部屋が取れず顧問の先生と同じ部屋で寝る事になった

部屋が取れず顧問の先生と同じ部屋で寝る事になった

今から約10年くらい前、大学を卒業して社会人になったばかりの頃の話。

当事の俺は、東京から地元にUターン就職し、週末の土日は母校の高校の柔道部のコーチをしていた。

顧問の先生(男)とは高校在学中も卒業後も仲が良く、

「地元に帰って来たなら、時間がある時でいいから部活の面倒を見てくれ」

と言われ、ちょくちょく母校に顔を出すようになった。

仲の良い先生は男子をメインで見ており、俺は指導が手薄な女子の方をコーチしていたのだが、女子部の顧問は新卒で俺と同い年の女の国語教師で、スポーツ全般がからっきし駄目な人だったので、俺はその女性教師からも結構重宝されていた。

当時は彼女もおらず、休みの日もヒマを持て余していたので、ほぼ毎週通っていたのだが、大学時代も体育会に所属し、ずっと柔道を続けていた俺の指導は生徒からも評判がよく、かなり真面目で熱心なコーチぶりだったと思う。

そのせいか、今にして思えばもったいない話なのだが、そんなに格好良くない俺でも、女子高生から見ると大人の男としてかなり美化して見えるらしく、

「先輩と付き合いたい」

という生徒も4-5人いた。

しかし当時の俺は年下と年上の女性を全く受け付けず、同級生にしか興味がなかったので、特に女子高生と付き合ったりとかはしなかった。

(今なら大歓迎なのだが)

繰り返すが、今なら間違いなく食ってる。

で、そんな日々が過ぎていく中で、自然と顧問の女教師とも親しくなっていった。

彼女はもう本当に典型的な文系の女性で、小柄で見た感じは可愛くもブサイクでもないごく普通のルックスだったのだが、柔道部の顧問自体、押し付けられて嫌々やっており、

「週末も部活があるから休みがない」

とか

「夏休みになっても毎日部活があるから旅行にも行けない」

などと俺によく愚痴をこぼしていた。

秋が来て、県の秋季大会が近づいてきた。

当然俺は大会にも同行するつもりだったのだが、会場は市外のかなり離れた高校になったという事で、土日泊まりがけの遠征となった。

当日、俺は土曜が仕事で最初から同行できなかったのだが、仕事が終わってから大急ぎで車を飛ばし、生徒達が泊まっているホテルに向かった。

ホテルに着いたのは夜21時前だったと思う。

その時は早く行ってやりたいという、真面目な気持ちが先走り、前もって宿泊予約をしていなかったのだが、まあ現地に入ればホテルぐらいすぐ取れるだろうくらいの軽い気持ちでいた。

いざホテルに着くと、そこは遠征して来てる他校の生徒達もいて満室で、その他のホテル・旅館も軒並み満室という状態だった。

冷静に考えれば小さな地方都市に県内から大勢の高校生が押しかければ、市内の宿泊施設が満室御礼になる事はくらいは予想できてたのに、と我ながら迂 闊さを反省していると、生徒を引率して先に宿舎入りしていた女教師がホテルの人に事情を説明し、何とかもう一部屋あけてもらえないかと交渉してくれてい た。

当の俺は、仕方がないので海沿いの漁港にでも車を停めて車中泊するつもりでいたのだが、

「せっかく疲れてるところをわざわざ来てもらったのに、コーチにそんな事させられない」

と女教師はしつこくホテル側に部屋を空ける事を頼んでくれていた。

だが、ホテル側も無い袖は振れない。

散々交渉した挙句、シングルルームに毛布を持ち込んで泊まるのでも良ければ、という事でやっと宿泊を許可された。

ただここで問題が発生した。

今回の宿泊は女子チームだけで、俺以外の関係者は生徒も教師も全員女性である。

生徒達はツインやトリプルルームに分散して宿泊していたのだが、まさか女性だけの部屋に俺が転がり込むわけにもいかない。

必然的に俺は女教師とベッドが1つしかないシングルルームに泊まる事になった。

俺的には予想外の展開だった。

とりあえず女教師と部屋に入り、やっと腰を落ち着けた。

俺「ごめんね亮ちゃん、こんな事になって。やっぱり無理して今日来ずに明日の朝来ればよかったよ」

あ、亮ちゃんって女教師の名前ね。

普段から生徒の前では名字で

「○○先生」

って呼んでたんだけど、2人で話をする時はフランクに名前で呼び合ってたから。

亮ちゃん「いやいや、こちらこそ。せっかく来てもらったのにこんな事になって、ごめんね~」

みたいな当たり障りのない会話をしばらく交わしていた。

しばらく会話を交わしていると、ホテルの人が毛布を持ってきてくれた。

生徒を引率してきてる女教師が男とシングルルームに泊まるのだから本来なら非常識な話なのだが、毛布を持ってきてくれたホテルの従業員も俺の素性と事情を聞いていたらしく、あまり変な目では見られず、

「ごめんなさいね~、他に部屋があればよかったんだけど」

みたいな事を言って帰って行った。

まあ、本当に仕方なくそんな展開になったわけだから、従業員も変な想像はしてなかったんだろうな。

もちろん俺もこの時点までは変な気はさらさらなかった。

仕事場から直行してきて疲れてたしね。

 

交代でシャワーを浴びて人心地つくと、ふと、このとんでもない状況に俺はなんか妙にソワソワした気分になってきた。

お互いホテルの浴衣を着て風呂上りの匂いがする。

俺は椅子に腰かけ、彼女はベッドに腰かけ、テレビを点けたまましばらく話をしていたのだが、そろそろ寝ようかという事になり、俺は当然床下に、亮ちゃんはベッドにそれぞれが寝る体勢になった。

俺は自分が既にこの状況に対して、Hな想像をしている事が分かっていた。

だが、善意で男の俺に相部屋を提供してくれた彼女に変な事をするわけにもいかない。

でも鼻をクンクンするともう部屋中に女の匂いが充満してるわけじゃん。

ちょっと俺は半勃ちになってたな。

「亮ちゃん、ごめん。俺、イビキがうるさいかもしれんから、うるさくなったら鼻をつまんでね」

みたいな事を言って何とか自分のHな気持ちを必死で誤魔化そうとしていた。

「信一くん(俺の事)大丈夫?床の上で寝にくくない?」

彼女も気を使ってベッドの中から声を掛けてくれる。

「大丈夫、大丈夫。俺はどこでも寝れるタイプだから気にせんで!」

妄想を押し殺してまともな返事をする俺。

でも毛布の下の下半身は、既に元気ハツラツになっていた。

横になった体勢でしばらく会話を交わしていたのだが、そのうち俺は何とかシングルベッドに2人で一緒に寝れるように仕向けるための口実を脳ミソフル回転で考えていた。

彼女が寝てしまったら終わりだ。

彼女が寝付く前になんとか思いつかなければ!

俺は彼女が眠ってしまわないように、会話を途切れさせないように話しかけつつ、もう必死で口実を考えていた。

無意識に俺は突然、

「イテテテテ」

と何かに痛がる演技をしていた。

彼女は俺が突然、何かに痛がり始めたのでびっくりして、

「信一くん、どうしたの?」

と聞いてきた。

ここから先は綿密に考えて口走ったわけではないが、もう本能的に俺はウソをまくしたてていた。

・俺は元々、腰痛持ちで腰がかなり悪い事。
・さっきまでは気にならなかったのだが急に腰が痛くなり始めた事。
・長時間車を運転してきた後だからかなあ?
・やっぱり固い床の上に寝転がっているからかなあ?

等々、俺が腰痛持ちである事はウソではないが、その時は別に痛くなかったし、固い床の上で寝る事が腰にいいのか、悪いのかすら知らなかった。

ただ一緒にベッドに入る事だけを考えて、ウソをまくしたてていた。

彼女は当然心配して、

「信一くん、そんなに痛いならベッドと床、代わるよ!」

と言ってくれた。

しかしそれではもちろん意味が無い。

「ごめんごめん、急に。大丈夫だから心配せんで!」

「でも、悪いよ」

「大丈夫、大丈夫!」

そんな押し問答が続いた後、ごく自然に俺は言った。

「この際、2人でベッドに入るってのは、やっぱりまずいよねえ?」

ついに切り出した!

今にして思うと下心丸出しで、かなり恥ずかしい必死さだったと思う。

俺の提案に対して彼女は、そんな事考えもしなかった、みたいな顔でしばらく黙っていたが、

「うーん、別に寝るだけよね?変な事せんよね?」

こちらの思う方向に彼女は譲歩し始めてくれていた。

俺は冷静を装い

「うん、もう疲れて眠いし、2人でベッド使った方がお互い気を使わなくていいし」

みたいな、あまり道理は通ってないんだけど、この際いいか!みたいな事を言っていた。

結局、狭いビジネスホテルのシングルベッドに俺は23歳の女教師と2人で寝る事になった。

俺が彼女の横に潜入成功したのは既に日付も変わった午前零時過ぎ。

「じゃ、おやすみ。でもこれ絶対内緒だよ!生徒達にはコーチは別の部屋が取れたって事にしてるんだからね!」

「分かってるって!じゃ、おやすみ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。