保健室で寝てた淫乱クラスメイトとSEXしたエッチ体験談

保健室で寝てた淫乱クラスメイトとSEXしたエッチ体験談。

中学生の頃。
妊娠中の養護の先生が早産の恐れがあり救急車で護送?された日の午後の事。

この日同じクラスの麻美が朝から体調不良(風邪)で
保健室で寝ている事を知っていたオレは
そーっと忍び込み寝息を立てて寝ている麻美のベットにもぐりこんだ。

ゆっくりとパンティを下ろして指でマンコをまさぐると
麻美が目を覚ました。

抵抗するわけでもなく無言でオレのする事を目を閉じていた。

麻美のマンコがくちゅくちゅと音をたててきたので
オレは入れていいかときくと
コクと頷いたので制服姿のまま正常位で挿入した。

あとで知ったのだがすでに麻美はオレの先輩と初体験を済ましていたらしい。

いろんなチンコを填めてほしくて
時々体調不良といい保健室へサボリに来ると言っていた。

すでに保健室のベッドで何人もの男とセクースしたと言う。

中には淫行教師で名高い妻帯者の体育教師も含まれており、
そいつとはエンコウをしていると言っていた。

オレは正常位のまま麻美の制服の上着を脱がせ
上半身を裸にして、発育途上の麻美の胸をまさぐり
乳首の周囲を口で愛撫しながら腰を激しくピストンした。

中に出していいかというと荒い息遣いで
「中出しして」と言うので麻美の淫乱なマンコに
出すぞと叫びながらザーメンを中出ししてやった。

マンコが乾かないウチに二人裸になり
保健室のきしむベッドで3回セクースした。