3/6)子供ができない悩み解決に夫の友人に犯されて開発されたエッチ体験談

2/6)子供ができない悩み解決に夫の友人に犯されて開発されたエッチ体験談。続き。

「はい。どちら様ですか?」
金子さんだとわかっていたけど一応、聞かないとと思い声を掛けると。

「こんにちわ。金子といいますが・・」
待ちに待った人の声に、ドキドキ胸を躍らせた。

玄関へ急ぎ、脇の鏡を見たら、目は潤んで、頬はほんのり赤くなっていた。
髪の毛を整えながら・・

「は~い 今開けますからね。」
まるで恋人を招くように心が弾んでいる自分が、妙に可笑しかった。

ドアを開けると、
見上げるほど大きな人が立っていた。
2mmくらいあるんじゃないかと思えるほどなの。
顔も鼻筋がきりっと通ってちょっといい男。
一瞬にして頬が熱くなって来ちゃった。

金子さんを居間へ招き、私はキッチンへ入り
冷蔵庫からアイスコーヒーの入れ物を出してグラスに注いでたの、
山田さんと金子さんはさっきまで私が乱れ狂っていたソファに座り、二人で小声で話してる。
きっと私にことの次第がばれてしまったことを話しているんだと直観した。

金子さんも
「えっ! 本当かよ、大丈夫だった?」
チラッと、私の方を振り返って、目を合わすとすぐに逸らした。

私はグラスを二つお盆に乗せて二人のいる居間へと向かった。
「改めまして、亜矢子です。
山田さんから色々聞きま金子さん遠いところからわざわざおつかれでしょ」

「あの・・金子ですすみません・・でした。山田から聞きました。
始めは軽い気持ちで話してたのに武志が真剣にお願いしてきて収まりが付かなくなってしまって・・」

金子さん、すまなそうに大きな身体を丸めて謝るの。
なんか可愛そうになってきちゃって

「もういいのよ・・山田さんにも話したんだけど、主人には嘘を付き通して欲しいの。
お話ししてたら山田さんも金子さんも悪い人じゃないみたいだし
このまま主人の仕組んだことに乗せられて上げたい気持ちにもなって来たのよ。」

心の中では金子さんの大きなものを早くみたい気持ちを押さえて
誰かのために仕方なくひと肌脱ぐような理由付けをしている自分が居たの。

「そのお話しはお終いにしましょ。
それにしても金子さん、背高いわよね 何かスポーツでもなさってたの?」
金子さんは、身体のことに興味を持たれることが何んだか、
嬉しそうで、にこやかに話だしたの。

高校、大学とバスケットボールをしていたらしく
身長198センチあるそうで横幅も広く、きっとアレも人並外れたものを・・
金子さんの話を聞きながら、私の心の中はもう包まれたい気持ちでいっぱいになってた。

そんな私の表情から、山田さんが、さっき途中で止めてしまったこともあり、
手をスカートの中に、私の膝から内股へかけて撫で入ってきたの。

金子さんは目の辺りに、突然のことに驚いていたけど、
事の次第がすぐ読めたらしく、ソファから立ち上がり、ジャケットを脱ぎスボンのベルトを外し出した。

私はそれを待っていた。
下半身を山田さんに愛撫されて、両脚を上げ開かされ、
あられもない姿をしてながらソファに凭れ掛かり、うつろな目をして金子さんの服を脱ぐ行為を眺めてたの。

ズボンとシャツを脱ぎ捨てブリーフパンツ一枚の姿に、
全身が筋肉に覆われた巨人
主人の三回り、いえ比べ物にならない・・何から何まで大きい・・
見ているだけで膣から蜜が溢れて来るのがわかった。

その蜜を、パンティを履いていないアソコから山田さんが舐めまわして吸い取ってくれてる。

金子さんの手がいよいよパンツにかかり、私が見ていることを意識してるみたい。

金子さん脱ぐのをためらったのかと思ったら私の手を取って触らせてきた。

全体が大きいため、そこ一点だけ大きさが目立たなかったけど触ってみたら
「な・なに・・なんなのこれ・・」
何か小動物がパンツの中に潜り込んでるみたいな感触。

手で握っても握りきれない
山田さんのものを遥かに凌ぐ重量感、
恐る恐るパンツのゴムに手をかけて下へズリ下げたの
毛むくじゃらな銅体が見えてきた。
猫が頭をしなだれてるみたい・・
ペニスも早く見たい・・・

とぐろを巻いているものが脱ぎ下げて行くことでダラッと下に垂れ下がり
長さといい、太さといい、ペニスの曲線が美しいとさえ感じていた。

「あはぁ・・・・ん・・す・・凄い・・」
そこまで下ろすと金子さんは自分でパンツを脱ぎ捨て、
山田さんに目配せして私を軽がると抱きかかえ、寝室へと運び込んだ。

寝室には、昨夜主人が寝ていた布団が敷いてあり、夫婦の寝室でもある。

私の服は、ミニスカートが腰まで捲れ上がり下半身が露出され、
上半身はブラウスをしっかり着ているので余計淫らな装いに感じた。

寝室に運ばれた私は四つん這いにされ、
たくし上げられて剥き出しのお尻の方から山田さんにイジくられ
目の前には金子さんの大きなものが目に入ってきた。

上半身を金子さんに起され、
ブラウスのボタンを金子さんが首を傾げながら大きな手で丁寧に外してくれた。

そんな仕草がたまらなく愛らしく母性本能をくすぐり、
山田さんも金子さんを意識してか負けじと膣に吸い付き、そんな仕種も可愛いなって感じていた。

ブラジャーのホックが外され、
私の小さいけどツンと上を向いたオッパイを、優しく包み、親指で乳首を転がしキスをしてきた。

口に入る舌の長さも、人並を外れ口いっぱい舐め尽くされ、
そのころには意識は朦朧となり心身ともに蕩けてしまった私だった。

下を見ると金子さんのものが、グングン頭を持ち上げながら太さを増して私の胸に当たってきていたの。

私はそれに手を伸ばし、握るというよりも掴むと言った方が適切かもしれない・・・

超特大の太巻のよに、根元からこれもまた特大な卵形をした二つの球体が、
肉棒が元気になればなるほど、垂れ下がり方が強調された。

山田さんのもので精一杯だった私の口には、入りそうもなく、手で太い肉棒をゆっくり扱きあげた。

自分の手が赤ん坊の手に見えるほどの大きさ・・

膣を刺激続けた山田さんがいよいよ膣に当てがってきて徐々に入ってきた。
「ああああぁぁぁぁ・・・・・」

昨夜から何度も快楽を味合わせてくれたものだけにすっかり馴染んできたような気さえする。

完全に根元まで入るとズンズンと、テンポ良くピストン運動が始まり、
再度、四つん這いになってしまい、しばらくは山田さんの突き上げに喘ぎ狂い
「はぁ・・はぁ・・はぁん・・いいぃぃ・・あ・・・ん」
金子さんのを掴んでいたいけど片手で身体を支え切れず辛そうにしていると、
私のからだを起こしてくれて山田さんの腿の上に乗っかるような体位になった。

私は恋しいものが手から離れないように、金子さんのを掴んだまま突き上げられた。
山田さんの腿の上へ乗っても、金子さんが立つとペニスと高さが合わず、ぺロぺロ出来ないの。

目の前が、根元の辺りになりペニスはそれより元気に上へと持ち上がっているので、
手で胴体を摩り、根元の裏側と、垂れ下がる睾丸をおしゃぶりするのがやっとだった。

「イクッ・・イッちゃう・・もっと・・もっと・・」
山田さんのタフなピストンに堪え切れず最初の絶頂がやってきた。
髪を振り乱し、手は自覚無しに扱き、反り返りながらイッてしまったの。

私は肩で息をしてる様子を見て、しばらく山田さんも動きを止めていたとき、
金子さんは寝室から出て行き、居間にあった椅子を持ってきて私の前に腰をかけたの。

そしたらちょうど私のお口とペニスの高さが合っちゃった。
私、金子さんのアイディアが、またなんとも可愛く感じて、嬉しくなって、
この人の為ならなんでもして上げたくなっちゃったの。

きっとペニスを舐めて刺激して欲しいのね・・・・
無理だと、わかっていたけど大きく口を開けて、ペニスを咥えたんだけど、先っぽしか入らない・・

せめて両手で一生懸命扱いて・・舌でペロペロして上げることしか出来ない。
「ごめんなさい。もっと気持ち良くしてあげたいのに・・・」

金子さんに言ったら
「無理しなくていいですよ。充分、気持ちいいですから・・」
金子さんが優しく応えた・・・

その頃また、山田さんの動きが始まって二回目の絶頂はすぐに訪れました。
山田さんのは私と相性がいいみたいでとっても気持ちがいい・・。

うしろから乳首を摘まれ、私がイッた後でも中で硬く存在感をアピールする。
朦朧としながら両手て快速に、激しくペニスを擦り上げていたら
金子さんのもの一段と、硬く、太く、なったかと思ったら
急に、目の辺りに暖かい感触がしたの、射精しちゃったみたい。
私の顔にベットリ 流れるほど・・・

金子さん、気持ち良さそうな顔をして、
まだ・・ドクドクと次から次ぎに尿道が波打って出てくるの。
私もそれに合わせて手で絞り出すように扱いて、お口で受け止めてげたわ。

その精液の量がもの凄いの。
尿道を下から持ち上げるようになぞると、ゼラチン質の精液がドロッと・・・

金子さんのものを、一度お口で綺麗にしてあげたあと、
すこし休んで貰っているうちに、山田さんが再度動き出して、
猛烈に加速しだして、私も昇りつめたとき、
「奥さん・・・でる・・でる・・」
「私も・・イク・・イって・・一緒に・・」
といいながら、私がイクまで我慢してくれて、私が絶頂を迎えたのを確認したら、
急いで膣から抜き取り、私の口に持って来たの・・

それを目舞いを起こしながら、私は吸い込むように頬張って上げた。
山田さんもドクドクと口いっぱい出したわ。

朝食べていないのに・・私のおなかの中満腹になっちゃった。
しばらく私、放心状態で横たわっていたら、金子さんが顔に付いた精液をティッシュで拭いてくれた。

続き 4/6)子供ができない悩み解決に夫の友人に犯されて開発されたエッチ体験談