彼からの命令でノーパンで痴漢にあうゲームをした絶頂エッチ体験談

彼からの命令でノーパンで痴漢にあうゲームをした絶頂エッチ体験談。

千葉から東京に向かうJR、ここに私のゲームがあります。
それは〝痴漢ゲーム〟、不倫中の彼からの命令で、下着をとって電車に乗ります。

痴漢に会うとよる報告し、報告しながら彼は果てます。
痴漢を受けた後のHは、いつも以上に感じるのです。

その日は、痴漢ゲームの2日目でした。
何故なら、私は痴漢に犯された身体を彼の精液できれいにしてもらう瞬間が大好きです。

前日から、彼の言い付け通り、下着を付けずに朝の満員電車に乗車しました。

残念ながら(?)1日目は、期待する行為は受けなかったのですが、
その日は、期待を上回る屈辱(快感?)を味わう事になりました。

その日の私は満員電車の乗車口に立っていたのですが、
次の駅で乗り込んできたサラリーマンの大群に押し込まれ、
車両の中央に移動させられました。

その際に、私の身体とその男性の身体が向かい合う形となったのです。

外見は、平均より少々大柄の、左の薬指には既婚を証明する指輪をしたいたって普通のサラリーマンです。

その男性の異常行為は、扉が閉まるのと同時に始まりました。
その時既に、男性のモノは大きく熱を帯びており、
それは私の手で直ぐに確認できました。

「くる!」と思った瞬間、男性のモノが私の下半身の前方の
一番敏感な部分にゆっくり擦り寄ってきました。

大きさも硬さも、私を快楽の状態に誘うには充分すぎるもので、
直ぐに男性のモノは容赦なく私に強く押しあてられてきました

私の敏感な部分はすっかり硬くなり、男性のモノと擦れ合う度に
段々これがゲームであることを忘れ、私も自分の感じる部分を
男性のモノに押しあてながら腰を動かして感じてしまいました。

男性の腰の動きと電車の心地よい揺れの中、私のアノ部分は、
グチョグチョになり、私の液体は下着を付けていない為、
ストッキングの編目から流れ出してしまいました。

男性の行為は更にエスカレートし、右手を私のお尻に回しゆっくりと撫で回しました。

私は目を閉じ、声を出さない為に、
いつも彼に口でしてあげている状況を想像しました。

現実には見知らぬ男性に犯され、感じてしまっているのに、
頭のなかでは彼のモノをしゃぶっていました。

男性の動きが小刻みになり、息遣いが荒くなってきた瞬間、
その硬く熱くなっていたモノの先端部分から、
ねっとりした生温い液体がドロドロと出てきたのです。

男性のモノは波打つように動き、私のあの部分を突き上げ、
身体を硬直させながら押しあててきました。
その液体は、ズボンの上からもしっかりと確認できました。

まさか電車の中で、こんなことが起こるとは!と少し恐くなり、
次の駅で乗車口の方へ移動しましたが、
その男性はニヤニヤしながらぴったりとついてきました。

扉に身体を寄せると、男性は長身の身体で後から覆いかぶさり、
私のお尻の割れ目にまだ充分熱を帯びたモノを押しあててきました。

更に電車の揺れに託けて、私の耳の奥の方に息を吹き掛けてきました。
私の身体の中で最も性感帯が集中している耳と首を、次は攻めてきたのです。

口で髪を掻き分け、首に舌をはわせ耳を舐め回されました。

私は我慢の限界に達し、
そこが電車の中であることを認識できる状態ではなく、
私は無意識に腰を振りあたあられたものに応え、
思わずアッとあえぎ声を発してしまいました。

しばらくすると電車は地下へと入り、
扉に向かっている私たちの顔は、お互い確認できるようになりました。

私は感じている時の顔をしており、
その男性は獲物を征服した満足気なほほ笑みでニヤニヤとしていました。

次の駅で男性は何事もなかったように降りていきました。
今でも思い出すと身体が火照ってしまいます。