甘えてみたい願望の人妻を調教

いつもの掲示板に近くの人妻からメールが来た。内容は、甘えてみたい願望を叶えたいと。

・・・・・・・・はじめまして!「R」です。33歳主婦してます。

Kさんの自己紹介を読んで共感できるものがあったので、メールしました。主人は私より一つ年下。姉さん女房として普段頑張ってます。

でも、最近ちょっとお疲れ・・・私の気持ちに変化が。といっても、主人への愛情が無くなったとか、そういうのではなく、年上の人に甘えたいな〜って気持ちが出てきました。自己紹介!身長155cm(低めなので、背の高い人に憧れるな〜)体重普通か、少し細目(だと思います)顔は、キレイよりも、かわいい系だと思いますといって、すご〜くかわいいかどうかは???(普通です)性格おっとりマメな人が好きです。寂しがりやなので・・・メールからよろしくお願いします!(返事くるといいな・・・)・・・・・・・・・

私の好きな感じの女性だと思えたのと、甘えたいのの本音は良く分かるので、早速メールを送った。33歳・・・女性として一番素敵な時で、心身のバランスが一番素敵な時。・・・・・・・・

33歳になって、「年とったな〜(>_<)10代、20代の子が羨ましい・・・」って思ってたんだけど、「一番素敵な時・・・」って言ってもらえて、嬉しかったな!(本当にそう思われます?それと、Kさんは女性の扱いに慣れてらっしゃるんですか?(ごめんなさい!すごくストレートな聞き方をして。)・・・・・・・・彼女に写真を送ってから、嫌いなタイプでなければお茶をと誘ってみた。2日メールが来なかったが、3日目に彼女からメールが来た。

・・・・・・・・返事遅くなってゴメンなさい!実はお返事しようか悩んでたんですKさんのメールや写真を見て「素敵な人!」って思いました!でも、こんな素敵な人だったらOOOOで募集しなくても、周りにた〜くさん女の子がいるんじゃないかな?なんて・・・あと、私なんか相手にしてもらえるのかな?とか考えちゃって・・・

O日ですか?空いてるけど、そんなに早く会って食事とか・・・いいのかな?Kさんはすぐに会うのって怖くない?(^_^;)(会ってからこれからのお付き合いをどうするか決める方なのかな?主人は私より一つ年下なんです。それで普段主人に頼られてるというか、甘えられてる状態なので、今度は私がすご〜く誰かに甘えたい!頼りたい!って気持ちがあって・・・何もかも受け止めてくれそうな年上の方がいいな!って思ってメールしました!実際会ってお話した方がお互いの事分かるかもだね・・・

Kさんの写真見たけど、とっても若く見えましたよ!・・・・・・・・・待ち合わせは、彼女の指定の駐車場で、彼女の休みの昼に決まった。でも、彼女からは不安をなくす為のメールが続く。

・・・・・・・・・そうだね!私、いろんな意味でスゴい!って思える人とお付き合いしたいって思ってるから…Kさんがそうならいいな…Kさん…怪しい人じゃないよね〜失礼な事言って悪いな〜って思うんだけど…心配で。そう?ホッ!あと…いきなりホテルとかないよね…大丈夫だよね?甘えさせてくれる!寂しくさせない!頼れる!面白い!Hの相性がいい!時々プレゼントしてくれる…なんて!私の色んな欲求を満たしてくれるスーパーマン!贅沢言い過ぎだねRはそんなにいい女なのか?って怒られちゃう!・・・・・・・・・・

甘えたの人妻から、来週月曜日に初デートを前に、不安のメールが来た。・・・・・・・・私、KさんがOOOOに書いてある事読んでいいな〜って興味持ったんだ!でも来週会うことになってるのにKさんのこと殆ど知らなくて…本当に会っていいのかな?って不安Kさんは私に何も質問してくれないし…興味ないよね?会わないでサヨナラした方がいいですよね?縁がなかったのかな…・・・・・・・・

拗ねているので、メールを送り返すと急にまた態度が変わる。可愛い人妻。・・・・・・・

そうなんだ…分かったよ!Kさんは好きな食べ物何かな?今度一緒に何食べる?Rはね…和食がいいなお刺身や天麩羅が入ってる様な、幕の内っぽいのが好きだな!私も楽しみにしてるね・・・・・・・さて、週明けの初対面が楽しみ。甘えたの人妻との待ち合わせの日の朝に、彼女からドタキャンのメールが入った。

やはり不安なので、途中で引き返すとのメールだった。私は、メールを送り返すと、彼女から返事は直ぐに来た。・・・・・・・

そうなの?もう少し早く聞きたかった…Rの事全然気に掛けてもらえてないと思ってたから。ゴメンね。お仕事頑張って下さい!今日はもう会えないよ今からだと待ち合わせ場所まで大分時間かかるし…会うまでにもう少しお互いを知ってた方がいいよ。Kさんが言ってた事も分かるけど。

私、ドタキャンしてるし、すごくわがまま言ってるの分かるけど、これで終わりにするのか、もう少し続けるのか…Kさんの気持ち次第だよ…・・・・・・・・聞いてみると、彼女は車で1時間以上かかる場所からだった。彼女から電話しても良いと聞いてきたので、電話で話すと安心して遅れたが時間もないので、私が近くまで行くのでお茶をする事に決まった。

私が先に待ち合わせの喫茶で待っていると、彼女は遅れてやってきた。彼女は、爽やかな明るい人妻だった。スタイルもスリムで、最初の緊張は直ぐに解けて、彼女の笑顔で話は進んだ。

ここで彼女から、時間がまだあるので公園でもドライブに連れて行って欲しいと。早速、車で彼女知っている静かな溜池のある公園に行き、ベンチに座って直ぐに唇を近づけると、彼女は直ぐに重ねてきた。彼女は、キスが好きなのは直ぐに分かった。

暫く話をしていたが、寒くなったのでホテルで腕枕をしようと、彼女が求めている甘えて包み込んで欲しい願望を叶えてあげようと言うと、今日は生理で体調が悪いと言うので、腕枕だけでも良いよと誘った。彼女は、笑顔で頷き車でホテルに。ホテルに着くと直ぐに彼女にシャワーを浴びさせると、素直にバスタオル1枚出てきた。

「汚れるよ」と言葉が出てので、彼女は抱かれる気になっている。私も浴びてからベッドに入り、抱き合って腕枕をしながらゆっくりとキスを繰り返した。年下の旦那が甘えさせて貰えない欲望を、私に求めてくる。

キスを繰り返すうちに彼女は上に乗り、キスを更に繰り返す。首から乳首にキスを這わせ始めると、彼女は喘ぎながら目を閉じて体を反らせながら感じている。彼女のお尻を触ると、綺麗な厚みのある肉感を楽しむ。

そしてクリに指を這わせると、彼女の手が動きを止めようとする。「汚れるから・・・」と。「大丈夫だよ」と言いながら、指を這わせると薄い陰毛から小さなクリがしっかりと濡れて触れてきた。

私の肉棒も彼女に触らせると、根元から擦り続けて息が更に荒くなる。彼女に咥えてくれる様に促すと、彼女は潜り込みカリに舌を絡ませて、竿に唇を滑らせてくる。流石に人妻・・・・

暫くは、彼女の技術を集中して頂きながら、彼女の口から漏れる卑猥な音を楽しむ。余り彼女の時間がないので、彼女の脚を開かせて肉棒を突き刺す。小さな割れ目は、肉棒の硬さに抵抗をしながらも包み込む。

奥まで突き進むと、彼女はあっと言う間に、「逝く、逝く、逝く」と逝ってしまった。後は、彼女の口から「凄い、感じる」が繰り返され、「もう許して、お願い」と叫びだしたので、彼女の中どくんどくんと大量のザーメンを注いだ。慌しく彼女が子供を迎えに行く時間だったので、シャワーを浴びる。

シーツには、真っ赤な血と、べっとりとザーメンの後が。彼女を喫茶に降ろして、帰りにメールを打つと直ぐに返事が来た。・・・・・・

ギリギリセーフでした会うのやめましょう…って一度断った相手と会うことになって、あんな風になるなんて…自分でもビックリしてるよでもちょっと強引な所が良かったかな…って一緒に居て楽しかったよ!Kさんにだったら甘えれるな・・・・・・・月末の2回目はゆっくりと・・・・本領を発揮しようと思う。・・・・・・・

昨日は素敵な時間ありがとうございました昨日は私のせいで行けなかったから…美味しいランチに連れていってね!誘ってもらえて嬉しいなKさんはどうだったかな?遠くOOまで足を延ばした事後悔してませんか?私はね、Kさんがすごい人すぎて緊張しちゃったよRは、猫は猫でも血統書なんて付いてないからね!黒猫か白猫!?ってとこかな相変わらず短いメールだね!Kさんにメール苦手だって聞いてなかったら、ずっと誤解したままだったよ返事が来たからヨシとするか・・・・・・・・・・