公園で遊んでいた小学生の男の子たちにマンコを見せてあげたエッチ体験談

公園で遊んでいた小学生の男の子たちにマンコを見せてあげたエッチ体験談。

先日公園で露出をしたときのご報告です。

休日の夕方に自宅から車で10分程行った公園で露出することにしました。

その時私は黒のワンピースにノーブラ、ノーパンという
いつもの格好で露出に向かったのですが

普段はそんなに人もいない公園なのですが
その日は夏休みとうこともあって
小学生ぐらいの男の子が何人か遊んでいました。

私はベンチに座って足を組んで
太股を大きく露出する体勢でいると
始めはこちらを気にもせず夢中で遊んでいた子供たちも
少しこちらを意識するようになったので
おいでおいでをするとそのうちの2人がやってきました。

私が「いっしょに遊ぼうか」と言うと
快く仲間に加えてくれました。

その子たちは地面に輪を描いて外から中の人を当てる
ドッヂボールのような遊びをしており
じゃんけんで私が中でボールをよける役になりました。

その子たちは私あいてに
一所懸命ボールを当てようとしてくるので
思わずバランスを崩して尻餅をついてしまい
もともと短かったスカートの裾が捲れあがって
足も開いた状態なので正面の子から
あそこが丸見えになってしまいました。

「お姉さん 恥ずかしいところ見られちゃた。」というと
子供たちは一瞬 唖然としていた顔をしていましたが

一人の子が
「大人なのにあそこがつるつるだ」といってきました。

私は思わずあそこを広げて
みせつけたい衝動にかられたのですが
おもいとどまって。

「私にボールを当てられたら もっとよく見せてあげるよ」
というと ちょっと躊躇する様子を見せましたが
その提案に乗ってきました。

あんまり本気で当てようとするのですぐに当てられてしまいました。

わたしは約束通り公園内の人目の付かないところへ
男の子達をつれていってしゃがんで
スカートをめくってあそこを見せてあげました。

「良く見えるように剃ってあるのよ」
といってあそこを指で開いてみせると
みんな黙ってじっと食い入るように見つめていました。

家に帰ってからあの子供たちに裸にされて
複数の手でいろんなとこを
いじりまわされることを想像してオナニーしてしまいました。

あれからあそこへは行っていませんが
あの子達がどうしているかちょっと気になります。