ヤリサー、ヤリマン

今日大学のサークルに出ようと思って部屋のドアに手を掛けた。 ドアには何の意味があるのかわからんが、小さい小窓がついていて 部屋をのぞけるようになっている。いつもはそんなところから部屋を 覗いたりしないんだが、部屋の前まできた時に彼女の笑い声が聞こえた ので、気になってその小窓から部屋を覗くと、奥のソファにズボンの チャックから太いチンポをおったてている先輩と上は小さめのブらだけで むっちりと谷間をつくって、上半身半裸まがいの彼女が座っていた・・・ 俺は唖然としたが、なぜか勃起し経過をみまもることにした。 

そのうち先輩が彼女のFカップのブラからポロンと乳を取り出し、 ○菜のオッパイってほんとでかいよなぁ!!前から触ってみたかったんだ よといって、鷲ずかみにし揉みだした。。。彼女は「先輩もう揉むだけですよ、もうすぐサークルの皆きちゃうし それに○明(俺)だって、来るんだからぁ」といって先輩にそれ以上は しないように促していたんだけど、当然先輩はそんなことには おかまいなしで、「わかってるよ、わかってるけど○菜のこんなデカパイ 、揉むだけじゃやっぱ我慢できないわ、俺ちょっとだけ吸っていい?」 とかいいだし、ムンズと揉みながら片方だけでている○菜のオッパイを 赤ん坊のように吸い出した。先輩は165と背が低いので、 ○菜(158センチ)の乳に吸いついているその姿は大きなくなった 中学生が女子大生の乳に吸いつているというような感じで異常な 光景だった・・・

先輩がチュウチュウチュウとほんとの赤ん坊のように○菜の乳を吸っていると 最初はちょっと戸惑い気味だった○菜も「あっ・・・」とかって 声を出し始め、先輩も○菜もなんだかんだいって感じてるんじゃんと ブラの中に収まっていたもう片方の乳もポロンと露出させ乳首を指で 転がしはじめた・・・「あっ・・・せん・・せんぱい」と春菜の声も 段段でかくなっていった。あぁ○菜のオッパイマジ最高!!○明うらやましいよ・・・・ そう言いながら先輩は揉んでは舐め揉んでは舐め、両方の乳を 寄せて顔を挟んでパフパフパフと、春菜のオッパイをおもちゃの ようにしていた。○菜もだいぶ大きな声をだしていて、自分でも きずいたのか「もう先輩十分でしょ?やめてくださいこれ以上は 嘘吐きでよ先輩、今日は話するだけっていってたのにぃ・・・・」 すると先輩はそんなこといったってしかたないだろこんなデカイ乳 みたことないし、俺今まで巨乳の女の子とやったことなくてさ、 すっげぇ興奮してんだよね。

それに誘ってきたのは○菜の方じゃん。 といって、ま春菜の乳を揉みだした。。 誘ったのは○菜?俺はどういうことかわからなくなったが、 それでもまだ勃起してパンツの中がちょっと湿っているような 気がした・・・10分くらいだった頃だろうか、俺はふと我にかえった。サークルの 部屋のドアの前でたちつくしている俺の後ろを多くの学生が通り過ぎて 行く。何をやっているんだろう?俺は。しかしまたドアの小窓から中を 覗くとM先輩が○菜の巨乳に吸い付いている。チューチューチューと 吸っては揉み吸っては揉み、そして最初は戸惑っていた○菜もなんと 先輩に抱きつくようなカッコになっている。そのうち先輩の手は○菜の スカートに伸びていった。○菜はさすがにいやがり「ダメですよ〜M先輩、 それはマジ無理!それだけは我慢してぇ・・・・」するとM先輩は「えぇ〜 なんで?さっきもいったけど今日誘ってきたのは○菜の方じゃん?」と言い また乳を揉み出した。○菜は「でも、それは先輩の勘違いすよ〜もうお願い だから、今日は上だけで止めてくださいよ〜」といって、M先輩を退けようと したが、M先輩は一向にやめようとせず、片方の手で乳を揉み片方の手は ○菜のスカートの中にどんどん手を入れていっていた・・・

M先輩の手が○菜の太ももにいやらしくかかり撫で回し、スット スカートの中に入り、さらにはその奥まで入っているようだった。 M先輩はニヤっとすると「やべぇ、俺○菜の大事なとこパンティの 上からだけど、さわちゃってるよぉ・・○菜はどう?」すると○菜は 相変わらずやめてくだいの一点張り。M先輩は○菜まだそんなこと いってんのかよ〜、そんなこと言ってるともっと気持ち良くしちゃう ぞといって、どうやらパンツの中に直接手を入れ、直に○菜のオマン コを触っているようだった。そうなってくるとさすがに○菜もさっき みたいな抵抗は段段なくなり言葉だけで止めてぇ・・・先輩お願い・・ とかなんとか言っているようになり。先輩の手マンの動きが益々激しく なるにつれて、喘ぎ声にもにたような声に変わっていった。」なんだよ○菜やっぱりおまえはHな女なんだなぁ、お前さこの前 ○本とここでヤッテたべ?俺みちゃったんだよねぇ。そんでさその 後○本にその話ししたら、○菜はすぐやらせるって言ってた、それで 二人で話してちょっとくどきっぽいこといったらそのうち○菜の方が 油断して、もうヒト押しすれば誰でも絶対ヤレるよあの女はとかって ○本がいってたから俺も試してみたんだけど、やっぱホントだったわ。

付き合ってる○明にはかわいそうだけど、今○菜の乳とマンコは俺の もんだからな!と言い一層激しく乳揉みと手マンを激しくしていくの だった。それを言われた○菜は「そんなの嘘ですよ・・・あっ・・・・・ あっ・・・やん」と言い否定も肯定もせず、もうM先輩のなすがまま になっていった○本というのはM先輩同様に先輩であり、これがまたうだつの あがらない人なのである。というよりもうちのサークルでは俺が 一番マシな顔と身なりをしていると思う。今年卒業していった先輩 の中にはカッコ良い人もいたのだが、俺らの一っこうえの世代の男子は ほんとに不作。そんな男になんで俺の彼女が、よりによって二人の男に もてあそばれている?もてあそんでいるのかもしれないが、、。 あぁ最悪だ。これが寝取られるという気分なのかと思って再び小窓に 視線をやると○菜の手がM先輩の極太チンポに伸びてゆっくり上下に 動いているではないか!M先輩は「あぁ…マジいい・・・もっとゆっくり 動かして・・」と言いながら乳首を舌でコロコロ転がしていた。

○菜は 先輩の指示通りに速度をさらに緩めた。先輩のチンポの先からはほのかに 汁がでていた・・・○菜!マジいい・・・上手いよ・・・マジ上手い・・・○明にもこんな 風にやってやってるのか?とM先輩がほんとに苦しそうに聞くと、○菜は やってますよぉ・・でもアッキー(俺)のオチンチン小さいから・・・M 先輩のコレみるとすっごい興奮しちゃって・・・。M先輩はあぁそっかぁ ○明ってチンコ小さいモンなその上あいつ被ってるべ?前合宿行って温泉 入った時皆のチンコみたけど、○明一番小さかったもんなぁ。といって 乳を揉み出し、おぉ○菜、今度は口でやってくれよ、そのあとパイズリもな !といって乳を吸った・・・

○菜は「こんなおっきぃの口に入るかな」といってM先輩のチンコを みつめていると、M先輩は○菜の頭を押さえつけて無理やりチンコの 前にもっていくと、あっさり○菜は先輩のチンポをぱくっと咥えた。。 ジュボジュボジュボジュボジュ・・・ペロペロペロ・・とイヤらしい 音が部屋中に響き、M先輩は「あぁ・・○菜最高・・・いいよ・・・ああ」 と言い気持ちいい表情をすると○菜の動きがどんどん激しくなり、M先輩は あっ・・やべやべ・・やべ・・・ちょっとイキそうだから・・・マンコでイキ たいからちょっとやめてというと、○菜はすぐに手と口の動きを止めた。 先輩は○菜をソファに座らせまたパンツの上から指でマンコをちょっといじる とすぐにパンツを脱がせ・・・マンコをペロペロと舐めだし・・・激しいクンニ をしだした・・・すげぇ○菜のマンコグショグショだよ。もうちょっとしたら 俺の太いチンコいれてやるかなら・・・と言いクリトリスに吸い付いた・・ ○菜はアッ・・・イイ・・・・アアアア・・イヤ〜ン・・・あは・・・・・ クリもぉ・・・いい・・・・M・・せ・・・・あん・・・早く…チンポ・・ いれてぇ・・・とせがんでいた。。。 

M先輩はおまえほんとエロい女だよなといい、ズボンを脱ぎ・・・もうギンギン になっているチンポを○菜のマンコにあてがったヌチュヌチュ・・・という音をたててM先輩の太いチンポが ○菜のマンコに入っていった。ヌチュンヌチュンヌチュン・・・ アン…アン。・・おっきぃ…先輩のチンコ太い・・・・・あん・・・ イイ・・・あん・・・・。俺も気持ちイイよ、・・ズンズンズン・・ ヌチュヌチュン・・・○菜のマンコいいよぉ・・・ああ・・いい・・ ちょっと体位変えようといい、対面座位のようなカッコになり先輩は 自分の目の前にきたおっぱいに激しく吸い付いた。俺は○菜のデカパイ 揉んだり吸ったりしながらやりたかったんだよ、あぁ幸せ・・・チュー チューチュー・・・ヌチュヌチュンンヌチュ・・。○菜はもう!先輩ほんと にオッパイ聖人なんだからぁ・・・あん・・・・いい・・・もっと吸って ・・あん・・・・・といいもうやることに夢中だった・・・それからまたさらに先輩は体位を変え今度は機上位になった。M先輩の 太いチンポでガンガンにつかれると、○菜のデカパイはもうすごい勢いで プルンプルンと揺れ、それをみたM先輩が○菜オッパイ!というと態勢を 前にし、M先輩の口元にオッパイを持っていくとM先輩はすごい勢いで乳 を吸出し、あぁ最高・・・・ほんとにいいよ・・・パイもマンコもマジ最高 ・・・お前俺と付き合えよ・・・。

○菜は・・・あんあん・・・いい・・・ あは〜ん・・・あ・っ・・・で・・・もアッキーにわ・・・るい・・・よぉ というと先輩は、でも俺のチンコの方がいいだろ?あっ?どうなんだよ?おら オラもっとオッパイ吸わせろ!と○菜に迫ると…○菜は・・・・で・・いい あっ・・あっ・・・・つ・・きあうのは・・・あっ・・・、むり・・です・・すると先輩は・・・じゃぁセフレはどうだ?こうやってたまにここで俺にやらせ んのは?というと○菜は、・・・わ・・・あっ・・・・かんない・・あっ・・・・ 。そんなやりとりがずいぶん続いて、M先輩がついに、・・・ヤベ・・イキソウ・・ このままイッテもいいよな?というと○菜は、それは・・・あっあっ・・・・・ む・・り・・だめぇ〜ん・・・・・といったがM先輩は、激しく突き出し、そんな のこっちがむりんんだよ!だすぞだずぞ〜!!だすぞ〜!!といって そのまま中に出した・・・ 先輩はもう満足といったような表情で、またオッパイを触り出したかと思うと またやろうな!!皆そろそろくるから早く服ようぜと○菜に促した。 ○菜は、もう先輩!中に出しちゃってぇ・・・といいながら服を着ていった。

一部始終を見え終えて俺は結局その日はサークルに行かなかった。 二人が服を着終わるのと同時くらいに俺の肩を友人の○野が叩いた ので俺はオウ!といい、○野の部屋はいんねぇの?という問いかけに も答えず、走ってその場からたちさり、トイレに行ってさっきの出来事 を問い詰めオナニーをした。 そしてその夜彼女に今日見た出来事を全部話すと安の上彼女は泣き出し 謝罪してきたので、俺は無理やり彼女を脱がし、付き合ってから今まで で一番激しいセックスをし、3回程中だしをした。 妊娠しているかどうかはまだわからない。 妊娠していたとしても、していなかったにしてもまだこれから先のことは わかりません。