高1の合宿先で先輩マネージャーの色気エッチ体験談

高校1年の夏に、
避暑地の合宿所で泊まりながらの陸上クラブ活動、

俺は、転んで足に怪我をし、一人、
合宿所に戻されて女子のマネージャーからの治療を受ける事になった。

部屋の中に、俺と女子マネージャーだけ、
いっこ上の2年生の年上の女子、いっこ上でいながら、
お姉さんタイプでムンムンした感じ、処女ではない噂は聞いている、

○○くん、 ジャージをめくってみて、
あっ、血が出てるけど、たいしたことないよ、

(治療が始まる、俺にピッタリ寄り添って傷を覗き込んでの治療)
(マネージャーもジャージ姿、膨らんだ柔らかそうなオッパイの形が判る)
(大きめのオッパイが俺に接触しそう)
(若い俺は、当然に興奮して、勃起開始)

○○くんとは、あまり話したことないよね、
(マネージャーの一方的な会話が始まった)

○○くん、そこ、大きくなってるよ、
(俺の勃起で膨らんだジャージを指差す)

○○くんって、童貞なの?
(そうだと答える俺)

ちょっと、触ってみようかな、
(ジャージの上から勃起したものを触られる)
(パンツの中に手が入ってきた)

○○くんのって、大きいんだね、
今度、戻ったら、二人で合おうよ

(俺は興奮状態だが、ここで終わり)
(しかしながら、合宿から帰ったのに結局お誘いがなかった、
あの時に、童貞が捨てられたはずだと思うと今でも残念)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。