熱い男根を舐め込む子持ちの母

今から 数年前 子持ち(小学3年生の女の子)の母(26歳)と 約1年付き合いました。めくるめく禁断の性生活(実話)を報告しようかと。母、ユミ(仮名)は 164?ECup、58、86、髪は 長く その店(クラブ)では 指名しても 20分が いいとこの BoA+マライア並の美貌に ヘロヘロに なってました。

ある日 指名が重なりトラブり 他の客に絡まれ 乱闘に なりかけました。オレは 少し殴られましたが 黙っていました。飲み代は ただになり 控室で ユミがマキロンで 手当てしてくれ 「ゴメンね!」と 泣きながら 顔中にキスしてくれました。 身体のラインがでるストレッチボディコンで、そんな状況に 「ダメだこりゃ!付き合ってくれ!」チンコは ボッキ状態 頭はクラクラ 思わず口走ってました。口元から 血が垂れ ユミは舌で 舐めとり「いいよ! 2時に 終わるから」 「明日 仕事でしょ?私が 行くから 鍵開けててね」 何やら 疲れてアパートに帰り 「どうせ来ないだろな〜」3時になり、眠ってしまいました。

ガチャ、半ボケで 起きれない。ユミ「フフ!」 眼を 半開きが 精一杯でした。 補食的な笑みを浮かべながら ベットの中の足に 触れ、すね毛だらけのふくらはぎに 指?いや ヌメヌメした 舌が 蛞蝓の様に這って 頭の中に電気が 走りました。脚を ゆっくり拡げられ 太腿の内側を ヌメヌメと進んで来る。 「アウィ!」恥ずかしさと初めての快感に(♂だけど)身をよじり オレは俯せになってしまいました。「ウフフッ 逃がさないよ」 下は短パンだけです。また膝の内側から ユミの舌が 内股に はい上がって来ました。快感と睡魔に 半ボケのままです。短パンの足口から マニキュアの指が 入り 尻タブを なぞり身体が ビクビクしました。暫くいたぶられアナルを 指の腹と 尖った爪で ゆっくり 時々 爪を立て 快感の渦に。 あまりの快感に 尻をつきあげてしまい ユミは 堅くなったチンコを 短パンの中で シゴキはじめました。 

「気持ちイイでちゅネ〜」ユミは 子供を扱うごとく 「ヌギヌギしましょうね」シゴかれながら短パンを アナル丸だしで 四つん這い状態です。ユミは アナルに舌を這わせて来ました。温かくヌメヌメの舌が アナル周りを這い 尖らせて中に 入って来ました。既に シゴかれ続けのチンコからは 我慢汁が垂れ アナルから「ヌチュッ!ヌチュッ!」玉は モミモミ状態です たまらず 「クゥッ!」舌を抜き ユミ「あは〜ん カワイイ〜!おちんちん出ちゃいまちゅか〜?」仰向けにされ ベットの縁で ユミはアナルに指を 入れ 先っぽ汁を舐めあげ 口紅の中に 熱い男根を舐め込みました。