図書館でオナニーしてる少女を見つけたのでトイレに連れ込んだエッチ体験談

図書館でオナニーしてる少女を見つけたのでトイレに連れ込んだエッチ体験談。

今日いたずらしてきたのは図書館です。
近所の図書館は書棚の並んだ脇に机と椅子があって、
そこではよく、小学生や中学生、高校生等が勉強をしています。

大抵、2,3人できていて、今日も中学生くらいの女の子二人が居ました。

まわりにも人はいますが、本を探すふりをして、
その子たちの斜め前方の書棚の前にしゃがみこみます。

ちょうど書棚の隙間から、座っている彼女たちの
スカートの位置に目線がいくのです。

一人はキュロットでしたが、もう一人の子はデニムのミニスカートでした。

彼女たちは勉強しているため顔を下に向けたまま、
こちらにはまったく気づかない様子なので、じっくりと観察していました。

キュロットの子が席を立ち、ミニスカートの子が一人残って、
しばらくすると彼女は顔をあげました。かわいい子でした。

あの子のスカートの中がみたいなぁと念じていると、
突然、彼女は下敷きを机の下に持っていき、足を開きスカートの中をあおぎ始めたのです。

もちろん、こちらからその様子はばっちり見ることができます。

彼女は誰に見られていることもないかのように、あおぎ続けています。

開いた足の奥には薄い水色のパンティーが見えています。
その姿に興奮した僕はすでに勃起しているチ○ポを
ズボンの上からもんで観察を続けました。

今日、図書館は空調が故障しているらしく、
館内はじっとしていても汗が出てくるような熱気がこもっており、
休日のわりに人が少ないようでした。

あおぐのをやめたその子は今度は少し、おしりを前の方にずらし、
体を背もたれにあずけ足を投げ出すような格好で、
顔の方をあおぎはじめました。

足は開きっぱなしで、パンティーはさらに丸見え状態です。
足の間に顔をうずめ なめまわしている妄想を膨らましていると、がまんできなくなってきました。

いつもはこんな場面に遭遇すると、トイレにいってオナッていましたが、
こんなにバッチリ見えることはまれで、
今日は人も少なく、思い切って、チ○ポを出してみました。

もう、透明な汁が出てぬるぬるしています。
ぼくはゆっくりとしごきながら、観察と妄想を続けました。

のぞきながら露出している状況に最高潮に興奮していると、
なんと彼女はパンティーの脇から指を差し入れ、もぞもぞと動かし始めたのです。

彼女もオナニーし始めた様子に正直、びっくりしました。
こちらにはまったく気づいていないはずですが、
なぜか気づかれたのかと思いドキリとしました。

彼女は顔を下に向け、自分の股間を見ながら指を動かし続けています。
机の下の行為なので、まわりの人には、まったく気づかれないことを彼女も知っているようです。

しかし、僕がその姿をのぞいているのです。
しごく手の動きは次第に早くなりいきそうになるのをこらえてました。

そして、ふと思いました。。。

ぼくはチ○ポをしまい鞄から、紙とペンを取り出し、
(こんなところでオナニーしてるの?全部見てたよ。)と書くと、
彼女の元に行き、そっと紙を差し出しました。

彼女はビックリした顔をして、ぼくを見つめていました。
ぼくは指を唇にあて、「シー」とやると、
彼女は腰を引き座り直しましたが、あきらかに動揺している様子でした。

ぼくは小さな声で「ついて来て」言うと、意外とあっさりついてきました。

そして、階段の途中にあるトイレに促すと個室に二人で入りました。

僕は大胆にも、服を脱ぐようにいうと
彼女は素直に着ていたTシャツとスカートを脱ぎました。

発育途中の胸をつつんでいるブラをとると、
かわいらしいおっぱいがあらわになり、
両手で持ち上げるようにつつんで揉むと彼女もはぁ~と息をもらしました。

陥没気味の乳首をなめてあげると
次第に堅くなっていくのが舌先でわかりました。

乳首を刺激しながら、「何歳なの?」と聞くと、
「中二です。」といいました。

そして唇を重ねると、舌でおしひろげ、からませ合いました。

「名前は?」と聞くと「みわ」と言っていました。
僕はパンティーの中に手を入れそっと滑らせながらいじってあげました。

当然けっこう濡れていて、みわちゃんは少し腰を引き、
また、はぁ~と息をもらし、徐々に激しく指を動かしていくと、
洋式便座の上に腰を落してしまいました。

座った状態で、足をM字に開かせ顔をうずめて、
太ももの内側から少しずつ舌を這わせていき、
指で押し広げると小さなクリをべちょべちょになめてあげました。

少しおしっこのニオイがしましたが、それがまたさらに興奮を高めます。

みわちゃんも「はぁ~はぁ~はぁ~」とだいぶ息が荒くなり、
僕ももう本当に限界になりつつあったので、チ○ポを出し
「やったことある?」というと小さな声で「ある」とのことなので、
「お○○こに入れてもいい?」と聞くと、
少し迷ったようですがコクリとうなずきました。

もう一度、お○○こをなめ唾液をいっぱいにつけると、
ぼくが下になってゆっくり挿入しました。

最初はうまくいかなかったのですが、
最終的にみわちゃんがぼくのチ○ポをつかみながら、根元まではまりました。

まだ、痛いらしく、顔が苦痛にゆがんでいました。
その顔を見て、さらに興奮したぼくは
みわちゃんのおしりをつかみ自分の腰と動きを合わせ、
舌をからませ合いまいした。

もういきそうだったので、中に出すわけにもいかないなぁと思い、
体を抱えたまま背中を便座に付けて寝かせ、
そのまま足首をつかんで、激しくつきあげました。

腹の上にぶちまけようとして、こんなに興奮したのは初めてなので、
ちょうどみわちゃんの首と顎のとこまで飛んでしまったのでした。

超気持ちよかったです。