先輩にオナニー見せろと言われて始まった手こきショー

中1のころ、学校の裏にあった専売公社(現JT)の廃墟があった。そこはヤンキーのたまり場で、漏れも先輩に連れられて、ときどき出入りしていた。まあ、タバコとか遊びの場所だった。

ある日、学校をサボって廃墟に行くと、中3の先輩が男2、女1でいた。みんなでタバコを吸いながらふざけていると、女の先輩Tが突然「男の子のオナニーするところがみてみたい。」と言い出した。

アホかと思ったが、後輩は漏れだけだったから、当然オレがするところを見せる流れになった。先輩とはいえ、漏れもみんなの前ですることをためらっていたら、男の先輩が2人がかりでオレを押さえ付けて、Tに「早く脱がせろ」と言い出した。抵抗はしたものの結局脱がされて、漏れの仮性包茎ティムポが剥き出しになった。

Tはそれをみるなり「かわいいね」といいながら、人差し指でいじり始めた。漏れの頭は恥ずかしさで一杯だったが、漏れのティムポは意識とは別の存在となり、いつしかギンギンになっていた。

Tは「すごい〜」といいながら、「皮は剥いてもいいの?」だと。敏感な部分が剥き出しにされたティムポは感度抜群になり、漏れはつい「ああっ」という声をあげてしまった。Tは大喜びで漏れのティムポを弄び始めた。

そんな状況のさなかに、漏れの同級生だったMという女の子が「なにやってるの?」と入って来た。Mは驚いて顔を背けたが、Tが「ちょうどいいところに来た。ちょっと手伝えよ。」といいながら、Mの手を漏れのティムポにあてて握らせた。Mも先輩の命令なので逆らえず、握ったまま「どうすればいいんですか?」と困惑していた。

男の子の先輩らは「しごくんだよ」といいながら、手を動かすまねをした。Mはぎこちない手つきでしごいていたが、恥ずかしそうに手を動かすMの表情に漏れは興奮してしまい、声を出しながら感じてしまった。

それをみた先輩らは「口でするんだよ」と調子に乗ってきた。Mはそれはできないといったが、Tが頭を押さえ付けて「いいからやってみろよ」といって口の中に入れさせた。既に興奮状態だった漏れは、温かいMの口の感触で興奮は一気に高まり、即効で暴発してしまった。Mは咽せながら「何これ〜」

といって吐いていた。その日以来、漏れとMは手こきショーを時々やらされ、2人ともだんだんその気になり、いつしか付き合うようになっていた。が、この先はスレ違いなので、この辺で。