女子高生なのに実のおじいちゃんと近親相姦で初体験しちゃった

私おじいちゃんにやられちゃったんです。寝ているときにおじいちゃんが来て、苦しいからさすってくれって言ってお腹をさすりました。

もっと下の方と言われて、固くなったオチンチンに当たりました。私は処女だったし、オチンチンに触ったことはなかったので驚いたけれど、おじいちゃんがとても気持よさそうでしたのでそのままさすってあげました。おじいちゃんはしばらくすると「もっと調べてみてくれないか」と言ってズボンとパンツを下ろしました。

固くなったオチンチンとご対面です。おじいちゃんのものとは言え私はひどく驚きました。やはり高2の女の子です。男の人の体には興味がありましたから。

色々と調べてみたのです。「そこを握って、そう、上下にこすって」なんて言われます。私は棒のように固くなっているそれを赤ん坊をあやすみたいに、こすってあげました。

おじいちゃんはとても気持よさそうにしています。私はタマタマの方にも手を伸ばしいじってみます。不思議です。固さを確かめようとするとぷにゅぷにゅして、タマタマは私の指から逃げて行きます。

おじいちゃんは私にそれをこすらせている間も私の体に手を伸ばし、胸や腰を撫でまわします。「明美も成長したな。奇麗な女になった。じかに良く見せてくれないか」というのです。そして私のパジャマを脱がせました。

「うん。肌もきめこまかくてお母さんゆずりだ。」と素肌を撫で擦ります。母はおじいちゃんの実際の娘で、父をお婿さんに貰ったのです。「おっぱいはどこまで大きくなったか見せてごらん」と言って私のブラジャーを脱がせます。

「おお、なんと美しいおっぱいだ。お母さん以上に美形だぞ。」とおじいちゃんは感嘆の声を上げます。「もっとよく触らせてくれ」と言って私の乳房をもみ始めました。私結構乳房に触られるのが好きみたいです。おじいちゃんの手にじーんと感じていると、オチンチンを動かす手が止まったみたいで、おじいちゃんから催促が来ます。それでこするのを再開します。

「明美のおっぱいはもっともっと大きくなって形もよくなっていくぞ。今からマッサージしてやるからな。お母さんもおじいちゃんのマッサージで、あんな形のいいおっぱいに成長したんだから。おじいちゃんに吸わせてくれ。」とおじいちゃんは赤ん坊のように私の乳首に吸いつきました。

白髪の頭を私は撫でてやります。私の乳首は興奮と気持良さでぴんと立っています。それをますますおじいちゃんに吸われていきます。

気がついたのですが、祖父は実の娘というのに母の乳房にも同じように愛撫していたようです。両方の乳首とも十分に吸い終わった後、おじいちゃんは「明美も毛が生えたかみせてごらん」と言います。「馬鹿ね。私高2よ。当たり前でしょ」とさすがに私も抵抗します。

しかしおじいちゃんはさみしそうに、「孫娘の成長を見たかったのにな。」としょんぼりしています。仕方がないので「ほら。見ても良いよ。」というとおじいちゃんは急に元気になり、私のパジャマのズボンを下ろし、次にパンティも下ろしました。「うん。奇麗に生えてる。立派立派。それに腰も尻もとてもいい成長具合だ」と言ってお尻のあたりを撫でまわします。

「明美はもう処女じゃないのか」とおじいちゃんは聞いてきます。答えにくかったのですが、処女だと答えるとおじいちゃんの目はさらに輝いてきました。太腿から足首までおじいちゃんの手が擦っていきます。

「処女の肌というのは違うんだ。だから今おじいちゃんの冥土の土産に明美の処女の肌を記憶に焼き付けてるから。」と手の次には唇と舌で私の脚からお腹から、乳房から舐めまわします。そして私のあそこまで来ました。おじいちゃんはそこにキスすると私に「冥土の土産にはめさせてくれ」と頼んだのです。

そして祖父は母とも「はめた」ので私とも「はめる」権利があるはずだと主張しました。私はおかしく思いましたが、おじいちゃんが可哀想だったのでオーケイしました。高2にもなっていたので、ちょうど処女を卒業したいと思っていたのです。おじいちゃんは私に入れてきました。すこし痛かったですが、慣れていきます。「うん。幸せだ。明美。とってもしまりがいいぞ。」そう言っておじいちゃんは私の中で果てました。

「うん。明美のしまりのよさはお母さんゆずりだな。成長すればもっとよくなる」と感嘆の声を上げました。そしてとても興味深い話をするのです。実は私は父と母の子ではなく、母とおじいちゃんの子だというのです。

だから私はおじいちゃんとは孫であり娘だというのです。そして今は他界していますが、実はおじいちゃんが結婚した祖母というのは、おじいちゃんの妹だというのです。その妹とおじいちゃんの間に生まれたのが母です。とても複雑なのです。

おじいちゃんが言うには、私たちの家には代々近親相姦がよくおこっていて、家系図上の祖先も沢山の人々が実は近親相姦に生まれ、裏の家系図があるらしいのです。ですからおじいちゃんと母、そして私の関係も私たち一族の中ではごく普通のことなのです。とても異常な話に最初思えましたが、段々と私も納得してきました。

今、3日に1回はおじいちゃんが私の部屋にしのんできます。そしてはめていきます。おじいちゃんの希望は私に子供を生ませることです。

しかしおじいちゃんの精液にまだ精子が生きているのかどうかは分かりませんし、第一私はまだ高校生です。だから避妊はしてもらっています。今考えていることは、弟のたかしのことです。

たかしも母とおじいちゃんの子だということです。たかしとエッチしてみたい。おじいちゃんとのエッチもそれはそれで楽しいのですが、若い男の子の肌と自分の肌を合わせてみたい。

ピンク色のおちんちんを自分の中に迎え入れてみたい。だからいま弟のたかしとエッチするチャンスを狙っているところです。ちなみにおじいちゃんはお母さんの処女も、自分の妹であり妻となった祖母の処女も、そして孫娘の私の処女も手に入れたことが一番の自慢です。

私は中2の弟の童貞を貰うつもりです。楽しみです。