A○B篠田麻里子似の処女にバックから中出し

A○B篠田麻里子似の処女にバックから中出し

俺 会社員 29歳 165㌢70㌔ 小デブ 素人童貞 ハンドル名:あか

相手 綾香 18歳 現役JK 170㌢?㌔ 痩せ型Eカップ 交際歴一人 AKB篠田麻里子似

町内の祭で知り合う。慰労会で綾香も飲まされ、介抱してあげた。その際に彼氏の話を聞いたりしていた。

彼氏が早漏で、Hまでできないと悩んでいた。
写メだと彼氏はかなりのイケメンだった。

綾香とメルアドを交換、以降メル友になる。下心を隠してやり取りを続けている内に、俺への綾香の好意が徐々に感じられ始めた。

何度かドライブに行ったが、それでも手を出さないでいると綾香の方からアピールが始まった。堰は崩れる寸前だった。

俺は変態だと打ち明けても綾香は更に食いついてきた。
夏休み前の土曜日、部活終わりの綾香を迎えに行った。

そのまま冗談っぽくホテルへ誘うとOKの返事。
綾香が墜ちた瞬間。部屋に入るなり綾香からの熱烈なキス。

そのまま倒れ込むようにベッドへ。綾香の長い足を持ち上げ、むしゃぶりつくようにクンニすると泣きながら喘いでいた。クンニは初めてらしい。

フェラしたいと言うので取り出すと、引いてしまった。
それでも綾香は健気に頑張っていた。

そろそろと思い、正常位で入れようとすると綾香が怖がり始めた。

緊張させまいと、脇やら腰を指でつつくと、くすぐったいと笑いながらベッドから逃げ出した。捕まったら食べちゃうぞーと言いながら、綾香を追いかけた。

笑いながら逃げる綾香をフル勃起で追う俺。
壁際でようやく捕まえ、羽交い締め。

以前Mだと言っていた綾香は楽しそうだ。
俺がそのまま後ろからチンポを入れようとすると、暴れ出す。

強い抵抗でもないから強引に入れるとプチプチと独特の感触。
痛がる綾香。ガクガクと膝を震わせている。

本当に犯しているようで興奮した。
太ももに鮮血を垂らし、泣きながら痛がる綾香。

制服JKの処女を立ちバックで生で貫いている俺。
優しく、時に激しく突いて綾香を徐々に慣れさせる。

せっかくなので一発目は後先考えずに立ちバックのまま中出し。
ドクドクと流し込んで終了。

抜いた後も嫌がるどころか抱き着いてくる綾香。
その後も一晩中Hをしてすっかり俺の彼女になっていました。