官能小説を読んでいたら・・ エッチな体験談

女の子が初めて一人エッチした体験談。
私がオナニーを初めてしたのは短大に行ってた18才の時でした。
一人暮らしをし始めてすぐのことでした。
私は本読むことが好きでよく読んでいました。
友達から借りた小説の中に官能小説がありました。
その内容は今ではほとんど忘れてしまったけど、
女性のオナニーがいやらしく書かれていました。
私は読んでいくうちにアソコが熱くなっていくのが感じられました。


もちろんそんな感覚は初めてでした。小説のオナニーシーンは詳しく
書かれてあって、まだしたことのない私でもはっきりわかりました。
私は我慢できなくなり火照っているアソコを小説のとおりいじることにしました。
小説では全裸になってしてましたので私も脱ぎ始めました。
上から脱ぎ始めるとオッパイの乳首は小説のように固くなっていました。
指先で触ってみると、今まで出したことのない悩ましい声が自然に出てしまいました。
そして下も脱ぎました。
パンツはお漏らしをしたようにアソコの部分が濡れていました。
パンツを脱ぐときアソコから糸を引いていました。
私は固くなってる乳首とアソコ同時に触ことにしました。
もちろん小説に書いてるとおりです。
小説で気持ち良さそうにいじっているク○トリスを探しました。
それは簡単に見つかりました。
触ると悩ましい声が出ると同時に体がビクンと反応しました。
私はク○トリスいじりに夢中になっていました。
悩ましい声が止まりません。体が気持ち良さにおかしくなりそうでした。
しばらくしてたらオシッコが漏れそうな感覚が襲ってきました。
私は気持ち良さが強くてそのまま続けていました。
悩ましい声もどんどん大きくなります。
そしてついに体がおかしくなりました。そういってしまったのです。
下を見ると何かが飛んだように濡れていました。
当時はわからなかったのですが、最近それが潮吹きだってわかりました。
これ私の初めてのオナニーでした。