雨で濡れている女子大生を車の乗せて

27歳の営業マンです。
営業で地方に行って車を走らせていたら突然豪雨になりワイパーを急速にして走っていると大きな木の下で若い女性が佇んでいて雨に濡れた様子なので車を寄せて「濡れているんですか、もし宜しければ乗りませんかと声をかけると「すみません」と言って助手台に乗り込んできました。
ブラウスがびしょぬれでブラジャーに張り付いていてスカートまで濡れているので後ろの座席の鞄に手を伸ばして鞄からハンカチを取り出して彼女に渡し、彼女はブラウスを拭いていましたがブラジャー間で濡れているようなので「急な雨でまともに振られたようですね」と言うと彼女は建物がなくしばらく走ったけど」と言い、靴も触れているようでした。

しばらく先にモーテルがあるのを知ってたので「しばらく行くとモートルガあるけどそこに入ってドライヤー等で乾かしたら」と言うと彼女は顔を赤らめ「いいですか」と言うので「私は構わないけど」と言うと彼女は「お願いします」と言うのでモーテルに車を乗り入れました。
部屋に入ると大きなダブルベットがあり、彼女は恥ずかしいのか俯いているので、私はドライヤーがあるのを確かめて、「ドレイヤーがあるし、脱いでシャワーしてこの寝間着を着た手乾かしたら」と言うと彼女は良くく室の前で衣類を脱いで浴室に入りシャワーをしているので、ソート彼女の下着を触ると下着まで濡れていました。

寝間着を着て部屋に備え付けられているドライヤーでブラウス、スカート、ブラジャーをベットの上に並べてドライヤーを吹き付けているのを眺めてると来ている襟元肩白い胸の膨らみが見え隠れしているのが見え私は「乾かしている間、シャワ-をしてくるね」声をかけて浴室に行きシャワーをし、寝間着姿で部屋に戻り、「だいぶ乾いたようだけどしばらくぶら下げていたほうがいいよ」と話しすと彼女はハンガーにつるして壁にかけ、私に並んでベットに腰掛けたので私は彼女の肩を抱き寄せると彼女は拒まないので口づけをすると彼女は私の下を受け入れて舌を絡ませていました。襟元を広げ形の良い乳房と乳首を手のひらと指先で愛撫し、

彼女の手を掴んでwいきり立っているペニスを握らせ、彼女の着ている裾を開いて膝や腿を触りそのまま彼女を後ろに倒して着物の紐を解き彼女の足の間に膝をわりいれて彼女の足に絡めて陰部を触ると下着をつけてなくおつゆが溢れいて、小粒のクリトリスを弄ったり中指を中にれたりしてると彼女は「アアー」と声をあげ体を震わせは立て姉妹、私は彼女の盛り上がっている胸を眺め陰部を眺めると陰毛は上の方に少しあるだけで割れ目の赤いのが濡れて光っていて、彼女の足元に体を入れていきり立っているペニスを割れ目に擦りつけ浅く4,5回ほど出し入れをしてから深く入れると彼女は「アアア、ウウウ」と声を漏らし出し入れを繰り返してるとおつゆが溢れてシーツがびしょびしょになり、彼女が逝きそうなので私は「出そうだけど、飲むか」と声をかけると彼女は肯くので、激しく抽送を繰り返し抜いて彼女の口に含ませて射精しました。

ゆきおさんからの投稿