これはお母さんのチンコだからね!バツイチ女の娘が性に興味を持ち始め…

バツイチの彼女+娘と同棲していて凄く娘に懐かれてて、寝転がってると、必ず上に乗ってきてたしかも、だんだん胸も大きくなってるのに、全身を擦りつけるように、鼻息も荒く・・・うつ伏せになってると、背中の上に乗って仰向けになってると、当然胸の上に・・・

小6だから性教育も学んでるだろうし、好奇心だけでいい加減な男に手を出されるよりは男の体をある程度知識として学ばせた方がいいかな・・・と思い仰向け状態で、寝ているフリをする事にしました案の定、いつものように上に乗って体を密着させて、恥骨を押しつけて来ていつもは、起ったらダメだと思って、必死で違う事を考えて耐えてましたが寝ている事になってるので、おっきくしてあげました。

すると、それに気付いたのか動きが止まり、手で足や腰、太股付近を触って来ました徐々に近づく手を期待する一方、くすぐったいのを我慢のに必死でくすぐったさに我慢出来ず、ぎゅーっと抱きしめてあげました抱きつくことは、普段から毎日かかさずしていたのですがいつもとは違い、悪いことをしたような緊張感が伝わってきたので手を握り、指先を軽く舐めてあげると、一瞬ビックリして、指を引っ込めましたが鼻息を荒くして、自分から、口元に指を持ってきました。

これで感じるという事が、どういう事なのか、イメージ出来たかな・・・と考えながら暫く指を舐める事を続け「大丈夫だよ」と言って、その手を、今度は自分の大きくなった部分に、軽く置きましたズボンの圧迫もあり、幼い手は軽いので、殆ど重みも無かったけどしばらくの間、その手は、少しも動く事も無かったのでその手を、掴みやすい位置に移動させて、上から軽く掴ませてやると自分から軽くグッ・・・・グッ、グッ、グッと握って来ましただんだん慣れて来たのか、鼻息も納まってきたのでファスナーをおろし、直接握らせようと、手を引くと、少しビックリした感じで軽い抵抗があったけど、指先だけを入れて手を離すと、自分から探り始めました。

その時、パンツの前の窓から出し方を知らないだろうと言う事と自分のさきっちょが濡れている事は、マズイな・・・と思い背を向けてティッシュを取り、見えない所で、露出し濡れた先を拭いて背を向けたまま、再び手を取り、自分の大きくなった部分に指先を触れさせましたすると、ツンツンっと、指先で触れたと思うと、すぐに握って来ましたそしてまた、グッ、グッ、グッ・・・と、どうやらシコル事を知らないようです・・・

「気持ちいいの?」そう言ってきました。突然の事で返す言葉も無く、すかさず「ここから精子が出るんでしょ?どうやったら出るの?」って聞いてきたので握っている細い腕を掴み、ピストン運動をさせ「こうやったら、だんだん気持ちよくなって、出てくるよ」と答えると自分から激しく動かし始めました「いつくらいに出てくる?」

「**ちゃんなら、そんなに時間かからないよ」その可愛いらしさに気持ちよくなってしまい、仰向けになって無防備な姿を見せました先から垂れてくる液が手に付かないように、ティッシュで拭き幼い手に身を任している自分をイメージするだけで、耐えられなくなりイク・・・という言葉も知らないだろうから「出るっ」っと言って、ティッシュを被せてイきました出てきた精子を、ティッシュを広げて見せてあげると珍しそうに、触ったり臭いを嗅いだり、して学校で教わった事を、ちゃんと説明してくれましたそれ以降、数日は直接触って観察するような事があったけど男性器への好奇心は満たされたのか、すぐにそういう事は無くなりそれ程抵抗無く、服の上から握って、大きくなったとか言って、ちゃかす事はあっても、性的興奮に達することは無くなりました。

他は手を引っ張られて、ワレメを触らされたり突然素っ裸になって「好きにしてみて」って言われたので、舐めてあげたのと服を着たまま、セックスの体位を、形だけ何パターンかこうやってするって事を、教えてあげたりどれも、知る事で、自信をつける為の経験としてだから、もう知ってるんだから、好奇心だけで、簡単にしちゃダメだよ・・・と、念おしときました本番も求めて来たけど、これはお母さんのだからちゃんと自分を大切にしてくれる人を見つけようね・・・と