レントゲン撮影のお手伝いバイトでのおいしいエッチ体験談

2014/08/11

レントゲン撮影のお手伝いバイトでのおいしいエッチ体験談。

派遣でバイトしてたらバイト先が突然倒産しました。

で、しばらく仕事がなかったのだけど、派遣会社から
「明日○○大学で健康診断があるので、そのお手伝いをお願いします」
との電話が。

もう、期待しまくって思わず彼女にまで
「明日、大学の健康診断のバイトだよー!何か美味しいことあるかも!」って電話する始末。

彼女には「そんなの、男の血圧とかの担当になるに決まってるじゃん」と
きっぱり言われてしまったんですけど。

で、当日。
家から2時間程度かけて大学に到着すると、役割分担が言い渡される。

で、自分が担当になったのが胸部のX線検査技師の助手。
え、マジすか?と思って、とりあえず持ち場につく。

ドキドキしながらも信じられずに
「まさか女の子はやってこないよな」と思ってたら、
女の子が大挙してやってきた!

X線検査をするので、当然みんなノーブラ。
しかも、ボタンやビーズがついてたり、無地ではないシャツは
「写真に映ってしまうので。。。。」と断って脱がせることができました。

当然脱いだら上半身裸という訳で。
何百人もの大学生の胸を拝見させていただくことができました。
ギャル系からmini系の娘まで。
本当に興奮した体験でした。

でも、美味しい思いは午前中だけで、午後は野郎供の男臭さが
充満したなかで仕事して辛かったです。