セックスしながらおしっこさせて、そのまま逝ってしまった

以前休日にデリを頼んだときのこと。ホテルに入って、やってきた女の子は小柄で胸はあまりないがなかなか可愛い子だった。

そのMちゃんはちょっとおとなしくて控えめな感じで、特に世間話をするわけでもなく、部屋に入ってすぐ、「ねぇ、脱いじゃお。」といって俺の服を脱がしてくれる。もちろん俺もMちゃんのスカートに手を伸ばし、服を脱がしていった。

すると、トランクスを脱がすなりいきなり俺の息子を咥えた。出会ってから2分でいきなり生フェラをしてくれる。「おちんちんおっきいね。」

口数は少ないが、Mちゃんは優しく男に尽くすようなタイプで、さらに今度はペニスを手で握ってしごきながらディープキスをしてくれた。その後、バスルームに移動して体を洗ってもらうことにした。Mちゃんはかなり丁寧に体を洗ってくれた。

きちんと背中まで後ろから抱きつきながら洗ってくれた。その後、Mちゃんが自分の体を洗ってるときに、俺は後ろから抱きしめ、あそこに手を伸ばし、指を入れてみた。「ああん・・」

いきなりMちゃんの体がビクッと反応した。そのまま指を膣の中に滑り込ませた。「うわ、もうかなり濡れてるよ。これならコッチもすんなり入るんじゃない?」

冗談男のつもりでそういいながらMちゃんにペニスを握らせた。すると、「生でしちゃう?」と言われた。

もちろん、「やりたい!」というと、「じゃあ、中にだしていいよ。」と言ってくれた。

今までのデリではいつもベッドでしていたので、気分を変えて「ここでやっちゃおうぜ。」とバスルームでやることにした。まず、Mちゃんに風呂桶に手をつかせ、立ちながら後ろから挿入した。

中の具合は締まりなどは普通だが、かなり熱いあそこだった。「んっ・・んっ・・」Mちゃんは小さな声で恥ずかしそうにあえぎ声を出した。

他のデリ嬢のような大げさでうそっぽい反応とは違い、素人っぽい感じだったので興奮した。「前からやろうよ。」今度は立ちながらMちゃんを壁にもたれかけるようにし、股をやや開かせ、俺は腰を落として挿入した。

「んあっ・・・」今度はMちゃんは激しく感じ始めた。この体位でしたことがなかったらしい。

そのまま腰を振り続けると、Mちゃんが、「ちょっと待って、なんか出ちゃいそう・・・」「え?何が?」「ごめん、あたしおしっこ出ちゃいそう・・・」

俺ももう精子が出そうだった。おしっこが出そうな娘とヤッてると思うと興奮し、「いいよ、このまま出しちゃいな。どうせバスルームなんだから汚しても大丈夫だよ」「えっ、入れたままだよぉ。」

「おしっこしてるMちゃんとヤリたいんだよ。」「えっ、あっ、だめ・・・」そのままピストンを続けた。

「だめ、イッちゃうし出ちゃう!」Mちゃんがそう言った瞬間、「あっ・・・・・」Mちゃんのアソコがとても熱くなり、Mちゃんと俺の脚に股間から何か液体が流れ伝っていくのを感じた。

MちゃんがSEXしながらおしっこをもらした瞬間、「あっ、いく・・・」俺もおしっこをもらしている最中のMちゃんのあそこに精液を放出した。その後もベッドで2回戦目をやった。

さすがにもうおしっこは出なかった。かなりよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。