女性先輩が社内不倫している巨根彼氏とエッチし、デカチンにハマった

会社には内緒の秘密の関係私はユキ(23歳)総務課に勤務しています。会社でもそこそこモテル感じです^^。

身長162センチ、バスト92Fカップ、ウエスト58、ヒップ88ぐらいです。今の彼は短大時代から付き合っている2歳年上の会社員ですが、最近マンネリ化してきていてトキメクものがなくなりました。今の彼とは月1セックスの関係ですが、昔1度生でしたときにもう少しで中出しされる目にあい、それ以降ゴム無しではさせていません。

ほかの男性経験がない私は、男性器のサイズなんてみんな同じものだと思っていたのが先輩OLの部屋に泊めてもらったときにアメリカ版のDVDのポルノビデオをみてしまい、あまりのすごさに興奮してショーツを濡らしていました。男優の私の腕より太い反り返ったペニスに体が振るえ、血の気が頭に上り紅潮した顔を先輩に見られ、「ユキちゃん、ショック?」と訊かれあわてて「大きかったらいいってことでもないですよね?」

と先輩をみると、「やっぱり大きいのがいいのよ・・・」と諭され、彼のサイズがお子様サイズに思えてしまいました。その後、二人で一緒にバスに入りボディシャンプーでお互い洗いっこしました。

「ユキちゃん、グラビアアイドルの熊田曜子みたいやね・・・会社でも男ドモのオナペット的存在よ!」「もうやめてくださいよ!」といってふざけていると「彼氏いるの?」と訊かれ、「はい!」と答えると「たまには浮気してみない?」

「へえ!綾さん不倫経験あるんですか?」「今度結婚する彼と付き合い始めて男性に自身が持てたころ、他の男性に誘われたの!下心があるらしいのは判っていたけど好きなタイプだし、好奇心の方が先に行っちゃって関係しちゃったのね。」「すごい行動力!」

「私その男性に本気になったの・・・・そのときセックスが自分から求めたくなるほどすごいものだと知らされたの・・・彼のセックスは比べ物にならないほど良かったの!・・・何度も何度もいかされ、妊娠してもいいとおもったほど・・・・それにさっきのビデオみたいにデカイの!」「え!ほんと!」「私今の彼とは生で1回しかしてないけど、その彼とは毎回生のセックスをしてたの!でも、決して中には出さないの!」

「先輩!まさか会社の男性じゃないですよね?」「そうよ!」「え!だれです?」

「教えてあげてもいいけど私の交換条件を訊いてくれる?」「なんですか?」「その男性は、私が円満退職した後、貴方を不倫相手にしたいとご所望なのよ!」

「え!そんな!」「私とセックスしてるときも貴方の話が出るの・・・」「いやだー!」

「ユキちゃんもひょっとしたらタイプかもしれないけど・・・」「だれ!おしえて!」「いえない!いったら彼の申し出を受けるの?」

私は布団の中に入った後も気になって眠れないでいた。好奇心が膨らむドンドン知りたくなってくる。覚悟を決め「先輩!いいわ!おしえて!」

「いいの?」私は頷いた。「島係長よ!」

「え!島さん!」私は心配の種がときめきに変わるのを感じていた。「いいの?」

「私島さん好きなんです。あの人の前だと上がっちゃってうまくしゃべれないほど・・・」「私もそうだったのよ・・・」私が入社したころから憧れていた既婚者の上司であった。

夜床に入ってオナニーをするときも彼でなく花弁の中に入ってくるのは島さんだった。あの人ならどんな恥ずかしいことでもしてあげられる気がした。先輩は携帯から電話をしていた。

「私!綾です!今日大阪でしょ!いいんですか今!・・・いい知らせなんです。ユキちゃんが了解してくれました。変わりましょうか?・・・はい!」先輩は私に携帯を預けてきた。「ゆきさん?」

「はいユキです!」「ずっと君の事で頭がいっぱいだったんだ。」「私も島さん好きでした!」

「ありがとう!君と秘密の関係ができるなんて興奮してるよ!」「私も彼がいますけど秘密を守っていただけるならお付き合いします。」「もちろんだよ!」

「しばらくは島さんに本気になりそうです。」「どうだい!明日の夜お泊りできないか?」「いいですよ!行ってください待ち合わせ時間を・・・」

「セントラルホテル9時で軽い食事をしてから会おう!でないといきなり食事だと興奮して喉を通らないから・・・・」「じゃ!ロビー9時ですね!」「良かったわね!」

「先輩彼をいただきます!」「でもユキちゃん、最後は今の彼のところに戻るのよ・・・・いい!」私は頷いていた。

翌日島係長はまだ出張先から戻っていなかったが、私は先に5時半に会社を終え、マンションに帰った。8時までに軽い食事とメイクに時間をかけた後、シャワーを浴び先日買ったキャミソールドレスを着た。下着は特別の舶来もので透け透けで伸縮素材でホールドするタイプをつけたが計算どおりキャミソールの上から際立って見える。

ブラが半カップのサイズなのでキャミソールの胸元から覗かれてもなまなましい乳房の隆起した上端に興奮するだろう。ショーツも透け透けTバックにした。大きな大尻の中に埋もれ、極めつけのいやらしさだった。

彼の反応が楽しみになってくる。思いっきり演技して狂わせてあげたい。そう考えるともうアソコがびしょびしょになっていた。私は30分ばかりの間をタクシーで行った。

こんなセクシーな姿を街にさらしたくなかった。きっと、風俗にしつこく誘われるのが見えていた。ホテルのロビーから彼の携帯に電話した。

島さんはもう部屋を取って待っていてくれた。私はエレベータに乗り彼の待つ部屋に入った。部屋に通されると、彼はバスローブに身を包みすっきりした顔たちで私を迎えてくれた。

大胆に肩と背中と腕、ミニのすそからはみ出したムッチリした太ももの素肌が、いつも事務服姿にストッキングしかみていない彼には生々しい刺激だろう。「きれいだよ!セクシーだ!」と驚嘆している。「島さんそんなに私を抱きたがっていたなんて、思ってもみなかったわ・・・」

「嫌いになった?」「うふん!私本気で誘われるの好き!、いけないことって燃えるもの!」「そうだね!彼に知られないようにね!」

「島さん!奥様は大丈夫なの!」「ああ!綾との関係も気づいてなかったよ!」「なんか胸がどきどきするわね!」

「どうする!シャワー浴びる?」「私もうシャワー使ってきたの・・・」「じゃ!そのナイスバディ拝みたいね!」

「暗くして!思い切り!」ドアの入口のみ明かりを残し、ツインのベッド周りは真っ暗になった。かすかに島の姿かたちが目の前にある。

私はキャミソールを脱いだ。続けてブラをはずし、Tバックもすんなり脱いだ。「ぬいじゃったわ!」

「僕も脱ぐよ!」目の前の彼がバスローブを脱ぐと近寄ってきて私の腰に腕を回した。くびれた腰にたくましい腕が絡み大きな両手ひらが豊満なお尻をやさしく愛撫する。

激しい息使いが伝わってきた。彼はお尻を彼の体の中に引き寄せた。私の体は彼の体と密着した。

硬いあったかい異物が下腹部にあたった。私はそっと片手でそのものを探って握った。私の腕より太い硬く反り返った生き物が生きづいている。

ペニスが片手では到底握れないサイズだと瞬時にわかった。「たくましい!すてき!」「彼とどう!」

「綾さんは喜んだ?」「彼女もお気に入りで毎日誘われたよ!」そういって、乳房を揉んで来る。女の体を良く知っているやさしくときにきつく揉まれる度に喘ぎがもれる。

彼が唇をふさいだ。濃厚なキスからディープキスへもう蕩けそうだった。私は彼に体を預け彼の首に腕を回した。

彼の片脚が大腿部に割り込むとさらに奥に割って入ってくると恥骨を太いたくましい大腿部をこすりつける。上手だ。キスをされながら乳房をもまれ、クリトリスをこすられる。

もうグチョグチョになってきている。「僕はいやらしい助平な言葉に燃えるんだ!」「私もそうよ!」

「君の濡れ具合で生で入れるよ!」「いいわよ!あなた!」「いいねえ!ユキ!」

彼はベッドに私を倒すとその上から乳房を口に含んだ。上手に舌で入念に転がし、いたたまれず股間を自分から開いた。すると今度は股間を唇と舌で攻撃されたまらず粘膜を奥深くまでさらに開いた。

「お願い入れて!」と私は叫んだ!できるだけ開脚して彼の大きな体が両膝を抱えるようにして向かってくると、花弁に硬いあったかいペニスがあてがわれ粘膜を突いてきた溢れ出ている愛液で意図も簡単にヌルっと入ってきたと感じたら一気にドンと根元まで滑り込んだ。そのキツキツの感触は引っ張られるような痛さと初めての体験である子宮の入口の心地よさに体がのけぞった。「ああツ!気持ちいい!」と彼は叫んだ。

「ああう!ユキは僕のものだ!好きだ!」私は意識的に股間を締めた。「いいよ!最高だ!名器だ!」

彼はまた叫んだ。彼のペニスを締めると中で生き物のように跳ね上がるそのたびに子宮を突かれ、いきそうになる。私のいままでの経験では感じたことのない奥深くまで刺激され、我を失うほどだった。

硬いペニスが出入りするともう頭の中が真っ白になり血も肉も一緒になって同化した。いろいろ角度を変えて突いてくるテクニックは初めての体感だった。最初キツキツだった感触もスムースに彼のサイズに自然と合っていった。

激しくインサートされても20センチ近くある長物は外れることがなく、的確に私をいじめてくる。私が最高にフィニッシュを迎えられたのは、彼の腰あたりまで下半身を抱え込まれ膣の前壁を太いペニスの先端で何度も突かれた。もう蕩けるような感触に腰が浮いたような気持ちよさの後、激しい痙攣が起き、シーツをわしつかみした。

するとヌルとペニスがすべり奥深くをグイっとめり込むように突き上げ、4,5回ビュビュと子宮を圧迫する力強さの中で彼が果てた。私も失神して夢の中にいた。相手によってこんなにも満足度が異なるものだということをはじめて体験した。

私はもう彼に夢中です。あの人間離れしたペニスはしばらく誰にも渡したくない。