入院したら…同級生が看護師になってて射精の世話してくれた

仕事が忙しくて放置したヘルニアが、悪化して緊急入院した時の話。そこで中高の時の同級生が看護士で働いていた。

向こうは苗字が変わってたけどね。名前は小百合。中学では同じ部活で仲は良かったけど、高校に入ってからは挨拶程度の関係。

それにしても、ヘルニアは痛い。閃光が走るような痛みを感じる時もある。なんとかあがいて、トイレに行こうと思ったけどやっぱり無理。

あがく俺を見て「K、バカじゃないの?昔から変わってないね」Kって、俺のことね。患者を呼び捨てにする小百合は、笑いながらたしなめてくる。

厨二病だった頃の俺の恥ずかしい昔話を、後輩看護士にして立場のなくなる俺。小百合とは特にされたくないけど、担当になる日は大小でお世話になった。こっちは恥ずかしいけど、向こうはなれたもの。

スレチだけど、痛み止めの座薬を入れる為に、四つん這いになるのも死にたいくらい恥ずかしい。女の子にバックしようとすると、恥ずかしがる気持ちが判った。小百合は尿瓶も上手く使えない俺のチンコ握ってくる。

冷たい手と細い指に、不覚にも勃起…。無言で躊躇する俺に、小百合は「仕方ないよ」と申し訳なさそうに声を掛けてくれた。

でも、馴れって怖いもので、二日後には「よろしく」と、お任せ状態。遊び心が出てきたの小百合も一緒で、シコシコと握って遊んでくれることもあった。そして、半立ちになると終わり…。

人のいる前では、小百合のことを、「Hさん」とバッヂに書いてある今の苗字で呼んだ。でも、他の看護士や先生がいない時は、昔のように「Y」と小百合の旧姓を呼び捨てにしてしまう。忙しい仕事から、入院生活すると時間が全く過ぎない。

TVはすぐに飽きた。とにかく暇なので、日中はずっと本を読む。寝る、寝返りで激痛、起きる。これの繰り返し。

夜もあんまり寝れない。医者はとりあえず経過を診ようと、何もしてくれない。実際、検査では特に異状がないらしい。

小百合は暇な夜勤の当直の日に話しをしにきくれた。ほんとはダメなんだろうけど、ロビーで長話。お互い遠くの地元から出てから10年近く音信不通だったので、話は止まらなかった。

なんでも聞いてるうちに尿瓶の話になった。「すぐ逝く人もいるのにね」「そいつは早漏なんじゃない?Yが下手だからいかないよ」

「この手で何人もイカしてきたんだよ」自慢するように右手を上下に動かす。「人妻だろ。そんなこと言っていいのかよ」

「看護士なんて、みんなそうだよ。精子なんてたくさん見すぎてるよ」そのうち、学生の頃に誰が好きだったか、ぶっちゃけトークになった。

小百合の顔面偏差は学年でもかなり上位だった。細身で胸はCくらいかな。腰はくびれていて、バランスは良かった。

成績も良く、清楚系。優しいし、少し小悪魔。俺はフツメンだったから、同じ部活というだけで違うクラスの高嶺の花的な小百合と話せる事は当時ステータスだった。

廊下で小百合から声を掛けられると、一緒にいた連れから「あいつと知り合いなの?」と羨ましがられることもあった。俺は別の子が好きだったので対象外だったけど、夜中の昔話って余裕が出てくる。

「Yのことも、2番目に好きだったよ」すでに人妻の小百合。俺は何も出来ないので、簡単にこういうセリフが出る。

「え〜、言ってくれれば付き合ったのに」うふふ〜みたいな感じで、小百合も軽くかわす。小百合は中学も高校も時代から、彼氏いない時期の方が少ない子だった。

中学から高校まで3人しか付き合ってないから、一回の付き合う期間は長かったと思う。地元を遠く離れて偶然に会えて、アイツは会社を立ち上げたとか、今でも誰それはフリーターだとか、話は盛り上がっていた。最初は紹介程度に話した自分達の近況も、そのうちに詳しく話すようになる訳で。

小百合は結婚して旦那の都合で、この病院で勤務していた。結婚二年目で子なし。夜勤があって土日祝日盆暮れ関係なしの小百合とは、最近はすれ違いも多いようだ。

旦那の方が稼ぎが少ないとか、このくらいの愚痴ならよくあること。「うん、うん」と聞いていた。さらに話が進むと、どうも愚痴では済まないようなことになってきた。

小百合の金を借りて休日はパチンコ三昧。自分の車は勝手にローン組んで買い換える。仕事も頑張っている様子もない。

遅く帰ってくるけど残業をしてる訳ではないようだ。何しているか、分からないような状態らしい。子供もできる予定はないとか。

小百合は、レスか…。ナース服の上からでも、くびれの解る腰。濃い色の透ける下着のラインを見ていると少し勃ってきた。

イタズラっぽく笑う小百合。気付かれてる。23時を回っていたと思う。

「もう、部屋に戻ろうか」車椅子で押されて、部屋に戻った。翌日は手術かどうか話をされた。

しばらくしたら、治るかもしれないし、精神的なものかもしれないとも言われた。仕事は山場を迎えている。どうしても現場に出ないと行けない日があった。

現場監督のような仕事で、資格の都合、俺がとにかく現場にいればいい。「Kさん、私は止めましたよ」と、先生から言われる。

多めに痛み止めを渡される。大人になって初めてオムツを履くことにした。翌日、改造手術をおえた俺は先生に呼び出された。

そこではじめて自分の使命を知ることとなる。小百合の笑顔、そういうことか。現場での俺の活躍は瞬く間に広がる。

はじめは悪くは無かったが次第に変化に気づく。先生が止めたのはこういうことか。どこから聞きつけたのか、悪の秘密結社も近頃よく現れる。

俺は全てのバランスを崩してしまったようだ。履かせてくれる看護士は、黙ったまま。同僚に車椅子に乗せられ、現場に到着。

仕事は先輩や同僚がほとんど進めていたので、俺はいるだけで無事に終わった。それから不思議なもので病院に戻って数日休んでいたら、痛みは引いてくる。本当に精神的なものだったかもしれない。

そのうち急患が入ったとかで、ベッドの入れ替えがあった。近いうちに確実に退院できる俺を空いた個室に入れたいらしい。病院の都合なので、料金は変わらないと説明があった。

「明後日、退院だね」昼に時間の空いた小百合が訪ねてきた。いつものように、すぐに雑談。

「Yって、ほんと男運ないよな」「そうだよね(笑)」みたいな感じで昔話。

小百合は中学の時の彼氏とは最後までしなかったけど、非処女確定みたいに扱われていた。最後までしなかったことは、その彼氏からも確認している。次に高校の時に出来た彼氏は、なんでも話すタイプ。

まだDTで、付き合う前に小百合が処女かどうか聞いて周り、付き合ったあとは小百合とのセックスを事細かに自慢していた。どこのホテルはいいとか、バックは声がでるなど。そのうちに、「小百合とは飽きた。他の女とやりたい、誰か交換しないか」

と周りに聞こえる声で話すようなやつだった。男子の間で小百合はビッチ呼ばわりされたが、小百合は大らかというか、いつも優しい笑顔で気にしていなかった。大学時代は知らないけど、今の旦那もダメ男。

入院中に俺が仕事で病院を出た話になる。「ちょっとKのこと、応援したくなったよ」無理して欲しくないけどさ、旦那もあれだけ仕事してくれないかなぁと、ぼやく小百合。

そんな話をしていたら、座薬を入れるからズボン下ろすように言われた。もう痛み止めは必要ないはずだけど、従うことに慣れた日々だったので疑うことなく、四つん這いになる。小百合は、ズボンをさらに下ろし躊躇なく俺のチンコを掴むと、そのまま扱いてくれた。

従うだけの生活は怖いもので、しばらくは小百合が何してくれてるか分からなかった。本当に座薬を入れるのだと思っていた。でも、座薬を入れる様子もなく、ずっとしごいてくる小百合の方を見ると、フッと優しい笑顔で、返してくれた。

ドキッとして、一気に固くなる。「ねえ、溜まってるよ。Kって、昔っからガマンばかりしてるからね」「こら、やめろよ」

「大丈夫だよ。患者が出すことってよくあるから」全くやめる気がない小百合。それにしても、四つん這いで手コキなんて初めてだ。

牛の乳搾りされてる気分。一週間近く溜めたことは初めてだったのですぐにカウバーがダラダラと垂れてくる。こぼれる前に、すくって亀頭に塗る。

何度か繰り返すと、根元までヌルヌルになっていた。「もう、ガチガチだね」「Y…」

「手でイカすのは慣れてるし…」「Yは昔から、彼氏を切らしたことないビッチだったよね」「バカ、付き合った人しかエッチしたことないよ」

話をしてイカなように気分を逸らしていたけど、限界が近い。「ガマンはダメだよ。そろそろイッた方がいいよ」「せっかくYがしてくれてるから、すぐイッたらもったいない」

小百合は小さく笑う。すでにベッドにはティッシュが何枚も敷いてあり、いつでもイケる体制になっていた。「ガマンはダメだって」

声がだんだんと近づいてきて、小百合の口が耳元にあった。「ダメだょ〜」バレバレな演技の甘い声だったけど耳元で囁かれて、そのまま耳を唇でカプっと噛まれた。

さらに耳には舌の熱くてヌルッとした刺激が加わって、チンコへの意識が遠くなる。力が抜けて、「くぅ〜…」みたいになり、大量に出した。もちろん、小百合は手を止めない。

精子を出し切ってからも、止めない手の動きに腰がガクガクきた。薄い黄色掛かっているような濃いのを大量に発射してしまったけど、小百合の反応は呆気なかった。「溜めてたし、こんなものじゃないのかな」

10代だと、数日でもっと大量に出すような人もいるらしい。「Kさん明日で退院ですね。KとHさんは仲いいですね」翌日、別の看護士から小百合のことを聞かされた。

「何年か振りに昔の友達と会ったら楽しいじゃない?毎日、同窓会してるような気分だよ」そんな風に言ったと思う。最後の夜は小百合が夜勤。

その日はあまり時間が取れないようだった。しばらく話していると、昨日のことを思い出す。「また座薬入れてよ」

「え〜」と、いいつつも、ニヤニヤしてくる。「ちょっと待っててね」

途中で仕事が入ったのか、かなり待たされた。小百合は部屋に入ってくるとベッドの縁に座った。俺も横に並んで座る。

部屋は薄暗い。目の前には窓。小百合は俺のズボンを降ろして、モノを出した。薄いゴム手袋をしている小百合の手には、何か透明な液体の入った容器を持っていた。

「ロ-ションだから」一瞬冷たかったけど、ヌルヌルになって纏わりつくように動く小百合の手で一気に勃起。しかも、ゆっくり動かしたのは最初だけで、勃起すると動かすスピードは全開。

「ごめんね。すぐ呼ばれるかもしれないから、早くイッて」「では…」、と胸に手をのばそうとしたら、叩かれた。「それはダメ〜。看護士はそんなサービスしません」

こういうところは真面目。旦那も含む彼氏以外としてないというのは、多分本当なんだろう。「あら、元気なくなった」

気が逸れて、少し立ちが悪くなる。しかし、小百合のテクは凄かった。強くて、早い刺激から、裏筋をくすぐるような指先の動きに変えて、再び立たせる。

「ねえ…、ガマンしないでね」上目遣いで俺を見上げてきた。窓から入ってくる光だけで、小百合の瞳がウルウルしてるのがわかる。

滅茶苦茶、可愛い。もう、イケそうだ。しかし、トドメがあった。

ベッドに腰掛けて脚をぶらぶらさせていた小百合は、ベッドの上に上がって正座するように姿勢を変えた。そして、少しだけ腰を上げて、自分の空いてる左手をナースパンツ(?)の中に入れる。多分、クリをひと撫でしたのだと思う。

俺の方を上目遣いのまま見つめて、発情した小さな甘い声が聞こえた。「ァ…ン」心臓が止まりそうになって、またも爆発的な快心の射精。

思いっきり窓の方へ飛ばしてしまった。「あらら…よく飛んだね」さっきの振りはなんだったの?と思えるくらい素に戻った小百合の声。

もちろん、すぐに手は止めない。完全に搾り取られるような手コキ。こんな脱力感があるのかと思うほどの射精だった。

ティッシュでキレイに拭き取る小百合は、いつもの仕事する小百合だった。「もう、行くね。これで寝れるでしょ」「ありがと」

もう眠かっただと思う。後から聞いたら、俺の目は半分閉じてたらしい。急に俺の頭を抱え込まれるように腕が巻きついてきて、唇にプ二プ二した柔らかいモノが一瞬だけ触れた。

チュって感じ。あんまり覚えてないけど、気が付いたら入り口の扉のところに小百合が立っていて、廊下からの光が漏れていた。中学の頃は肩までしかなかった髪の小百合。

高校では少し長くなっていた。逆光で見る今の小百合の姿は、一つに結んだ髪が腰まで伸びていたけど、やっぱり小悪魔的なところは小百合だった。「じゃね、バイバイ」

手を振っていつもの笑顔で、すばやく出て行った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。