混浴露天風呂に現れた妖精のような少女のエッチ体験談

2014/08/11

混浴露天風呂に現れた妖精のような少女のエッチ体験談。

旅先の東北で、一人で混浴露天風呂に漬かっていると、
4人家族がやって来ました。

両親、兄、そして信じられないことに
14歳くらいの妹が、賑やかに現れたのです。

私がいるにもかかわらず、
フェイスタオルで股間だけを隠し、
意外と堂々と湯船を見下ろしています。

体のサイズそのものは母親と変わらないほど発育しているのですが、
思春期の少女であることが一目でわかる、
まだ硬そうな乳房と体のラインでした。

最後の一部分を隠していたタオルもあっさりと取り払われ、
生え揃ったばかりのヘアーと、
幼児の面影の残るクレパスが恥ずかしげに露わになりました。

少女の裸にときめくなど醜いことだと分かっているものの、
今までに見たどんな女性の裸よりも官能的で、
息も止まるほどの衝撃でした。

湯煙に現れた妖精に見えました。

両親はすぐに別の浴槽に移り、私たち三人が残されました。

少女は恥ずかしがってタオルで体を隠すのですが、
いたずら好きの兄は、それを引っ張って取りあげてしまいます。

それでも本当に仲がよいのですが、
年頃らしく、互いの肉体に刺激もあるようで、
ちょっと切ない表情をしているのも微笑ましい光景です。

きれいなショートカットにはっきりとした二重まぶたの少女は、
きっとクラスで一番かわいい女の子でしょうし、兄には自慢の妹なのでしょう。

来年には裸を見せ合うこともないのかもしれません。

日焼け跡のあるスラリとした脚が目の前を通り過ぎ、
兄妹は脱衣所へ消えてゆきました。

かれこれ1時間も眩し過ぎる少女を凝視しつづけた私は、
温泉に来ているのに疲労困憊でした。

空腹だったはずなのに、夕食もあまり喉を通らず、
夜も少しも眠れませんでした。