アナルセックスに興味があったので熟練者にお願いしたら失神した

AF(アナルファック)を経験したいと思っていた私は、どうせならAF経験者に手取り足取り教わった方がいいと思って、メルパラの書き込みをチェックしていました。それで、AFについて書き込みをしていた○○さんという男性に、メールを送ってみたのだ。

返信からは知性が感じられて、AFについても、丁寧にレクチャーしてくれた。AFは避妊の必要がないので、中出し?だと思っている人が多いが、精液によっておなかを壊したりするとか…。不衛生なままアナルに挿入すると、男性側が病気になる危険性もあるので、注意が必要だとか。

初心者とのAFは拡張を念入りにしないと痛みを伴うし、快楽にも個人差があって、回数を重ねて、徐々に気持ちよくなっていく人もいれば合わない人もいる等。メールのやりとりで好感を持った私は、昼間の喫茶店で○○さんに会ってみることにしました。現れた男性は高級そうな服を着た英国紳士みたいな印象の男性でした。

「これはこれはかわいらしいお嬢さんだ。」○○さんは顔をほころばせて、私を眺めている。「私を気に入ってくださったのなら、これからAFを試してみませんか?」

周囲にきこえないくらいの小声で、AFとささやかれると、ドキドキしてしまう。昼間からラブホに行くのには抵抗があったけど、好奇心には勝てませんでした。ラブホにつくと、○○さんは浣腸器を取り出した。

お風呂にお湯を溜めながら、浣腸液を入れたボトルを溜まったお湯で温める。○○さんが人肌になった浣腸液を浣腸器に入れているのをみると、これからはじまるAFへの期待と興奮が高まっていく。「それでは、服を脱いでください。」

私はいわれたとおりに服をすべて脱ぎ、はじめて会ったばかりの○○さんに、生まれたままの姿をさらした。「すばらしいプロポーションですね。」○○さんは美術品を鑑賞するような目で私の裸をみた後、ベットに四つん這いになるように言った。

「浣腸液を注入しますよ。」アナルの中に、生あたたかい浣腸液が流れ込んでくる。子供の頃に、座薬をさしたときよりも、はるかに大きな違和感を感じた。

浣腸器を空にした○○さんは、私のアナルにシリコン素材の栓をした。ぐぎゅるるるる。私のお腹がへんな音を立てる。

○○さんは時計を見て、時間を計りながら、私の様子を観察している。額に脂汗が浮いてきて、もうヤバいかもと思ったとき、私の手をひいて、トイレに連れて行ってくれた。便座に座って、アナル栓を抜くと、「ぶしゅるるるる」とすさまじい勢いでウンコと浣腸液が飛び出す。

トイレとはいえ、○○さんの前で脱糞するのは恥ずかしかったけど、それどころじゃないくらいお腹が大変なことになっていたのだ。トイレットペーパーでお尻をふいたあと、お風呂にいって、アナルをシャワーでキレイに流してくれる。アナルに指を入れられて、中を広げるようにして、念入りに洗われていると、なんだか奉仕されているみたいで気分がいい。

○○さんは私のアナルにローションを入れて、拡張用のやや大きめのアナル栓をはめた。そのまま、お湯の溜まった湯船につかり、カラダを温めながら、アナルを拡張されて、のぼせる直前にお湯から出された。またベットに四つん這いになって、拡張用のアナル栓をぐりぐりと回しながら抜かれる。

ややゆるんだアナルにたっぷりとローションが流し込まれて、大きさの違うボールが次々に入れられた。全部のボールを飲み込んだところで、スイッチが入れられ、アナルの中のボールたちが動き出す。それははじめて感じる衝撃だった。

「おまんこからいやらしい汁があふれていますね。」○○さんはおまんこのワレメを指でなぞって、愛液で濡れた指を私にみせた。「おまんこにもバイブを入れてあげましょうか?」

整った上品な顔でいやらしいことをいわれると、ゾクゾクしてしまう。私はこくこくとうなずいた。「この中太のいぼいぼバイブをおまんこに入れてあげますから、痛くないように舐めて濡らしなさい。」

口元にぼこぼことしたいぼのついた黒いバイブを突き出され、私はぺろぺろと舐めた。私がバイブをしゃぶっている顔を眺めていた○○さんは、そっと私の口からバイブを抜いた。すぐにワレメを押し広げて、おまんこにバイブが入れられる。

私の意識のすべてはアナルとおまんこに集中してしまった。おまんこのバイブにスイッチが入れられると、背筋を快感の電流が駆け抜け、軽くイってしまうくらい気持ちよかった。おまんこにバイブを入れて振動させたまま、アナルのボールを抜かれると、ちゅぽんとボールが肛門を出て行くたびに、排泄するときのようなじんわりとした快楽が広がる。

おまんこに入れたくらいの大きさのバイブをアナルに入れられ、両方のバイブを振動させながら、出し入れされるとものすごく気持ちよくて、口からあえぎ声と涎が溢れた。「亜季さんはAFの素質がありそうですね。最初からこんなに感じられるなんて、逸材かもしれません。」ぐいぐいと私のおまんことアナルにバイブを押し入れながら、冷静な口調で○○さんがいう。

アナルからバイブを抜かれて、さらに大きなごついバイブをそろそろと入れられる。アナルにもバイブにもしたたるくらいにローションを塗られているので、痛くはない。何度も出し入れされて、私のアナルが大きなごついバイブに慣れた所で、ゴムをつけた○○さんのちんぽを見せられた。

「さあ、ついに、アナルバージンを失うときがきましたよ。本当に入れていいんですね?」「お願いします。」私が○○さんのちんぽを見つめながら言うと、アナルからバイブが抜かれ、硬くはりつめた○○さんのちんぽがじわりじわりとアナルに挿入された。

「あっ、んぅ」ゆっくりと入ってくる○○さんのちんぽはバイブよりも気持ちがよく、早くもっと奥まで入れてほしくて、「もっと、もっと奥までちょうだい。」と叫んでしまった。

「亜季さんはAFの虜になりそうですね。」笑いながら奥までちんぽを入れた○○さんは、ピストン運動を開始し、私はお腹の中まで動かされるような強烈な悦びを感じた。もう自分が喘いでいるのかすら、よくわからない。

頭の中が真っ白にはじけて、意識がなくなってしまっていた。これが私の初体験です。