義父に抱かれて、義父を愛してしまって…

私の産みの両親は、私が高校1年生の時に離婚して、母がすぐに再婚した義父がかわりに家にきました。母は中学の教員で夜中しか家には居ません。

義父はぶっちゃけるとヤクザさんで家に来た時からずっと無職なんですが、どういうわけかお金は持ってて、母も一応公務員で結構裕福な家庭です。高校生の時は、学校から帰るといつも義父は家に居て。だから義父と不倫の関係に落ちるのに3日くらいしかかかりませんでした(笑)義父は、おかあさんの前では「おとうさん」って呼んでるんですが、普段は名前で呼んでます。 (でもここでは一応父って書き方にしておきます)

父は、母が再婚する前の父とは元々知り合いで、家に何度か来たことがありました。どうして母と前の父が離婚したかは知りませんが、たぶん今の父が何かしたんだと思います。私も今の父を選んだ母と同じで昔のおとうさんは、あまり好きじゃなかったし正直どうでもよかった。でも普通は奥さんが出て行くはずだから絶対何かあったと思います。深くは考えないようにしますけど・・

さて、義父との関係ですが、義父は当時34歳くらいでしたが、実年齢より見た目は若く20代にしか見えませんでした。 いけないことかもしれませんが、家に来て1日くらした時から「カッコイイな」って思ってました。母は普段は仕事にでかけてるので、夕方〜夜までは父と私は一緒だったんですが、3日くらいたってからかな・・そのときは夏で私はテニス部だったので、部活が終わって汗だくで家に帰ってきてシャワー浴びてたんですが。父との同居生活はまだ短かったので、癖で浴室のドアに鍵もかけないでシャワー浴びてました。そのとき、いきなり父が脱衣所のところまで入ってきて、服を脱いだんです。

私はあせって「あのッ・・ちょっとまってください」って言ったのですが無視して脱ぎだしたので、メチャメチャあせって浴室と脱衣所の間の半透明のドアに鍵をかけました。父は普段もの静かなんですが、そのときはなぜか「おい!開けろ!何鍵かけてんだコラ」って乱暴な言い方で怒鳴ってきたんで、男の人に怒鳴られた事がなかった私はビックリして脚がすくんで動けなくなりました。1分くらいずっと怒鳴ってるので、言われるままに鍵を開けました。

そのまま無言で怖い顔で入ってきて、私は反泣きだったんですが、私の体を頭から足元までジロジロと見られたあとに、股間と胸を隠していた両手をつかまれました。父「毛薄いな、そってるのか?」いきなり、破廉恥な質問に男を知らなかった私の顔面は真っ赤になってしまいました。

目をあわせられなくて下にうつむいたのですが、そのとき初めて父のおちんちんが、勃起してるのに気が付きました。そのまま、脱衣所に引きずられるように連れて行かれて、バックでエッチしました。恐怖と混乱で必死だったので覚えていないんですが、怖くて気持ちよくなかったことは覚えています。

中に出されて放心状態のまま倒れこんで、そのまま母と父の寝室に連れて行かれました。裸のまま横幅の広いダブルベッドの中央に投げ込まれ、そこのシーツの肌触りと初めて全裸のままベッドに横たわったときの、空気の肌触りというか涼しさに、それまで現実味がなかった出来事が本当のことなんだと頭で理解できました。私は父のほうを見て、父の全裸の姿をそのとき初めて直視しました。思ってたよりもすごく筋肉質で服を着ているときより肌が黒かったと思いました。

そのまま父は襲い掛かるように、掛け布団もないベッドの上にいる私に向かって覆いかぶさってきて、私「嫌っ、嫌っ、やめてください!」と抵抗したんですが、顔を手のひらで一発パーンとビンタされ、そのまま抵抗をやめました。私は処女ではなかったんですが、そのときの丁度1週間くらい前が貫通記念日だったので、心臓の鼓動がすごく早くなりました。肌をしばらく擦れあわせて唇を舌まで奪われたあとに、強引に四つん這いにされて、バックから貫かれました。すごい破壊的におっきなアレがずぶずぶと入ってきて、私はすぐにいってしまいました。

脱衣所でやられたときは感じなかったのですが、そのときは何故かあそこが濡れてて思いっきりつっこまれ、子宮が痛くなるくらいガンガン突かれて、喘ぎ声もでました。父は絶倫で、さっき出したのに、5分もたたないうちに勃起してて・・アレの大きさも尋常じゃなくて、太くて長くて大きくて、いぼいぼがありました。(あとから聞いた話では真珠を入れてるらしかった)しかもベッドの上2回目の射精までしました。母の帰宅時間は7時なんですが、それから6時くらいまで5時間くらいの間、何度もいかされてエッチしました。

最初の何日かは苦痛でしかなかったのですが、いつのまにか父とは毎日セックスするようになり、どういうわけか私は父を好きになっていきました。最初は中に出していたのですが、さすがに避妊はさせられました。ピルを飲まされてたから中だしには変わりなかったんですが(笑)そういう生活が続いて1年くらいしたときに、完全に避妊しているはずだったんですが体調がすごくわるくなって、生理ももともと不規則な感じだったので気が付かなかったのですが、病院にいって妊娠していることがわかりました。父にも母にも言えず、それを知った私は現実逃避したりリストカットをしたり登校拒否になって教師から心配されたり、最悪なのにはマラソンで死ぬほど早くはしって、「もし本当に妊娠してたら流産してるもの」って現実逃避して気をまぎらわせたり、「妊娠してたらもっとお腹大きくなってるし」と自己暗示をかけるようにまでなりました。

でも時間はどんどん無常にもすぎていき、お腹はそれほど目立たなかったのですが乳首が黒ずんだり、体のラインが変わったりと、さすがにセックスしている途中で父には気がつかれました。信じられない話ですが、妊娠6ヶ月くらいまで私はお腹の中に赤ちゃんを孕んでました。「父はおかあさんと離婚して、私と結婚してもいい」って言ってくれたりしましたが、私は母を裏切る事なんてできなかったです。結局、毎日悩んで、学校も半年休業して、父には毎日抱かれ、母には毎日必死な思いで妊娠を隠して、精神的に壊れてしまって、結局それが原因なのかわかりませんが自宅で流産しました。流産した赤ちゃんは、足がつく前に父が焼こうとしたんですが、私はそれだけはできなくて、父の目を盗んで流産した赤ちゃんを埋めて、お墓まで建てました。

大学に入った、いまでもそのときのトラウマはひきずって、義父には相変わらず抱かれて、それでも義父を愛してしまって、母が帰ってくるのがうっとおしくなったり義父のヤクザの組織の慰安旅行につれていかれて命令されて他の男とセックスさせられたり、母を慕う裏で、心のどこかで父が母と離婚して早く私と結婚してほしいとかジレンマの日々は今でもつづいています。フィクションだと取ってもらってもいいです。書けば少しは気が晴れると思って書きました。