3/6)弟と友達のオナペットになってあげたエッチ体験談

2013/10/06

1/6)弟と友達のオナペットになってあげたエッチ体験談。続き。

Aクンのアレは下を向いていました。弟のは半立ちの状態でした。
Bクンのだけは上を向いていてビンビンになっていましたので、
手でシコシコしてあげました。

Bクンは立てひざの体勢をしていたので、
正座してシコシコしている私の目の前にBクンのアレがありました。

こんな近くで見たのは初めだったのでアレのじっくりと見てしまいました。

先っぽのピンク色の部分がだんだん薄紫色に変わってきたな思ってたら、
Bクンが射精してしまいました。

私の手のひらにどくっどくっと精子が中からでてくるのがわかりました。

弟のアレを見るともうビンビン状態になっていたので、
さっきみたいに皮をむいてからピンク色の部分を
指でつまむようしてあげると、
弟は「あぁ~」とかいって切なそうな声を出しました。

よく見ると、先っちょに穴があいているのが見えました。

そういえば、さっきBクンはここから精子を出したんだぁと思いだしました。

いつも見ていた弟のアレは皮をかぶっていたので、
出口がこんな形になっていると知りませんでした。

その出口を人差し指でこすると弟のピンク色の部分が
ぷわぁっとふくらんで、いきなりブシュって感じで
精子がその出口から飛び出してきました。

弟の精子が私の髪の毛やほっぺにかかりました。
ちょっとだけ唇にもつきました。

おそるおそる舐めてみると、すごく苦くてしょっぱい味がしました。
Aクンのは皮がむけないので、そのままシコシコしてあげました。

Aクンのアレは二人と比べるとかなり細めで親指、
人差し指、中指の3本でつまむようにしてこすってあげました。
今度はなかなか出てきませんでした。

Aクンは私にシコシコされている間も、
目は私のオッパイをじっと見ていたので、
右手を取って私のオッパイに触らせてあげました。

はじめはビクッとして手を引っ込めようとしましたが、
もう一度、手を引っ張ると、ゆっくりと触ってきました。

もみもみしはじめたと思ったら、
アレが一段と硬くなって射精してしまいました。
今度はさっきよりは精子がいっぱい出ました。

弟もBクンのも、もうギンギンになっていました。
Bクンのを握ろうと思って手を伸ばした時に電話がなりました。

両親からの「あと、10分で帰る」の連絡でした。

みんなであわてて服を着て、
精子だらけになった床をティッシュで拭きました。

みんないっぱい精子を出しました。
両親が帰ってこなければ、この後、みんな何回、射精していたことかわかりません。

三人のオナニーを手伝った日からは、
弟の私を見る目がほんとにHな感じになっていました。

私の風呂上りのタイミングを見計らって、洗面所に歯みがきにきて、
私の裸を盗み見たりするようになりました。

私も母親の目を気にしながらも、弟に裸を見せていました。

さすがに親の前では裸のままではいられないので、
私はなるべく弟がオッパイやパンツが、のぞきやすい格好をわざとしていました。

ある時、母親に
「あの子には注意しなさい。あの子、もう男よ、
あなたも、あの子の前では、あまりヘンな格好しないで!」と
きつく注意されてしまいました。

母親の話では、この前、弟とお風呂に一緒に入ったら、
弟がアレを大きくして、母親のオッパイやアソコを見ていた、
とのことでした。

全く、みさかいのないやつだ、と思いました。

それからは、母親の目がますます、きびしくなって
あまり、大胆なことはできませんでした。

ある夜、リビングで家族みんなで、テレビを見ている時に、
弟が私のことをのぞくようにして、見ていたことがありました。

その時私はダブダブのサイズのT-シャツを着ていました。
私は、弟の視線が私のシャツの袖口から中を見ていることに気がつきました。

私はトイレに行き、ブラをはずしてきて、
なにくわぬ顔で弟の隣に座りました。

袖口からのぞけばオッパイが丸見えにはずです。

隣の弟に見えるようにわざと腕を上げた格好をしていました。
弟はすぐに気がついたみたいで、私を袖の中をのぞき見ながら、
腰をもぞもぞさせて、落ち着かなくなっていました。

そしてズボンの中に手を入れてアレを握りはじめました。

私は知らないふりをして、姿勢を変えて中が
よく見えるようにしてあげました。

弟は「うっ!」という声をだしてズボンの中で射精したみたいでした。

母親が弟に「何、へんな声だしてるのよ」と聞いたので、
弟は「何でもないよ!もう寝る!」と真っ赤な顔をして
自分たちの部屋へ走っていきました。

続く・・・