健康診断の婦人科検診で感じちゃいました

健康診断のオプションで婦人科検診を受けた時のことです。
いつも予約をしている検診センターの予約が取れず、同系列のセンターで受診しました。

婦人科検診の先生は若い、医師になりたての雰囲気がある男性でした。
こんな若い先生にアソコを見られるのか、と思うと急に恥ずかしくなりました。

問診のあとに内診台へ移動し、検査着と下着を脱ぎ、内診台に座りました。
先生が「動かしますね」と言うと内診台がゆっくり動き出します。
下半身はカーテンの向こうへ。

カーテンが明るくなったので、ライトがつけられたんだな、と思いました。
先生が「触診から始めます」と言うと、ゴム手袋をした先生の指がアソコに入ってきました。
婦人科検診はクリニックでも受診をしたことがありますが、触診は指を入れてお腹を押す感じです。
でもこの時は違いました。

先生の指が出入りを繰り返したのです。
深く浅くを繰り返し、そのスピードも段々早くなりました。
内診室にはピチャピチャ厭らしい音が響きました。

イキそう!と思った瞬間に指が抜かれてしまいました。
声もずっと我慢していたので、不完全燃焼です。
先生はその後、クスコで私のアソコを広げました。
細胞採取をして婦人科検診は終了。
内診台から解放されたものの、アソコは疼いていました。

内診後は先生と顔を合わせることなく退室しました。
この出来事以来、内診の度に激しい指使いを思い出して濡れてしまいます。

まみさんからの投稿