1/5)同僚の清純な女の子をオフィスで犯したエッチ体験談

去年辞めた会社での話

先にスペック

俺 34歳 175cm

スポーツはそこそこ現役でちょっとアニオタ

同僚女 29歳 一応部下 155cm

細めでメガネ 綺麗系だけど腐

仕事 いくつか本を出している出版関係というとこまでで。

基本、チームで本を作っているのだけど、

俺のパートって特殊で、他のメンバーが手を出せない。

で、すごく多忙だったんだけど、

そんな俺を見かねた上司がアシスタントに付けてくれたのが同僚女。

ちょうど今から4年前かな。

彼女のスペックは書いたとおり。

細面でちょっとつり目なんだけど、くっきりした二重。

顔立ちは綺麗系。いかにも文系女子って感じで好感だった。

特に、肩より少し長い髪は、

一度も染めたことがないとかで、つやつや黒くて柔らかい。

普段は縛っていたけど、服装によっては

ほどいてくることもあって、そこが結構萌えどころだった。

彼女は仮に松原さんとしておく。

昼休みとか、いつも文庫本を読んでいるか、ネットをして時間を潰していた。

同僚のスイーツ系とは波長が合わなかったみたい。

当時、俺、独り暮らしで彼女もいなかったし、

本読みってのがいいなぁとおもって、

セクハラ、パワハラには気をつけながら、

いろいろ様子をうかがいつつ、半年ほど様子を見ていた。

で、仕事はどちらかのタイミングに合わせて終えることが多かったから、

一緒に夕飯とか食べるようになった。

酒を飲むことはほとんど無かったけど、

会社の忘年会で彼女が珍しくベロンベロンになっちゃって……

俺は2次会がうざかったので、一次会で切り上げようとしたところ、

彼女がパタパタっと駆け寄ってきて、腕にしがみついて、

「○○主任、駅まで送って下さい!」

俺ポカーン

周囲はヤンヤヤンヤ!!

仕方がないので、(内心チャンスと思いながら)

「お持ち帰りで~すv」とちゃかして、彼女の家の最寄り駅まで。

電車はどうにか体が回せるくらいの混雑。

彼女は俺の路線の途中駅だったので、とりあえず駅までと思ったけど、

俺の左腕にしがみつきっぱなしで、立っているのがやっと。

薄い胸が肘にこすれるし、支える振りして、

右手で彼女の腰に手を回しながら、くびれのあたりを楽しんでいた。

髪とか椿のシャンプーのいい匂いがするし、

もう、チンコはフル勃起。

もう、頭の中は、これから彼女を突きまくることだけ。

すごく細かったんだけど、

タイトスカートからの太もものラインとかはけっこうムッチリしていて、

細身なりの尻のボリュームもあった子だったので、

四つんばいにして尻を抱え込むように舐めまくろうと、前屈みでしたよ。

上司の立場で部下を抱くっていうシチュエーションに興奮しまくっていた。

彼女に道を確かめながらマンションまで。

けっこうあるな~と思っていたら、彼女の携帯にメールが。

ごそごそ鞄から取り出した携帯を見て、

彼女、急にえぐえぐ泣き出して、

なんか、酔いと合わさって会話が成立しなくなり、

マンションの前まで来ると、急に腕をほどいて、

「……今日はありがとうございましたっ!!」

オートロックを外して、マンションに駆け込んでしまった。

俺、寒空の下でポカーン

よく状況が飲み込めなくて、

松原さんに「大丈夫か? 何かあったの?」と、

最後の望みを繋ぐメールを送ったんだけど、返事無し。

この夜はかなり荒んで、OLものエロビデオ見て抜きまくったよ。

この時の理由は、最後の最後にわかったんだけど、

とりあえずここまで来て駄目なのにごねても仕方ないと思って、

それから会社では上司と部下の線引きで付き合っていました。

やがて、ひょんなことから彼女に彼氏がいることも解り(しかも俺より年上)、

さらに半年ほど経過。

本当、この間は互いに仕事以外の会話は無かったと思います。

この間、彼女に感心が無かったわけではないけど、

付き合いが長くなるほど、波長が合わなくて困ったんだ。

理由は簡単で、俺は基本が萌えオタで、

彼女が腐、それも筋金入りの腐女子だったから。

魂の根っこが一致していない。

ところが、ある日、社内メールが彼女から(デスク斜め向かいなのに)。

「○○主任、ハルヒとか読んでいるんですか?」

iPodのプレイリストがつきっぱなしになっているのを見てしまったらしい。

それをきっかけに、まぁ、深夜アニメやらなにやらの話を、

2人だけの時はするようになった。

会社にはそういう趣味を話せる同僚がいなかったらしい。

俺はまったく理解不能だったカップリングのなんたるかを叩き込まれ、

松原さんは、俺から進められたKey系の泣きゲーを

えぐえぐ言いながらプレイしていてみたいな。

そんな関係が去年の夏まで続いた。

松原さんは彼氏と続いていたし、セクハラとか社内恋愛には

うるさい会社だったので、関係は発展しなかった。

そのままの方が、居心地が良かったし、リスクもないから。

ところが、転機が。

続き 2/5)同僚の清純な女の子をオフィスで犯したエッチ体験談