農家の主婦とねんごろになった農業の指導員

26歳の独身です。
地で農家のハウス栽培の指導をしております。
昨年、この地区の担当になり、農家廻りをしていた際、ある家で年老いた両親の所に嫁いだ娘(32歳)が帰って来ていてご主人はサラリーマンで海外に単身赴任をしていて実家の手伝いをしていました。

3棟或るハウスは家から離れており、作物の育成状況を説明し、ハウスの中で一休みをしていて私が「ご主人と離れ離れで寂しいでしょ」と言うと彼女は「時々寂しさに襲われる時があります」と話し「先生は独身らしけど彼女は」と聞くので「今はいません」と答えると彼女は「じゃあ、先生も寂しんでしょ」と言うので「お互い寂しい同士慰めあいましょうか」と言うと彼女は顔を赤くし「先生は若い子がいんでしょ」と言うので「私は人妻に魅力を感じるけど」と話すと「まあーおじょうづ」と私を見つめるので私はむらむらしてきて彼女を抱き寄せると彼女は私に頭を持たせるので彼女の白いうなじに熱い息を吹きかけながら胸に触れても拒まないので口づけをすると受け入れて舌を絡ませていました。

Tシャツの裾から手を入れてブラジャを上にずらしふくよかな乳房を手のひらで包み込むようにし指先で乳首を揉んで伊rと彼女は私の股間を撫ぜているのでベルトを緩めていきり立っているのを取り出して彼女に握らせると硬くて長いわ」と呟き
私も彼女のお腹の所から下着の中に手を差し込んで秘部に指先を潜り込ませると彼女は足をヒラキヌルヌルに濡れていてコリコリしたクリを愛撫したりな旧日で中をまさぐったりしてるとおつゆが溢れてグチャグチャになり指をうが貸してるとピチャピチャ戸音を立て彼女は熱い吐息を漏らし目を堅く閉じて私のを扱いていました。

彼女に着ているものを脱がせ私も脱いで私は腰掛け彼女の腰を抱き寄せて後ろから挿入し、浅く出しれしたり奥深く突きあgたりしてると彼女は「アウン、アウン、アアアー、アア」と声をあげ「凄いわこんなこと初めて」と呟き、果てたようなので抱きかかえ彼女を私の膝に跨がせて舌から突くようにしながら胸を揉みあげ、片手でクリトススを責めると彼女は体を反らし「イイ、イイ死にそう」と言いながらぐったりしました。

けんじさんからの投稿