幼馴染が筆おろしさせてくれたら処女だったエッチ体験談

幼馴染が筆おろしさせてくれたら処女だったエッチ体験談。

初体験は親友のA子とだった。
その子とは幼稚園~中学まで(中1の時を除き)同じクラス。

気が強く、しっかりした子で、
気が弱く不器用な僕は幼稚園の頃から助けられてた。

A子は小学校の終り頃から不良グループに入ってしまい、
一緒に遊ぶ事はなくなったが、その後も僕には優しかった。

僕が虐めに合わなかったのも、今思えばA子のおかげだったと思う。

中3になって僕にも彼女が出来た。
彼女(以降B子)との約束で
『二人が高校生になったらHをする。」事になっていた。

卒業式の数日後にA子が何年振りかで遊びに来た。

僕はA子に
「こんどB子とやるんだけど、童貞なので不安だ。」みたいな話をした。

するとA子は「私が教えてあげようか?」みたいな事を言った。

その口調は、幼い頃から何かと僕を庇い助けてくれた
幼なじみのA子のままだった。

瞬間いろんな事を考えた。

A子の彼氏(以降C=クラスの番長格)への恐怖、
B子へのすまない気持ち、SEXへの欲望、純粋な学習意欲・・。

しかしA子の「B子とCには内緒。」の言葉が僕を決心させた。

その時「どうせB子は経験豊富なんだろうから、遠慮する必要ない。」
と思ったのも事実だった。

『翌日A子の家で』と約束をした。
その日はなかなか眠れなかった。

翌日昼過ぎにA子の家に行った。
A子は元々美人なのにわざとケバイ化粧をしているが、その日は可愛い化粧をしていた。

順番にシャワーを浴びて、バスタオルを巻きベットに入った。

しばらく抱き合ってキスしてから、A子の指示でタオルを取った。

初めて見る女性の体はとても綺麗だった。
その後もA子の指示通り行い、僕は無事初体験を終える事が出来た。

ただ今にして思えば終始僕をリードしフェラも上手にこなすA子が、
いざ挿入の時少し手間どったのと、瞬間痛そうな顔をしたのは不自然だったのだが。

その時は僕が下手なせいだと思い「大丈夫?」と聞いたのだが、
「何でも無い。」との返事だった。(凄く我慢強い子なのです。)

しばらく脱力状態で抱き合っていたが、
起き上がって気付くとA子の足とシーツが血だらけだった。

僕は驚いて「どこか怪我させた?」 と聞くと、
A子は布団であわてて隠し「見ないで」と言った。

そして少し笑いながら
「本当はCとはまだフェラまでしかしてないんだよね。
私も卒業してからあげる約束してたから。」と言った。

事の真相を知って驚いた僕は彼女にあやまり、
混乱しながらも「責任をとる。」みたいな事を言ったけど、

Aは「彼女を大切にしな。いつまでも私に世話を焼かすなよ。」と言い、
Cの事も「あんな奴でも私の事は大切にしてくれるから、今日のことは絶対に内緒だよ。」と言った。

ついでにA子の話によれば、僕達は初A・初B・初一緒に入浴の相手らしい。
幼い頃の事で僕は覚えてないが。