小さい頃に無理やり剥かれた体験

僕は幼稚園の頃、お医者さんでちんちんをズルムケにされてしまいました。その体験を書きたいと思います。

幼稚園のとき、僕は亀頭包皮炎をよく起こして近所の皮膚科に連れて行かれました。その頃は完全に皮かむりの状態で、カリのくびれた部分はまだ癒着していて、亀頭を全て露出させることはできませんでした。

ある日、またちんちんが炎症を起こしてしまい、いつものようにお医者さんに行くことになりました。これまで炎症を起こしたときは、お医者さんがゆっくりと皮を剥き、赤くなって痛痒い亀頭部分に軟膏のような薬を綿棒で塗ってくれ、そのまましばらくおとなしくしていれば数日で炎症が治っていました。今回も少し薬がしみるのを我慢すればすぐに終わるものと思っていました。

看護師さんに呼ばれ、診察室に入ると、ベッドに寝かされ、ズボンとパンツを下ろされました。そしてしばらくの間、医者は僕のちんちんをゆっくりと剥いたり、皮の様子を見たりしていました。

すると次の瞬間、今までに感じたことのないくらいのものすごい激痛がちんちんに走ったのです。なんとその医者は僕のちんちんを力いっぱい思いっきり根本まで剥き、癒着の一部を剥がしたのです。そしてさらにピンセットのようなもので一部剥けたところからグイグイと無理やり周りの癒着を剥がしていったのです。

銀色の硬い金属の棒が癒着する亀頭と皮をグイグイと剥がしていきます。医者が手を動かす度に、金属が亀頭部にめり込むように当たり、激痛が走ります。僕はあまりの痛みに泣き叫びました。現在でも今までの人生の中で味わった痛みの中で一番の痛みです。

さすがに痛みに耐えられず絶叫して暴れようとしましたが、看護師が2人がかりで僕を押さえつけているので手足は全く動かせません。激痛に号泣しながらも、ちんちんを見ると、既に癒着が8割ほど剥がされており、癒着を剥がした部分からはたくさんのチンカスが出てきていました。

医者は最後の癒着部分を剥がすと、脱脂綿とガーゼでチンカスを拭き取り、消毒液と軟膏を亀頭と皮に塗りたくりました。ここでまた僕は絶叫します。これまで癒着していた部分は無理やり剥がされたことで赤剥けになっているので、そこに薬がつくとものすごくしみるのです。

薬を塗り終えると、医者はズルムケにしたちんちんの皮をさっと被せました。しかし、強制的に癒着を剥がして皮を剥いたため、皮はもう亀頭の半分くらいまでしか被りませんでした。

ズボンを履き、待合室の親のところに戻っても僕はまだものすごく泣いていました。帰り道でも亀頭がほとんど露出してしまっているので、歩く度に亀頭がパンツに擦れて痛く、歩き方がとてもぎこちなくなってしまいました。

翌日になると痛みはだいぶ引きましたが、まだ痛く、自分でちんちんを確認してみると赤くかさぶたのようなものが包皮に環状にできていました。しばらくするとそのかさぶたは取れ、いつの間にか亀頭包皮炎の炎症も治っていましたが、その日以来、これまではちんちんの先端まで被っていた皮が、カリのちょっと上(この前まで癒着していたあたり)まで常に剥けた状態になっていることに気づきました。

しばらくは特に気にしていなかったのですが、幼稚園のプールのときの着替えの際などに、みんなとちんちんの形が違うことに気づくようになりました。友達はみんなまだ以前の僕のように普通に全体が包皮に覆われていて、自分のちんちんにはとても違和感がありました。

小学校に上がると、ちんちんが少しずつ成長して大きくなったからか、普通にしていても常にカリのところまで全て皮が剥けているズルムケの状態になっていました。がんばって皮を被せようとしても、自然と亀頭が全て剥けてくるようになってしまったのです。

小学校低学年の頃は周りも特に気にしていなかったのですが、高学年にもなってくると、みんなちんちんに興味を持つようになり、移動教室などでは毎回「むけちん」や「でかちん」などと友達からいじられるようになりすごく嫌でした。

今思えば、原因はわかりませんがあまりに亀頭包皮炎を繰り返していたので、事前に親と医者が相談して、癒着を剥がしてしまおうと決めいたようです。無理やりちんちんを剥かれた痛み、そして早くにズルムケとなって周りに冷やかされた体験も全部とてもトラウマになっています。20年以上経った今でもあの日のことは鮮明に覚えています。

早くちんちんを剥いただけでこんなに恥ずかしい思いをしなくてはならなかったことに本当に怒りを感じています。

駿さんからの投稿