お見合いをしてそのままデート中に弄んでみたら処女だったエッチ体験談

お見合いをしてそのままデート中に弄んでみたら処女だったエッチ体験談。

久しぶりにお見合いをした。
こんなスケベ親爺びはもったいないような
(いや絶対にもったいない)、正真正銘のお嬢様。

一回り以上も年下の24歳だって。
スキーのU村A子選手に似ているかわいい子。

仲介のひとは喫茶店での待ち合わせをセットしただけで、帰っていった。

昼時をすこしずらしてレストランでゆったり食事、
それから街をぶらぶら。

「腕をくもうか」
「あ、はい」蚊の鳴くような声。

かなり緊張しているらしい。

少し強引に手を引いて自分の腕にからませると、
むっちりした乳房がうでのところで潰れているのを感じる。

俺の股間は固くなり、我慢ジルをもらしはじめた。

電車に乗って水族館へ。
ガラガラの車両で腰を抱いてシートに座る。

顔はもちろん白い首まで紅潮している。
近くで見ると化粧が薄いのがよくわかる。

平日の午後、閉館時間が近い水族館はほんとうに閑散としていた。

腰を抱く手を上にあげてわき腹、そして乳を触る。
焦ったような顔になり受け答えの声が上ずっていたが、まったく抵抗はしない。

シアターのようなところへ入ると、真っ暗で客はだれもいない。
ラブシートのような席に座ってキスをした。

キスしながら乳を揉む。
震えているし、反応は本当にぎこちない。

もしかして「初めて?」「はい」やっぱりか。

服の中へ手を入れ、ブラもはずして生乳を揉む。
暗くて乳首の色がわからないがぺろぺろなめると
彼女ははじめて身をよじった。

スカートの前を揉んでからおもむろに中へ……

「あ、あ、そんなこと……」
一人で立てなくなった彼女を、引きずるようにして
タクシーに乗せ、自宅近くまで送った。

やりすぎた。
絶対向こうから断られると思っていた。

でも仲介者へもう一度会いたいと……
まだ指も入れてないけど、こんどはチンチンまでいれちゃおうかな。

でもあの子と結婚するかどうか、まだ決めていない。
実はある理由でイイ見合いの口はこれまでもいっぱいあったし、
今後ももっといい女がいるかもしれない。