1/3)高校で行われていた部活での性処理制度でのエッチ体験談

高校で行われていた部活での性処理制度でのエッチ体験談。第1回。

えーっと、まず時期的には、私は1985年に高校3年生でした。

学校全体が運動系部活に力を入れていて、私は陸上部でした。
(結構速かったですよ。←無駄ばなし)

だから、陸上部以外のことは詳しくはしらないんですが、
多かれ少なかれどの部活でもあったようです。

で、大きく分けて男子2・3年生に女子1年生が、
女子2・3年生に男子1年生が奉仕というのが制度化していました。

制度化というのは、つまり「上級生がエロいことを企てて後輩を襲う」とかではなくて、
奉仕させるほうもシステム的に1年の時は上級生に奉仕させられて、
同様のシステムで下の学年に同じことをさせていたということです。

いつからその制度が始まったかは知りませんが、
少なくとも私が入った時には既成の制度として違和感なく行われていました。
だから、まぁ、まず大雑把な制度についての話になるかなぁ。

最初は、まず4月に新入生が入ってきますよね。
(実際には体育推薦なので3月中旬には練習に参加している)

そうすると、当然、エロいことするのがメインでなくて
悪まで「陸上」がメインなので練習をします。(笑)

練習は強いなりに大変ですから、当然中学のときに強い奴でもそれなりに辞めます。

辞める奴には、後でいろいろあっても面倒なのでメンバーが確定するのを待ちます。
#というか、途中で部活を止めるような奴は死ぬほど毛嫌いされていた。

それで、まぁ1ヶ月ぐらいたってメンバーが固定されるようになったら初搾りを行ってました。
どの学年も大体ゴールデンウイーク前後にやってました。

まず、運動場の片隅に部活用の部室ハウスがあって、当然男女の部室は別でした。

で、いまから何をするのか、「1年女子には2・3年女子」が、「1年男子には2・3年男子」が説明します。

まぁ、女子が何を教えていたのかは知りませんが、
2・3男子が1年に教えるのは
(1)1年男女は先輩の言うことを全て聞くのがしきたり
(2)上級学年になったらいい思いができるので今年は我慢
(3)2・3年女子を怒らせたら部活にいられなくなる
(4)ハイハイ聞いてればそれなりに気持ちいいことしてもらえる
ぐらいですかね。

ちなみに「去年どうだったか」とかは一切教えてくれません。
<聞いたとしても#3が一番効く
(体育推薦で入って部活辞めたら人権剥奪みたいなものでしたから)

多分、女子はそれプラス技術的なこと・・
例えば、手コキとか、エロいセリフとかじゃないかな。

私も2・3年になってから1年の相手をしたけど、
何にも前提知識がない奴とかゼンゼンいないようだったし。

で、説明が終わると、1年男女は異性側の先輩の待つ部室にぞろぞろ出かけていきます。

で、皆で集まって洗礼行事みたいにやるのは、この回と引退前の1回だけであとは個別呼び出しとかでした。

#個別呼び出しの方法は、初搾りの話をしないと理解できないので後で説明します。
まぁ、制度的にはこんなもんかな。

まず、当然、入学した時の私の身分は上の話でいくと
「1年の男子」ですから女子の部室に行きました。

その年は男子の新入生は11人だったかな?
いや、もっといたかもしれませんが忘れました。

で、部室に入ると2・3年生の女子の先輩達がパイプいすとか、ロッカーの上とかに腰を書けていました。

1年男子は二列にならばされて(一列だと部屋が狭いのでなれべないだけだが)、
陸上部自己紹介なるものを要求されました。

自己紹介といっても、1ヶ月以上一緒に練習しているので
名前などは既に覚えていますから、当然、えろいことを言わされます。

私達の時は名前を言った後、
好きな女性芸能人・女性の体で好きなところ・女性経験の有無
・週のオナニーの回数・はじめてオナニーした歳・チ○ポの大きさの自己申告をさせて、

言い終わるとガクランの下とパンツを脱げといわれました。
で、全員の自己紹介が終わるまで気を付けで待ちます。

当然、女子の先輩がくすくす笑う中で屈辱的な自己紹介をさせられて全員チ○ポはびんびんでした。

自己紹介中にも「オナニー毎日してるのに、そのおちんちんなの?」とか言われまくります。(笑)

全員分の自己紹介が終わると、いよいよ無茶をさせられます。

まず、男子全員で円形に並び、内側を向きます。
当然、下半身裸で気を付けをしたままです。
で、2・3年の女子が順番に一人に付き3分ずつ「生」手コキをします。

この「生」手コキは一般的には使われてない言葉ですが、
つまり、まず、チンポの皮を女子の先輩の左手でわっかを作って
思いっきり根元に引っ張って全く皮があまってない状態にします。

そのうえで、右手で全くヌルヌルもしていない竿と亀頭を直にしごきます。

勿論、皮は押さえられ照るので全くスライドしないので、亀頭などがつっぱってすごい痛いです。

それを3分×(女子の先輩の数)だけされます。
当然女子の先輩は二学年分ですから、20人越えなので計一時間ぐらいは、しごかれっぱなしです。

女子の先輩は、男子が並んだ円の外側から男子の背後に回って
手をチンポに伸ばし、男子の背中に胸とかを押し付けながら&口でからかいながらしごきます。
当然、亀頭や竿の皮膚がすれて血がにじんだりします。

で、その状態で、何回いけるかを競わされます。
それで、全員分が終わった時点で、いった回数が一番少なかった奴と二番目の奴をホモらせるといわれたのです。

それはさすがに嫌なので、みんな必死で股に力を入れていこうとします。

しごきが痛いのですんなりいくことができないのと、
初めて女性に触られまくるのとで、いける回数はかなり個人差がでます。
出せる奴は、12・3回は1時間で出ます。
で、その上に女子の先輩が贔屓をするのでなおのこと差が出ます。

つまり、結構見た目のい奴は、
「いたい?後で私の相手してくれるなら、ちょっと楽にしてあげてもいいんだけどな」
みたいなことを耳元でささやかれ「はい、お願いします」とかいって承諾すると、
ちょっとだけ皮の上からやってくれたりします。

どうでもいい奴とかは、容赦なく乱暴にしごかれて血がたれたりします。
ちなみに、いった回数のカウントの意味でいくときは「○○、1回目出します」といわされます。

あ、そうそう言い忘れましたが、円形になったのは、
しごきのおかず用に二年でいじめられてる女子先輩がノーパンで
セーラーのスカートをまくったままにさせられてそれを男子が見ながらやるためです。

これは後で聞かされた話ですが、いじめをやめてもらう変わりに自ら申し出たそうです。
私は七発ぐらいいかされて、どちらかというと数は少ないほうでしたが、ホモるのは避けられました。

で、生手コキが終わると、ワースト1・2がホモらされそれをみんなで見物します。

このとき、女子の先輩は、その他の男子1年に奉仕させることができます。

ですが、あんまりこういう伝統にいい気分がしない女子の先輩もいるようでそういう人はここで帰れます。

後輩に奉仕させる先輩は、ホモるのを尻目に良さそうな奴とか、
しごきのときに約束を取り付けた奴をさそいます。

大抵は、パイプいすに座って一年を跪かせていくまで
延々クリトリスをなめさせるとかでしたが、たまに、顔面騎乗を要求するような先輩もいました。
ちなみに、しごきで贔屓されていっぱい約束した奴は、延々となめなければいけなかったりします。

私は、全然約束とかなかったですし、顔もどちらかというと童顔だったので
「いい奴は全部取られた余りモノ」の先輩に、「しょうがなく」選ばれました(笑)

その先輩はパイプいすに腰掛けて、私に舐めさせ
「30分以内にいかせること&その間に自分のもしごいて二回以上出すこと」を要求されました。

勿論、部活後にシャワーもない状態のまんこは死ぬほど臭いですが、強制なので目をつぶってやりました。

また、自分のものも皮をはじめ竿、亀頭もパンパンに腫れ上がった状態なので
自分で触って気持ちいいものではないのですが、がんばりました。(笑)

そのときに、「これからも何かにつけて面倒みるから、呼び出された時は相手をしろ」と言う趣旨のことをいわれ
先輩がバックについてくれるほど、体育系で心強いものはないので承諾しました。
他の男子も大体同じことを言われたようでした。

これをもとに、上記の「個人呼び出し」が可能になります。
私も1年間練習後の便所とかでよくなめさせられました。

えーっと、「女子2・3年生に男子1年生が奉仕」バージョンは大体こんな感じです。

「男子2・3年生に女子1年生が奉仕」バージョンもありますが・・・。
ちなみに、自分がいい思いをしたのは後者なので思い入れは後者のほうが強いですが。(笑)

続き 2/3)高校で行われていた部活での性処理制度でのエッチ体験談