4/4)出会い系でモデルを募集したら最高のSEXができたエッチ体験談

4/4)出会い系でモデルを募集したら最高のSEXができたエッチ体験談

3/4)出会い系でモデルを募集したら最高のSEXができたエッチ体験談。続き

俺は無防備に開かれた沙耶香の両脚の間に顔を埋めて再び舐め始めた。

「う・・ん・・・。」
沙耶香の手を取ると強く握り返してくる。

「どう?」
「・・・・・。」
「満足しちゃった?」
「うん・・・すごかった・・初めてだよこんなの・・・。」
沙耶香のアソコはちょっとしょっぱかった。

「あん・・あ~。気持ちいい・・・。」
「もうおなかいっぱいかな?」
「まだ~もっとしてほしい・・・。まだ下のお口でオチンチン食べてないよ~。」
「元気だね。」
「何回でも平気だよ。いっぱい犯してほし~。」
「ヤルのはやだって言ってなかったけ?」
「いじわる~・・」
「ははは・・・」

沙耶香を立たせてボンネットに手をつかせた。

「入れやすいようにお尻突き出して。」
「うん・・こお~?」
「もっと・・自分で広げてごらん。」
「う・・ん。」

パックリ割れた亀裂の奥からはトロリとした愛液が今だに溢れていた。

「次はどうする?」
「入れて・・・」
「どこに?」
「え~ん・・沙耶香のここ~。」
「ここって?」
「いじわる~・・・・沙耶香のオマンコ。」
「お願いするときはどうするの?」
「・・・沙耶香のオマンコに入れてください・・。」
「なにを?」
「・・オ・・チンチン・・。」
「どんな?」
「いや~ん・・お願い・・硬くて大っきいチンポ入れてくださ~い・・・。」

俺は勃起したペニスをつかんで沙耶香の亀裂に押し当てた。
沙耶香は待ち望んだかのように自分から腰をクネクネ動かし、挿入しようとする。

俺は意地悪してペニスで割れ目のを上下になぞるように擦りつけた。

「あ~~ん!早く~・・・。」
それでも俺は亀頭の半分だけを埋める格好で小刻みに動かした。

「お・・お願い・・。」
恥じらいを捨てて沙耶香はお尻をクネらせてペニスを飲み込もうとする。

その矢先、俺は一気に腰を沈め挿入した。
“ずぶぶぶぶっ!”
「あっ!」
根元まで沈め亀頭まで抜く。

深く浅くゆっくりピストンを始めた。
「あっあん・・あ・あ・あ・あんあん・・。」

沙耶香の肉壁はペニスを沈めるとキューッ!と締め上げ押し出そうとするのに
抜くときは絡みついて引き寄せるような感触だった。

奥は微妙に痙攣し亀頭をくすぐる。
こっちが動きを止めると自ら腰を動かし出し入れする。

単調な前後運動に限らず時々腰を左右に動かしたり円を描く。

「はあはあ・・いい・・いい・・気持ちいい気持ちいい・・・
あんっあんっあんあん・・・あ・あ・あ・あ・あ~ん。」

二人交互に動きあいセックスの感触を確かめ味わう。
奥を突くように小刻みにピストン。

「あっあーー当たる当たるう~。」
次々溢れ出る愛液が飛び散り玉から脚までビショビショに濡れる。

動きをどんどん速くする。
ますます締め上げてくる沙耶香。

「あっ!あっ!あんあんあんあん・・・・。」
「あーあーっ!気持ちいいよ沙耶香。」
「ほんと?いい?わたしの・・。」

沙耶香の背中に密着し後ろから乳房を揉みしだく。
沙耶香も手を延ばしてきて結合しているペニスの根元をつかんだ。

「あ~~入ってる・・・ケンさんのチンチン入ってるう~。」
亀頭は肉壁に擦れ、竿の根元は沙耶香の手に小刻みに手コキされる。

頭の中が真っ白になる。
俺の腹と沙耶香のお尻がぶつかり合い乾いた音が山に響く。

“ぱんぱんぱんぱんぱーんぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱ・・・・”

「あっあっあんあん・・・だめっ!・・いい・気持ちいい。」
「あー!いいよ沙耶香ー!」

「イクッ!イクッ!・・ね・・え・ねえ・・いっていい?ケンさんいっていい?」
「いいよ。俺もイキそう・・・もうだめだー。」

“ぱんぱんぱんぱんぱん・・・”
「あんあーーーーーーーーーーーーーーーーっ!頂戴いっぱいちょーだい!」

「うっ!うっ!」
「お願いー中に出してー。今日大丈夫な日だから・・中に頂戴ー。」
「あーーーーーーーあっ・・・」

“ビュッビュッ!”

「うっうっ~・・・・」
俺たちはほぼ同時に絶頂に達した。

エクスタシーの瞬間沙耶香は強烈に締め付けてきて中でピクピク痙攣した。

さっきあんなに出したのに俺は今度も大量に中に放出した。
二人はボンネットにグッタリと身体をあずけしばらく結合していた。

俺がそろそろ抜こうとすると
「ぬいちゃイヤ・・・」
と言いながら沙耶香はくっついてくる。

不思議とペニスは勃起したままだった。

「このまま まだしよーよー。」
沙耶香がおねだりしてくるので俺たちはつながったまま
車に乗り込み沙耶香が上になって再び始めた。

「今度は沙耶香の番だよ。」
そう言うと沙耶香は俺の上でゆっくりと動き出した。

「ケンさんはジッとしてて・・あん・・・。」
沙耶香は俺の乳首をいじりながら腰を上下左右、
また小刻みに前後に動かし知る限りのテクニックを駆使してサービスしてくれた。

こうして俺たちは時間の経つのを忘れてセックスに没頭したのだった。