う。
Mはあまり酒は飲めないが、この日は楽しかったのだろう
すんなりと二件目についてきた。
ここはRも知らない、秘密のバーだ。
ここで一杯目のジンライムを飲み終えた後に
Mに聞いてみる・・・「浮気しちゃったんだって?」
M「ごめんなさい・・・」
私「俺に謝ってもしょうがないよ」
「2人で十分話したんだろ?」
「だったら俺が言う事はないけど、ただ聞かせて欲しいんだ」
「俺、実は何気にMちゃんの大ファンだったからさ」
M「あははは、あんな可愛い彼女がいるくせに良く言うわ」
「えーと、どうしても話さなきゃ駄目?」
私「まぁ良いじゃん、俺とは二度と会わないかもしれないしさー」
M「えーそれじゃあ余計に嫌だ(笑)
そんな感じでやり取りをしていたが、次第にMが重い口を開きはじめた。
M「Jからなんて聞いてる?」
私は聞いた話をMにそのまま伝え、Mの反応をうかがった。
M「やっぱりJはそのまま信じてるんだ・・・」
「私だって馬鹿じゃないもん、Hしたくなかったらしないよ」
私「えっ?無理やりじゃないの?
M「無理やりに嫌がる女なんて出来ないものよ」
「なんだったら試してみる?あはは」
「実は上司は、前から付き合ってるの・・」
「しかも相手は独身じゃなくて妻子もち」
私「ありゃ・・そうなんだ」
M「じつはJとは別れたかったんだけど、きっかけがなくて・・」
「ずるずる付き合っちゃった・・・」
私「なんだかびっくり・・・全然そんな事思わなかった・・」
M「そうでしょ?私、地味だもんな・・」
「実際は不倫女よ 笑」
私「とにかく今はパニくってるから、まず飲もう!」
M「あーい」
それから二時間ぐらいMからは衝撃の告白の連続だった。
Jと付き合ってから浮気を5回もしていて、理由の一番が
エロビデオみたいな話だけど、Jが下手で早いから・・
ただ、結婚とか彼氏とかと考えると適任だったから・・そんな理由で
Jは彼女として付き合っていたわけだ・・・
しかし彼女のイメージがめっきり変わった・・・
俺も意を決して、正直に話をした。
実はホントファンで、いつも裸を想像していた事
尽くすセックスをしてそうだと勝手に興奮してた事。
今の話を聞いて余計興奮した事など・・
今日のRは実は元々誘ってない話など・・・
いわゆる賭けに出たのだ・・・・
するとM無邪気に声を出して笑いながら
「なんかエロいね~ムクムクしてるんじゃないの~」
と言いながら股間に手を伸ばすのであった・・・
股間に手を伸ばすMからのけぞるように身体をずらし
Mにタッチをさせないように普通の行動を取るも
完全に触れない距離ではないぐらいで、股間を触らせた。
Mとのエロい話しだけで、しっかりと勃起していた俺のペニスを
指で3回ぐらいつまむように触ったMは
少し笑いながら「なんでそんな固くなってるの?」と
顔を酒か、照れで赤くしながら屈託の無い笑顔で笑っていました。
酒はそんなに飲んでいないのに、2人とも陽気になってきて
時計を見ると24:00を少し回っているぐらい
電車はあるが、Mから電車のでの字も出て来ない。
股間を触られたのも、踏み込んだエロ話も、あのタイミングだけだった。
そのバーで時間を過ごす事は既に無理があり、どうしよっか~っと
2人で店を出てフラフラ歩いていました。
Mが「あーーカラオケしたーーい~~」と言い出した。
前から4人で何度か行った事はあるのだが、Mはほとんど歌う事無く
世話ばかりしていたのが印象に残っていた。
私は「そう言えば、うたあんまし上手くないよな~」と声を出して笑うと
Mは「あー私の本気を知らないなー」などと下らない話しで
盛り上がる2人でありました。
今日のMの格好はミニスカート、ちょっとセクシーに脚を出している
あーー見ているだけで勃起が止まらない・・
私「Mってさー今日マジマジと見たんだけど、脚綺麗だよな・・・」
M「あー今頃気付いたの?脚はRちゃんに負けないでしょ?」
「程よく細くて、形悪くないでしょ?足首も細いし」
「脚だけは自慢よー、足首細いって○○って言うでしょ~」
なんて言いながら、けらけら笑う姿がホント可愛い・・
2軒ほどカラオケボックスに行ってみたが満員・・・
駄目だね・・今日は金曜日だしなんて話をしていた。
私は誘いも兼ねてこう言う。
私「じゃあさーどうせ今日帰るのはタクシーでしょ?」
「どうせお金掛かるなら出来るだけあそぼーよ」
「Mと2人でいると、すっげー楽しいしさー」
M 「うん、そうだねー楽しいよ今日はー」
「でもRちゃん良いの?彼女嫉妬凄いでしょ?」
「まぁ私だしいいかぁー」と言いながら笑う。
そこで私は
私「じゃあさーゆっくりしながらカラオケしようよー」
「勿論なんもしないし、俺はそのまま寝て帰りたいから」
「渋谷のラブホいこーぜー」
と下心を悟られないように明るく言ってみた。
Mは「ラブホかぁ・・・」
「なんもしないなら・・つまらないからいかなーい」
と言いながら笑う。
M「ウソうそいいよーZも私とじゃしたくても出来ないでしょ~」
「いいよーラブホでいっぱい歌お-よ」
※Z=書き手
あっけなくMはラブホOK
タイミングを逃しちゃいけないと・・・
すぐにタクシーを停め「渋谷の円山町あたりで!」
タクシーは一路、新宿から渋谷へ
タクシーの中ではMがご機嫌だ・・
M「なんかさー2人で遊ぶのって初めてなのに楽しいねー」
「Zってモテルでしょ?正直そんなにカッコ良くないけど笑」
「優しいしさー男っぽいもんね」
「Jも、もう少し逞しかったらな・・・」
タクシーは渋谷につき、とりあえず綺麗そうなホテルへIN
部屋に入ると、まぁカラオケはあるものの
風呂はスケスケ、勿論ベッドの脇にはコンドーム
ラブホで御座います!って感じです。
Mは「歌おう歌おう~」といいながらベッドにゴロゴロしながら
歌本を見ては曲を選んでいるような仕草だ。
私「ラブホなんて全然来ないから、なんかドキドキだなぁ」
などといいながら反応を見るも、Mはニコニコしながら
歌本を見ているだけ。
歌本を見ているMだが、なんか可愛い。
脚をバタバタさせながら、鼻歌を歌いながら曲を選んで
いるようである。
私はMに「ちょっと楽なカッコに着替えていい?」
Mは「どうせZは泊まるのでしょ?お風呂入れば?」
「私覗かないから~」あははは
ってな感じで、入らないよりは入る方が良いだろうと
私は「あーーじゃあそうするわ、覗かないでよ!笑」
そういいながら、スケスケのお風呂場に全裸で向った。
Mは歌うと言いながらも、一向に歌声は聞こえない
スケスケのお風呂ではあるが、内側からは湯気で
良く見えない・・何をしてるんだろう・・。
もし、帰ってたらショックだな・・・と思いながらいると
風呂場のドアが急に開き
M「あはは、見ないから見ないから」
「あのねーエッチなビデオ見ててもいい?」
私「いいよー 興奮して俺を襲うなよー」
M「ありえないからー勉強しなきゃ。笑」
そんな会話をしただけで、私のソレはギンギンに固く
なっているのですが・・この風呂場はスケスケ・・
気付かれないように、入りたくない湯船に入り収まるのを待ち
風呂を出たのだった。
あれっ!Mが居ない・・・
見てるはずのエロビデオもテレビになっているし
鞄もない、靴を見に行くと安心した。靴はあるのだ。
私「おーいM————-どこ~」
笑い声だけケラケラ聞こえて、その方向に行くと、ベッドの下で
隠れて笑っていたのであった。 可愛い・・・・
Mは悪戯っぽい目をして
「帰られたらショックだった?」
私「・・・・・・・・」
「あんまりいじめるなよ・・Mファンなんだからさ俺は」
M「自分ばっか楽なかっこしてずるい~」
「ねぇ私もなんかに着替えて良いかな?」
「でも、見たりおさわりは禁止ですからねお客さん」
Mは誘ってんだか、なんなんだか良くわからないのだが
私の中ではすでに【何が何でもやってやるモード】のスイッチがONになっていた。
さて、すっかりモードのスイッチが入った私は
直接行動に出る事にした。Mはわざわざ着替えの為に
トイレに入ったわけだが・・・このトイレには鍵はない
私がやる気に満ち溢れている事もアピールしないとなぁ・・と
思いながら、今頃下着?という経過した頃に、ノックを一瞬して
ガバッ!と扉を開けた。
Mは予想通り、下は下着姿で、上はカットソーの上から
ガウンを羽織ろうとしている所だった。
M「だめ~~~反則です!お客さん閉めて~~」
言いながら笑うMはモジモジしてて可愛い・・。
私は笑いながら扉を閉め、一瞬のうちに息子は臨戦体制OKだ。
Mはガウンのまま出てきて。
M「なんか恥かしいね、あんまり見ないでね!」
見ないでね・・と言われても・・・
脚の綺麗な太ももは見えるし、ストッキングは脱いでるので
生脚だし・・・見ないわけが無い。
Mはすぐにベッドの布団に入り、上半身だけ出して
テレビを見ているのだった。
私はずーと明るい照明が気になってたので
私「ちょっと暗くしない?疲れるし」
などとわけのわからない事を言いながら明かりをだいぶ落とし
Mが居るベッドに向った。
普通にベッドに入ってみるが、Mは何も言わない。
テレビを見ているMの髪の毛を、おもむろに撫でてみた。
Mは「お客さんおさわり禁止ですよー笑」
などと言いながらも、私の触っている手に合わせて
頭をくっつけてくる・・・
【これは・・・・絶対やれる・・】
私の絶対やってやるゲージはこの時点でMAXを迎えた。
Mは頭をくっつけて甘えてくる。
あーもう駄目だ・・・私はもう我慢が出来ない。
そのまま頭を抱き寄せて、おでこにキスをしてみた。
M 「お客さんだめだってー」
「私Jと付き合ってたんだよ」
「これ以上は駄目でしょ?やっぱ」
私 「うーん、今はJの事すっかり忘れてるよ」
M 「Rちゃんは?Rちゃんみたいな綺麗じゃないし私」
「だから今日はここまでにしよ、ね!」
私は必死だ・・・Mとこんな会話をしながらも
髪の毛を触る事を嫌がらないし、おでこやほっぺに
キスし続けた・・・・
M「だから駄目だって・・帰るよ私・・」
私は「もう黙ってて」
と言いながら、Mの唇にキスをした。
一度唇を離し、再度抱き寄せてキスを・・。
Mはクビを少し横に振りながらも、こじ入れた舌に
自分の舌を触れて来た。
M「駄目だって。。。」
駄目と言いながらも、一切の嫌がるそぶりは見せない
そのまま私は上になる形で、Mに覆い被さった・・
私「俺さ、好きとかなんとかじゃなくてMの事ずーと見てたよ」
「なんかRにはない女っぽさがファンだったんだ・・」
M「そんな事言われても・・困るよ・・」
Mが話終わるかどうかの時に、もう一度キスをして舌を絡ませた。
Mはなんだかんだ言うけれど、抵抗は最初から一切しない。
そのまま耳元に口を這わせて、舌先で愛撫をすると
Mからは「耳は弱いから駄目・・声が出ちゃうよぉ」
「本当にしちゃうの?ああ・・・あ」
「ああ・・感じちゃうよ Z」
もうこうなると、止まらない、私も興奮しまくりだ。
Mはあえぎ声がデカイ・・・。
まだ核心的な部分は何もしていないのに、耳元と首筋を
舌で這わせるだけで、凄い声が出る・・。
M「あ――あーー駄目だよーお風呂入ってないし」
「汚いからそれ以上は駄目 あああああ」
駄目と言われると余計燃えるものである・・・
今のMのカッコは、バスローブの中はカットソー下は下着一枚。
愛撫を鎖骨の部分や首筋を優しく愛しく、舌を這わす・・
たえずMからは声が漏れる・・・
その大き目の漏れる声を聞くと余計に感じてしまう・・・
Jの事は考えてないとは言ったものの、やはり意識する。
この身体をJが抱いてたんだなぁ・・と妙に冷静に・・。
私はセックスには多少自信がある、昔ソープ嬢と
1年付き合う間に、色々な技を教え込まれ
男のセックスの作法を教えて貰った。
ソープ嬢の彼女にしてみれば、年下の弟を飼っている感じだったと思う。
男女の付き合いと言うよりも、寂しさをお互い埋めるだけの
付き合いだった。
Mのバスローブを剥ぎ取る・・・
一緒にカットソーも脱がせる、下着姿になったMがそこにいる。
Mのサイズは憶測だが 155・45 83D・60・85ぐらいか。
下着のブラのカップが妙に大きさを意識させる。
M「ここからはもう戻れないよ?」
「もう私も止まらないよ?いいの?」
私は何も言わず、胸の周りに舌を這わせ、後ろに回した手で
ブラのホックを外す。
肩ヒモを外し、手で隠しているMの胸をはだけさせた・・
何も言わず乳首に吸い付いた、小さ目の普通の乳首だが
Mの感じる声が大きいので、吸うだけでこっちは感じてしまう・・
おもむろに右手を、Mの下の下着に伸ばし、割れ目をなぞってみる・・
少しなぞると、じわりと下着に染みている愛液を感じることが出来た。
私「M凄い濡れているよ・・・」
「パンツの上からわかるよ・・」
M「もう駄目だから・・・」
「そんな上手に舐められたら感じちゃうよ・・・あーあああ」
Mは風呂に入っていない事をしきりに気にしているが
こういう初めての相手とのセックスは、少し何かが匂うぐらいがいい
相手の色々な体臭も感じる事が出来るから・・・。
パンツの上からもはっきりとわかるクリトリスを軽く触りながら
口は、大きいバストをしゃぶる・・・
M「あっああーーああーーー」
もう何も言わずただ感じているようだ・・・
Mの手が私の下半身に伸びて来た。
M「もう大きいよ凄い固い。」
胸をもみながら吸ったり舐めたり、十分にMの胸を
堪能して、ぐちゃちゃに濡れたパンツを脱がせた・・・
Mの濡れたパンツを剥ぎ取ると、陰毛があらわになり
そこを手で隠そうとするMが可愛い・・
M「お風呂入ってないから駄目だよ。」
私はいきなりMの股に顔をうずめ、一番敏感な部分を
舌先で刺激してみた。
Mのクリトリスは小さめで、皮がむけきれていない
朝から仕事をしてて初めて、下着を脱いだわけだから
それなりの体臭もするが、そんな事はお構いなしだ。
誰でもクリトリスは多少なりとも感じるものだが
Mの感じ方は異常なほど大きい・・・
M「汚いのにあーーーそんなとこ舐めちゃ・・ああ・・・・」
言葉と感じる声と、絶叫にも聞こえる声が
余計に私を感じさせる・・・。
舌でクリトリスを舐めまわしながら、右手の中指は
入り口を刺激しながら、少しずつ中指を挿入していく。
指を上向きに挿入し、Gスポットを刺激すると
Mは身体をのけそらし、とにかく声を出しまくっている
最初に絶叫に似た声は、いつしか身を任せてくれている
感じの優しい喘ぎ声に変わっていった・・・。
口をクリから放し、本格的に指での刺激を開始した
態勢を上に移し、口ではMの右胸、左手はMの左胸
右手でクリトリスを高速で刺激する。
Mはただ身体を震わせながら
「あっあっあっ・・・・ああああああ・ああ・あ・ああ」
「いっちゃってもいい・・?いい?いい?イクーーーーー」
と指でいってくれました。
そのまま、軽いタッチでクリトリスを触るか触らないかの
感じで撫でているとMは
「ああ・・それ凄い気持いいよ・・。」
「またいっちゃいそうになるよ・・」
自分の態勢を起こし、今度は指で思いっきり攻めてみようと
濡れ濡れで入り口が半分開いている膣に、指を2本挿入する
かなり濡れているので、すんなり入る。
今度は2本でGスポットを刺激し、反応を見る。
Mは身体をガタガタ震わせながら、また声が漏れる。
Gスポットを十分に刺激した後は、潮を吹かせてやろうと
その奥に指を入れ、2本で小刻みに膣の上部を刺激すると
Mは「ああーー変な感じ変な感じ・・・」
「おしっこ出ちゃうよ出ちゃう・・・ああ・・」
と同時にぴゅっぴゅと潮吹き成功。
Mは「もう駄目、凄すぎるから・・・」と
私の外面と、性技のギャップを自然に感じてくれているようだ。
Mは自分の汗を左手でぬぐいながら、
「これやバイよね・・・」といいながら
自分がベッドにつけたシミを見て、恥かしそうにしていた。
潮吹きで出てくるのはおしっこなので、匂う・・
量も一回分のおしっこが全部出てくるぐらい出る。
(そのままそこで寝る人は潮は吹かせないほうが良いです)
Mは横になりながら、右手で私のペニスをしごく。
上下に激しく擦りながら、
M「この後にこれ入れられたらやばいよ・・・」
そう話しながら、フェラをする体制を取りつつあった・・
私は「お口でしてくれるの?」
M「してもいい?いっぱい舐めたい気分」
「邪魔しないでね・・・」
と言いながら、一番奥まで一気に口の中に含みこんだ。
Mはやはり献身的な奉仕フェラをしてくれる。
下から咥えながら、上目遣いでこっちの反応を見ては
またスピードを変えて感じさせようとする。
M「凄い固いよ、それに太いよ」
「我慢できなかったらお口に出してね」
そう言いながら、そんな自分にMは感じているようだ
私は早く入れたくて何度か身体を離そうとするが
Mは「動いちゃだめ~御願いだからお口でいって欲しいの」
と言いながら、実に上手な動きでフェラをし続ける。
Mははっきり言って上手い、彼女のRも相当し込んだけど
やはり奉仕が好きな人は、上手くなるのだろう・・。
裏筋を強めに刺激したかと思えば、一気に全部含み
根元から先までピストンする。口のすぼめ方も強めにし
舌で亀頭の周りを念入りに刺激する・・。
私はMに「こんな技どこで覚えたの?」
「こんなフェラしてたら、すぐにみんないっちゃうでしょ?」
Mは「自然に覚えたよー、するの好きなんだもん・・」
「Jは早いから、5分ぐらいしか持たなかったよ 笑」
「でも不倫相手は、あまり固くならないまましばらくは、させて
もらえるよー笑」
そう言いながらも、ホント美味しそうにフェラをし続けるM。
私は、このままいくことも出来ちゃうけど、入れたくてたまらなくなり
Mに「もう駄目、入れさせて。」
と言いながら、強引にMを身体から離し、仰向けに寝かせた。
Mは「ホントに入れちゃうの?」
私は無言で股先にペニスをあてがった。
Mは「つけないの?いいの?そのまま入っちゃうの?」
そう言いながら興奮しているようだ。
私は、しばらくペニスを愛液に馴染ませて
一気に挿入した・・・・。
ああ・・気持がいい。程よく濡れたMのそこは
狭さと愛液のすべりが妙にマッチしていて
動くのが惜しいぐらいペニスを包み込むようにフィットしている。
Mはまた大きな声で「ああ・・太くて固いのが入ったよー」
とやはりMの気があるような絶叫を・・・
入れただけいっちゃいそうになるだけに、動かすのが
惜しい気もしたが、ゆっくりと動かし始めた。
一番奥まで沈めては入り口まで引き、ゆっくりゆっくりと
Mの締まりを味わった。
Mは大きな声を出しまくりで、いくらラブホといえども
この声は大きすぎる・・・
右手で口を塞ぎながら、動きを早めた。
初めて挿入した相手にはいつも思う事だったが
いつもと違う所に当たり、刺激されて、早めにいきそうになる。
しかし、Mとは念願のセックスだ、もう少しじっくり味わいたい。
また、こうして肌を少しでも合わせていると、感情がどんどんと
入っていくのがセックスの不思議だ・・・
Mを開脚させながら挿入し、クリトリスを右手で擦る。
擦りながら挿入をする、Mは相変わらず大きな声で
「ああーーあー凄い凄い イイ イイ あがぁ・・・」
悲鳴や叫びにも似た声でよがってくれる。
体勢を入れ替え、横から挿入、そのままバックに移行。
細いウエストを両手でわしづかみをし、激しく腰を振る。
Mは「あああーーたまたまがクリに当たるよー」
「これ駄目、いっちゃう・・・・あああああ・・」
挿入してから何度いってくれたのだろう・・
Mは間違いなくいきやすいタイプのようだ。
そろそろ私の方ももたなくなってきた。
Mの顔を見たくて、再度正常位に戻し、いく為に
激しく腰を振る。
私は「あーMもう駄目、いきそう・・」
M「いってーいってーーーー」
生なので、中に出すわけにはいかないので
スピードを早めて、Mのお腹の上に大量に放出した。
Mは放出したばかりの精子をお腹の上で伸ばし
そのままフェラをしてくれた。
射精したばかりのペニスは敏感だ・・・
Mの口の中でビクンビクンと言いながら残りの液を
放出するのであった。
放出感でいっぱいの私は、Mの横にゴロンとなり
Mの髪の毛や、胸を撫でるように触っている。
不思議なもので、どんな縁でも、肌を合わせた後というのは
愛しくなってしまうものである。
Mも例外ではなく、肌が合った事もあり、かなり愛しく
感じるものである。
お互いにしばらく何もいわずにイチャイチャしてたのですが
Mは優しく私のペニスを撫でるので、あまりの気持の良さに
ペニスはムクムクと復活しMは笑いながら
「凄い~出したばっかりなのに元気になってるよー」
と言いながら、すぐにフェラをしてくれました。
M「固いよー出たばかりなのに凄いね」
「もっとしゃぶらせて~♪」
なんともいやらしい・・男冥利に尽きる着く尽くしっぷりに
更に興奮し、ギンギンになります。
私「駄目だぁーもう我慢出来ない入れさせてー」
M「まだだめーもう少し舐めさせてー」
そう言いながら、竿の根元から先まで、丹念に舐めあげます。
私「うわーやばいって出ちゃうよ 笑」
M「うふふ じゃあ入れて」
そう言いながら、バックのスタイルで待っているのであった。
我慢が出来ない私は、そのまま濡れも確認せずに
ウエストを両手でわしづかみにし、一気に挿入。
一番奥まで差し込んで、奥だけ突く。
奥の方も締まるMのそこは、いわゆる名器である。
程よく濡れていて、気持が良い事この上なく
すぐにそのまま果てそうになる。
Mの顔はバックで見えないが、前回同様、絶叫しまくりだ
Mごめん、二度目なのにもたないよ
私「もう出そうなんだけど、出してもいい?」
M「ああーーあんあん まだ我慢してーーー」
「もう少しもう少しだから・・・・あんあん」
M「タマタマが当たって あっいきそう・・」
「一緒にいこう一緒にいこう あんあん」
「明後日には生理来るから、中に出して中にーー」
うぉー中だしだ!
その言葉に一気に興奮した私は、一番奥のほうで
生中だしを存分に味わった・・・・
すぐに抜くと精子が漏れてくるので、そのままの体勢で
横になり、後ろから胸を触りながら、しばらく挿入していた。
そして、前の時と一緒で、おもむろに抜くと
Mは中だししたばかりのペニスを、なんのためらいもなく
口に含み、綺麗に舐めあげてくれました。
私はMに「中だしとか大丈夫だった?」
「思わず中に出したけど、いいのかな?」
Mは色っぽい顔で
「私は生理が一日も予定日を遅れない女だから大丈夫」
なんだかそう聞いても、セックス中は、どうなってもいいやって
思うぐらい意識が飛んでいたので、なんとも感じませんでした。
連続で2回したので、精液や唾液や愛液、汗
色々な液体でぐちゃぐちゃになっていて気持ち悪かったので
2人でシャワールームで、あらいっこをしながら
髪の毛までお互い洗い、一緒に上がって
これだけ見れば、普通の恋人同士です。
さて風呂から上がるものの、一度セックスすると
裸も着替えも恥かしくなくなるのは、セックスが
いかに心を許す行為なのかという事ですね。
時計を見るともう4時近く、2人で顔を見合わせ
寝なきゃだねーーー!と話しながら、ベッドに入る
濡れた所は乾いたタオルを敷いて、抱き合いながら寝ます。
私は心地良いだるさと、睡魔のせいで、今にも完全に寝そうに
なりましたが、私の腕の中にすっぽり入っているMは
手を下に伸ばし、ペニスを撫で続けるのです。
私はMに「まだし足りないすか?笑」と聞くと
Mは「だってーこれすぐに大きくなるんだもんー」
「大好き~~♪」
そういわれて微妙に固くなっている私のペニスがちょっと
いやらしかった・・・。
私「俺だってMのここ大好きだよー」と言いながら触ると・・
既にぐっしょり濡れています。
私「これってさっきの分?新たに濡れたの?」
M「うーーもう ばか!」
二回もした後なのに、Mは濡れ、私は勃起し・・
既にスタンバイの状態に・・・。
Mのやる気はどの程度かと思い・・・
唇を合わせるも、舌がうにょうにょ出てきます。
Mもやる気満々です。Mが舌をこじ入れてきながら
手は私のペニスをしごき、次第に唇は私の乳首を愛撫します。
私は「Mヤラシイな~おまえー」と話すと
何も言わずに手は根元までしっかりしごきながら
唇はおへその下まで来ています。一気に口に含まれ
自分のお尻を私の顔にあてがいます、いわゆる69の体勢。
今まで無言で攻めていたMですが、やはりあそこに舌を
這わせられると弱いのか、やっぱり凄い声が出ます。
三回目のMは積極的です、凄い高速フェラをしながら
自分のクリを私の口に押し付けて、小刻みに動かします。
フェラも腰つかいも早くなると・・・Mは
「はぁぁぁもうだめ、いくネ・・いく いっちゃう・・・あああ」
とビクンビクンしながら果てます。
グッタリしているMひっくり返し、そのまま挿入です。
高速フェラですでに八合目まで昇っていた私は
ものの5分程度で、またしてもMの中に放出・・
その間Mは、うめくような声だけですっかり脱力感いっぱいのようだ
いつのまにか私はそのまま寝てしまい
フロントから10時に確認の内線がなり
そのままサービスタイム利用するむね伝える。
Mは内線がなっているのに全然起きず
私に身を寄せるようにスヤスヤ寝ています。
寝顔を見てると、ホント可愛いかったです。
そのまま私もMを抱きかかえるように寝てしまい
再び起きたのは13:30.でMも一緒に起きました。
Mはあまり化粧栄えしないのですが、逆に言えば
スッピンでもあまり変わらないので、寝起きでも可愛いのです。
部屋も明るくて、なんだか凄く恥かしい感じで
一緒に風呂をためて入り、まったりと残りの時間を過ごしました。
Mが化粧をはじめてる間、私はベッドで全裸でテレビを見てました。
バスタオルを身体に巻いたMの姿が可愛らしい。
Mがちょと死角になる所で、パンツとブラをつけて
洋服を着始めました。 ちゃんと見える所に出てきたMは
私が思い焦がれていたMだった。洋服の姿を見ながら
昨日のセックスを思い起していると、一気に発情し・・・・
洋服を着ているMを後ろから抱きしめ、むりやり
リップを塗ったばかりの唇を奪い、スカートをたくし上げて
パンツを一気にくるぶしまで下げた。
M「もうせっかく服着たのにもうおわりーーーーー!」
などといいながら軽い抵抗をするものの、脱がせたパンツの
割れ目に指を置くと、既に濡れているのであった
壁に無理やり手をつかせ、たくし上げたスカートのまま
後ろからペニスをねじ込んだ。
しもつきのMのあそこは立ちバックには最適な角度で
さらに中はそれほど濡れていなかったので、摩擦感があり
とても気持がいい・・後ろからMの口には左手を舐めさせているので
犯しているような立ちバックだ。
しばらく膣のねっとりしたからみを楽しんで、中にぶちまけた。
Mは「ああーーもう中駄目だってー」
「後で出てきちゃうじゃんかー」
「今日ナプキンないしーもうぅーーー」と
可愛い顔で怒っている。
私「ごめんねー発情しちゃった・・・」
M「J強すぎだから。。でも気持ち良かった 笑」
無邪気なMの笑顔がたまらなかった。
一緒にホテルを出ると、外はもう暗くなりかけてて
2人で駅近くまで行き、私はMにタクシー代を握らせ
タクシーで帰した。Mは帰りがけにキスをしてくれて
M「私が本気になったらどうするの?」と笑いながら
タクシーで帰っていきました。
残った私は、今日は何も食べずいた事を思い出し
吉野家でペロリと豚丼を平らげ、電車でいそいそと家に帰った。
家に帰ると、女ものの靴が玄関に・・・
続き 同僚が別れた彼女はエロくて・・彼女がいるのに・・・長編2/3エッチな体験談