ブルセラショップにパンツ売りに来た可愛い子のお手伝いしたエッチ体験談

ブルセラショップにパンツ売りに来た可愛い子のお手伝いしたエッチ体験談。

高○○場のブルセラショップでバイトしていた時の事。

俺は趣味と実益を兼ねて3カ月限定でバイトしていた。

当時 女子高生の生パンを写真付きで売っていた。
顔と物により極上品だと8千円~1万円していた。

それでも買うやつもいて店では 町でかわいい女子高生を見つけては
”あなたのパンツ高く買います!”のチラシを配った。

その甲斐あってか けっこう真っ赤な顔して
店に自分のパンツ持ってくる子がいた。

ある日モー娘似高校生が入ってきて、そのチラシと白い袋を手に
”持ってきました”と小さな声で応対に出た俺の前に現れた。

あまりにかわいかったので仕事を忘れ違うことを考えていたが
”中見せてもらうネ” と言って袋を開けると何と白パン!

このパンツをこの子が履いていたと思うと
もう頭の中はその子の裸 恥毛 割れ目!
これは間違いなく極上物!

早速手にとり広げてみると
履いた形跡はあるが殆どサラ!汚れもシミも無い。

”これどの位履いたの?”て聞いたら
朝履いていたのを今脱いできた!

そういえば まだかすかなぬくもりがある。

”汚れやシミが無いとあまり高く買えないよ!”って言ったら
困った顔して いろいろ聞いたらお金が必要になったので
恥ずかしかったけど持ってきたの話。

こちらも困っていたら、”また来ます”と帰りそうになったので
”じゃーちょっとこっちに来て!”と奥のストックルームに通した。

その日はオーナーの出社が遅い日であまり客の来ない時間帯。
こんなチャンスは2度と無いと思い

経営者になりきり
”トイレに行って拭かないで出てきたら”って言ったら、
さっきトイレに行ったので出ないと泣きそうになった。

またまた困っていたら いい事思いついた!
”それじゃ 一人Hしてシミ付けるしかないかな?”
って言ったら真っ赤になってしまった。

モジモジしていたので
”時間が無いから今度来て!”って言ったら帰ろうとしないので
本当にお金困っているんだナと思い

”ここでしてもいいんだヨ”って言って
奥に行こうとしてもまだモジモジ。

“自分で出来なかったらお兄さんがしてあげようか?”って言ったら
少し頷いたように見えたので OKと思い
少しスカートを持ち上げてみると何と今履いてるパンツも白パン!

立ったまま前から指1本で割れ目をなぞってみると
お尻を引いてアッーって声を出した。

それがもうたまらない甘い声!
下着の上からさらに指1本を股の間に差し込むと
立っていられないくらいもうトロトロ!

徐々に濡れてくるのが指の平に伝わってくる。

こちらはドキドキ ワクワク ハラハラ!もう犯罪者になっている!
でもここまできたら止まらない!

女の子は立っていられないのか 身をよじってクネクネ!
腰を抱えて白いパンツの横を広げてみたら

何とほぼパイパン!!!!
真っ赤に膨れ上がった膨らみから光るものが溢れていた。

もう死んでもいい 見つかってもいいと思い
中指を光るものの中に入れてみると
中は温めた堅いこんにゃく状態!

何回か指を出し入れいていたら アッていう声でしゃがみこんでしまった。
これでたっぷりシミが付いたので目的を達したのだが これだけでは終わらなかった。

俺は”今度は自分でしてみな!”と言って
隅にあるソファーを指差しそこに座らせ
嫌がる女を”もっとシミ付けると もっと高く買うヨ!”って言ったら
我慢できなかったのか 目を閉じスカートの中に手を入れた!

あとは二人でオナニーの競演!
人前でしたオナニーの始まりでした。