会社の先輩の部屋で二人きりになって。イッたことなかったのに・・エッチな体験談続編

会社の先輩の部屋で二人きりになって。イッたことなかったのに・・エッチな体験談 続編
今日あったコトを思い出しながら全部書きます。長くなります、ゴメンなさい…。
成人式を終えた彼氏と会い、私の部屋でエッチしました。
部屋に入って来た彼に思いっきり抱きついてキスをして、そのままベッドに押し倒しました。
ベルトを外してジッパーを下ろし、「舐めていい?」と聞くと「いいけど…シャワー浴びさせて」と困惑気味。
「このままでいいよ、私がきれいにしてあげるから」自分で言ってて恥ずかし過ぎましたが、勢いで言い放ちました。


まずは先っぽ中心に舐め、彼の様子をうかがいます。苦しそうにハァハァ言いながらこっちを見る彼が可愛かったです。
手でタマを弄びながら彼のモノを全部口に含み、舌を絡ませながらジュプジュプしてたら「うぐっ」という彼の声が…もちろん全部飲みました。
グッタリしている彼にキスして「気持ちよかった?」と聞くと「うん」と素直な反応。嬉しかったです。
いつもおっぱいばっかり舐めて下の方は全然責めてくれなかったので、恥ずかしかったんですけど「クンニして」とお願いしました。
クリの皮をむいて舐めてきましたが、ちょっと乱暴にされて痛かったので「痛いよ、もうちょっと優しく舐めて」と言ったら「もうイヤ」と言われて哀しかったです…。
結局クリは放ったらかしでいつものおっぱい舐めばっかり。気持ちよくてハァハァ言ってたんですけど、Tさんの時みたいにイク事はなかったです。
そこで私の気持ちはだいぶん冷めていて、「またいつものエッチかぁ…」と心の中で嘆いてて、実際その通りのエッチでした。
しかも彼が「今日の夜は友達と飲みに行く」とフザケた事を言い出したのでキレました。「一緒に来る?」と聞かれたけど断りました。
もちろん2回目のエッチなんてするはずもなく、お祝いはしましたが虚しい気持ちのまま別れました。
そんな荒れた気持ちがキッカケになって、今まですごくためらっていたのにあっさりTさんにメールしました。
時間は19時ごろだったので「もしヒマならごはん食べに行きましょうv」とメールしました。その時彼女の事は頭になかったです。
すぐに「今から迎えに行く」と返事が来て我に返りました。浅はかな自分を責めましたが、この前の事をうやむやにするのもイヤだったので覚悟を決めました。
Tさんの車に乗り、ドライブしながら「何食べる?」とか他愛もない会話がしばらく続いてました。
思い切って「今日は彼女と会ってなかったの?」と聞いたら「彼女はたぶん仕事だから」と淡々とした答えが返ってきました。
その流れで(探るわけじゃないですけど)興味があったので、彼女について色々聞きました。2つ年上の28歳の女性で付き合って半年。年上なんて、ちょっと意外でした。
私の彼氏の事も聞いてきたので「1つ年下の大学生で今日が成人式で…」とお互いの相手の話をしてましたw
そして今がチャンスかな?と思って、あの時の話題を持ちかけてみました。
「この前泊まった時さ、あんなコトになってどう思ってる?会社では話せないし聞きたかった」と緊張して早口になりながらも聞けました。
「お前はどうなん?彼氏いるのに俺と寝て」と逆に聞かれたので、自分の胸に問い掛けてみてゆっくり答えを探しました。
「あの時初めてTさんのコト意識して自然にああなって、スゴク気持ちよかったし全然後悔してない」と正直に言いました。
Tさんはしばらく黙っていましたが「ずっとお前の事気になってたから俺も後悔してない。すげぇ嬉しかった」と言われて泣きそうでした。
心のモヤモヤが晴れていくような気持ちになって、信号待ちで停車した時に私からキスしました。
結局ファミレスに行くことになって、駐車場に車を停めると今度はTさんからキスしてきました。スゴク激しいキスで溶けそうでした…。
調子に乗って胸まで触ってきたのでブチました。それでも触ってきたので「ダメ…ごはん食べてから」と諭しました。
メニューを選んでいる時に「ちょっと目ぇ潤んでる、ヤラシイ顔してんぞ」と言われて恥ずかしかったです。さっきの愛撫のせいだと思いました。
食べてる時にTさんが私の彼氏のコトを聞いてきて、今日会った事を話しました。
エッチした事は言わないつもりだったんですが、つい言わされたような感じでバレました。ケンカしたコトだけは内緒にして…。
「気持ちよかった?」と聞いてきたので「襲ってみたけどダメだった…」とぶっちゃけました。
「俺とヤってる時はあんなに気持ちよさそうにしてたのになー」と言うTさんに萌えてしまいましたw
食べ終わって車に戻ると21時をちょっと過ぎたぐらいでした。
「これからどうする?」と聞かれたので「う~ん、もう帰る」とジャブってみました。「うそぉ~?」とTさんの声が裏返って笑えました。
「うそ。Tさんの部屋に行きたい」と言うと「お前ほんとムカつく」と耳元で言われてキスされました。ハァ…
Tさんの部屋に入ると、後ろから抱きつかれて耳や首筋ににキスされました。それだけで立ってられなくなってガクンってなりました。
前にエッチしたソファベッドは書類が置いてあったので、Tさんのベッドまでお姫様抱っこしてもらいました。
着ていた服はTさんが全部脱がせてくれました。部屋が明るかったので「電気消して」とお願いしましたが「全部見たいからダメ」と言われました。
Tさんは自分で脱いだんですが、アソコがだいぶん勃ってたので「もうおっきくなってるよー」とからかいました。「もうヤバい、舐めてイカせて」と言われて嬉しくなりました。
優しく持って目の前の愛しいそれにいっぱいキスをしました。Tさんはハァハァ言いながらもおっぱいを触ってくれました。それで私もハァハァ…w
タマをブルブルしたり、ハムハムして遊んでたら「竿舐めて、もう限界…」と苦しそうでした。彼氏のより太いし長いので、奥まで含むと苦しかったけど頑張りました。
またフェラでTさんをイカせる事が出来て、私はとても満足でした。キレイに舐め取ってあげました。
Tさんはゆっくり私を押し倒すと、前したようにおっぱいの谷間に顔をうずめてきました。「あァん、ハァ…」と声が出ました。
喘いでいる私を見て「お前そのエロい顔なんとかしろ!」と言われたので、「どんな顔してる?変な顔?」と聞きました。
「見てみる?」と言ったかと思うと私を抱き上げ、洗面所の所まで連れて行かれました。
「自分で見てみろよ、すげぇヤラシイ顔だから」と言われて後ろからおっぱいをわしづかみされて揉まれました。
鏡の中の私はTさんにおっぱいを揉まれています。その光景がヤラシクて気持ちよくて、「ヤダ…恥ずかしい」と訴えました。
Tさんのはまた勃っていて、ハァハァ言いながら首筋や背中にキスしてきます。
右手でクリを愛撫しながら左手ではおっぱいを刺激され続けて、もう鏡を見る余裕もなくなってしまいました。
愛液が太ももまで垂れてきて、もう入れて欲しくてたまりませんでした。「入れて欲しい?」Tさんに聞かれた私はただ頷くだけでした。
後ろでヌプっていうイヤラシイ音がして、その瞬間に私の頭は真っ白になりそうでした。
「ホラ、自分の顔見てみろって」と腰を振りながら言われ、私はゆっくり顔を上げて見てみました。
トロンとした目に口も半開きのダラしない顔…別の意味で恥ずかしかったですw
ペチペチとお互いの皮膚が当たる音とグチュグチュいうヤラシイ音が響いて狂いそうでした。喘ぎ声も出せないぐらい気持ちよかったです。
またベッドに戻るとTさんは「俺のおっぱい!」と言いながらかぶりついてきました。「おっぱい好き?」と聞くと「うん!」と子供みたいでした。
しばらく遊ばせて(?)いましたが、だんだん気持ちよくなってきて本番モードに。「クンニして…」お願いしました。
彼氏に失敗&拒否されたクンニですが、やっぱりTさんは上手くて溶けそうでした。何度もイキました。
Tさんが仰向けに寝て「上に乗って」と言うので照れながらですが乗りましたwいつもより奥まで入って気絶しそうでした。
「腰の動かし方がわからない」と言うと私の腰を持って「こうやるんだよ」と誘導してくれました。コツをつかんだ私は、思いっきり振りましたw
もう私もTさんも限界で、また同時ぐらいにイキました。恥ずかしかったけど気持ちよかったです。
ベッドでイチャイチャしながら寝てたら「今日泊まってく?」言われて嬉しかったけど「会社の人にここから出る所見られたらダメだから帰る」と言いました。
時計を見たら1時を過ぎていて、思わず「明日会社なのにヤバ!」と焦りました。「じゃあ送ってく」2人とも服を着ました。
帰りの車内ではもちろん触られっぱなしでしたが、抵抗する気もありませんでした。
15分ほどで着いて「じゃあまた明日」と名残惜しむように長いキスをして別れました。
帰ってからすぐお風呂に入ってコレを書いたんですが、こんな時間になってしまいましたwすぐ書かないと忘れると思ったので。
今はTさんとの時間も大事だっていうのが正直な気持ちです。これからセフレみたくなっていくかはわかりません。
彼氏の事は好きだけど、もう体は完全にTさんに向いちゃってるんで。
長くなってすいません。最後まで読んでくれた人ありがとうございました!