4/7)単身赴任先でオカズのしていた女の子と不倫してしまったエッチ体験談

3/7)単身赴任先でオカズのしていた女の子と不倫してしまったエッチ体験談の続き

「あ~あ、だから俺くんも明日休みだったら良かったのにぃ。

そしたら朝まで、その・・・ね?」

最初にKさんが連呼してたのってコッチの意味だったの?嘘でしょ!?

そうすると前にお前らがレスしてくれた内容はほとんど合ってる。すごいなお前ら。

「明日、どうしても(会社)出ないとダメぇ?」

Kさんがうるうるボイスで聞いてくる。

「・・・知ってのとおりで、監査休むと部署が減点されるんでヤバイっす」

お前らゴメン。

俺は仕事も恋愛もハットトリックできないディフェンシブだ。

俺に決定力を求めないでくれ。

家庭というゴールを守るにはゴニョゴニョ・・・

「だよねwその方が俺くんらしいし、良いんだぁ」

あきらめたようにKさんがため息したあと、おもむろに俺の息子をさすってきた。

ヤバイ気持ち良い。

俺も反射のように服に手を突っ込み、生乳を手のひらで包むように掴む。

小さいのにめっちゃ柔らかい。

「んっ!!!」Kさんがビクンッと跳ねる。

胸や体が小さい人は敏感なんて言うけど、Kさんは本当に敏感だ。

そしてお互いにそれとなく、お互いの服を脱がして全裸になった。

チラッとKさんの体を見る。

2つの小さな山に勃起しきった乳首。小さな体でもちゃんとしたくびれ。

そしてひょっとすると毛も生えて無いんじゃないかって

密かに気になってた下は・・・普通に生えてた。

お互いに布団に入る。

またKさんからキス。

俺は条件反射で無意識に腰に手を回す。

あ、ヤバ。

裸同士だから肌が密着して、Kさんのちっちゃな体の、

スベスベと柔らかさが全身に伝わってくる。

たまらなくなってこっちから唇を強く押し返す。

「んん・・・」Kさんから吐息が漏れる。

俺はKさんを抱き寄せるように、

左手は肩から背中、右手は腰からお尻の割れ目、

太ももを手の平で往復するように撫でていく。

「はあ・・・はぁっっ・・・んはぁっっっ!」

Kさんの息づかいがみるみる荒々しくなっていく。

少し経って、今度は左手はKさんの頭を抱き寄せてナデナデしながら、

右手は柔らかいお尻を全体を撫でるように、

でも割れ目を意識して攻めるように円運動を始める。

「んっんっっ!!何これ、こんな優しいエッチ初めてぇ・・・んんっ!!」

女性は手で激しくテクを披露されるよりも、

女性の全身を包むように自分の体を密着させて、

撫でるような愛撫で安心感を与えていく方が満たされるのだ。

妻との夜を熱くするために反復してたアダム徳永と宋美玄が、

こんなところで発揮されようとは・・・

いやいや、もちろんこっちはKさんを虜にするつもりは無く、

もうそうやって愛撫するのが日課のようになっている。

だから全体をしばらく撫でて主要部を置き去りにしたあと、

じらした性感帯を一気に攻めるのも無意識だ。

「んぁあああああんん!!!!あ゛あっ!!はあああん!!!

俺くんのエッチって、何かすっごい熱い・・・」

そして乳首を口に含んでペロペロしながら、右手をKさんの繁みへ伸ばす。

さっき乾いた割れ目は泉のように濡れてる。

「そこ弱いからダメぇ・・ぁああっっっ!!ダメ、ダメダメダメっっっっ!!!」

優しくボタン連打する感じで、クリを中指の先でトントン攻める。

さらに指を1本入れてピストン開始。

「んあ゛あ゛!!!」声がどんどん大きくなるKさん。

しかし続けるとやっぱり膣が乾いてきた。

ここでローション登場。

指先になじませるように垂らす。

Kさんは初めてらしく、ドキドキした目でこっちを見てる。

いざ挿入。

「はんっっっ!!ああっっ!!!

すごいっ・・・ヌルヌルするねこれっっ・・・んんっ!!」

効果はばつぐんだ。これなら息子の挿入もスムーズだろう。

「はぁっ、俺くん、俺くん・・・!」

Kさんもそろそろみたいだ。俺はゴムに手を伸ばそうとする。

だが問題発生。

勃 た な い。

俺の息子を愛撫しようとしたKさんも、しぼんでいる事に気づいた。

続き 5/7)単身赴任先でオカズのしていた女の子と不倫してしまったエッチ体験談