大量の精子が先生の口のなかに…

「僕はまだ童貞です。」という言葉が流行語になります。中学の修学旅行のときの話。人より少し変わり者の僕は友達が全くいなく、、もちろん彼女もいない、寂しく修学旅行を終えようと思っていた。でも・・何事もなく終わるはずの修学旅行が、、とんでもないことになってしまった。。

僕の学校では毎年グループの決め方が決まっている。男女が最初にペアになってそこからつながっていく。最終的には4:4になる。当然なんにも目立たない僕は誰ともペアが組めないと思っていた。その予感は的中、誰ともペアが組めずにおどおどしていて男子にも女子のも笑われてしまった。僕は誰とも組めないので、たまたま来ていた共生の先生とペアを組むことになった(女の先生)先生は、少し気が強くて乱暴であるが、美人で誰とでも喋れる人だった。「加藤(僕の名前)は、誰とも組めなかったのか〜」「・・・見れば分かるじゃないですか・・。」

「そー落ち込むなよ!先生じゃやか?」「いやじゃないですけど・・。」「はっきりしないな〜」

正直言ってやではない。寧ろこれでよかったのかも。先生は皆からも人気で他のグループと合体するとき皆こっちに集まってきた。クラスを仕切っている奴まで集まってきた。皆僕ではなく先生が目的なので、先生が「どーする?」とか聞いてきたけど、僕には決める権利はないと思ったので「先生が決めてください」とか言ってみた。普通、こういうときは生徒が決めるもんなんですけどね・・w。とりあえず決まらなかったのでクジで決めることに。当たった人たちは、先生のとこにこなかったちょっと不良の連中だった。僕らのグループになった瞬間「先公と一緒かよ〜。」

「やってらんね〜よ〜」など、色々言ってた。僕にとってどーでもよかったけど。そして当日、まちにまってはないけどとりあえず当日になった。

あろーことか不良連中ども3人が(男子二人女子一人)が暴力事件をおこしたためこなかった。男子4人女子4人だったから男子は二人しかいない・・。でも、もう一人はちょっと僕に似てて喋りやすそうな感じの奴だったからよかった。「3人へっちゃたね〜」先生「あいつら意味わかんねーし!」A女ずっとA女は愚痴を言っていたが次第に大人しくなってきた。上のはどーでもいいんですけどね。

夜、泊まるとこは個室だった。8人部屋ぐらい。皆は「女子の部屋イコーゼ!」とかはしゃいでたが僕は、興味あったけどかかわりたくなかったので早く寝ることにした。気づくと部屋には誰もいないし・・・。もうどーでもよくなり寝た。「ドン!!ドン!!もう寝たのか〜?」かなりびびった!その声の主は先生だった。。意味不明だけど、とりあえずドアを開けてあげた。

「なんですか先生?こんな時間に」「だって〜○先生の鼾うるさいんだもん。」おいおいwと思ったんですが、よく考えるとここには僕と先生二人だけ。学校のことを思い出してみると先生はエロトークをするような先生だったw。少し緊張してる僕。

「先生がこんなことしていいんですか〜?」「私だって人間なんだからいいのよ!私まだ共生だし〜。」今思ったら共生って修学旅行きていいのか?と思ったんですがそこはパス。

「加藤は女子の部屋とかいかないの?」「・・・興味ないですから・・。」興味アリアリだったけど・・。

「ふ〜ん。ナンカ変な声聞こえたよ〜w」「え?w(汗」「嘘だよ〜〜。ww」

嘘だと思っても少し同様してしまった。。と、ドンドンあっち系の話になってきた。調子にのった僕も先生に色々質問してしまった。「先生は初体験おわったんでか?」

「終わったに決まってるじゃん!w」「ですよね〜。その年で処女だったら恥ずかしいですよね〜」「あたりまえだって!そーいう加藤はどーなの?w」

「僕のことは聞かないでください・・。」「・・・まだ童貞なんだ・・。」「・・・・・・・・・そーですよ!中学生で童貞で何が悪いんですか!僕はドーテイですよ」

「やってあげよーか?www」一瞬黙ってしまった。いきなりそんなこと言われたら誰だって黙るもん。「え?w(汗なに?」

「だーかーら、、やってあげよーか?」「何を・・・?」「ここで入れるのはまずいから手でいかしてあげるよ♪w」

「ぇ・・・・・・。」展開がはやすぎます。僕の「何を?」はプレイのいことではないのに・・。「だってまだ童貞なんでしょ?」

「はい・・・。」「手でいかされたぐらい別にたいしたことじゃないから!さぁ〜脱げ!」少しSが入ってる先生は言葉が強引(汗。。僕も少しMが入ってるので興奮してしまい、半立ち状態に。

「ほら〜〜脱げ!脱がないなら脱がすぞ!」とカルーク脱がされてしまった僕・・・。もうフッキれた。「じゃー先生もぬいでくださいよ!」

「ヘー結構立派・・・え!?それはまずいよ〜ww」「別にいーじゃないですか!?」「ぇー、ヤダヨー」

「まさか、人前に出せない体とか〜ww」その言葉に先生はキレたとか怒鳴りだした・・。「分かったわよ!!脱げばいいんでしょ?脱いで驚くなよ!」

脱いだ・・凄すぎ・・。これが本物・・。あまりの興奮に一気に僕のティムポは立った。「あんまりジロジロ見ないでよ・・。満足したでしょ!服着るわよ!」「待った!どっちが先にいかされるか勝負しよ」

「え?www」「どんな形でもいいからどっちが先にいかされるか!」「何言ってるの〜?童貞君のくせに〜」

まじで僕は言ってた、はっきり言ってばかだろ〜と自分でも思った。やりかたすらしらないのに・・。「でも、別にやってやってもいいわよ〜〜。」「え!本当ですか?」

「ウンウン。でも、皆帰ってきちゃうと困るから早くね!」と、すぐに始めた。形は先生に任せた。と69と呼ばれる体制に入った。かなり興奮する・・。初めてだし、勝てる気は全くしなかった。「よーい・・。スタート!」

先生の合図で始まった。。僕は全くクリの場所とか知らなかったので初める前に先生に教えてもらった。そこをがむしゃらに触ってみた。「・・・んっ・・どーした・・童貞君そんなもんか〜?」「マダマダ・・・。」

先生は、最初はスタンダードでやっていたが次第にカリで攻めてきたり色々な技を使ってきた。。「はぁ・・・はぁ・・ん・・・こんな・・もんじゃないわよ・・。」「先生こそ、息荒れてますよ・・。」

「????まだ、本気だしてないわよ?それとも一気にだして欲しいの?」「やれるもんならやってみな。」とか言ってしまった・・。すると、、ティムポをしゃぶってきた!ヤバイ・・。ヤバイくらい気持ちい・・。タマを触りながら、先生の色っぽい声・・。もう、限界だった。。気がつくと僕の手は止まっていた。

「どーした?童貞君。手が止まってるよー。」「はぁ・・・もうダメ・・・・・あ・・イクッ!!!」大量の精子が先生の口のなかに入った。と感じた。

「はぁ・・はぁ・・はぁ・・。」「どーだった?気持ちよかった?」「・・・・はい・・・完敗です・・。」

「私の勝ちね〜〜。」完敗です・・。僕のチンポはまだビンビンだったので先生に思い切って言ってみた。「入れてもいいですか・・?」

「え!?それは無理だよ〜。また手ならいいけど・・。」「そーですか・・じゃー手で・・。」と、先生は僕の乳首をなめた・・。よく分からないが、体がビックと震えた・・。

乳首をなめながら少し抱く体制で上下運動を始めた。。2回目なのに一回目より気持ちい・・。「どー?気持ちい?」「・・・気持ちいです・・。」

「イクときはいってよねーww」と色々やってるうちに、先生は軽く僕にキスをした。4、5回軽いキスをした後したを入れてきた。。凄い・・興奮・・。もう気持ちよすぎて、大変でした。。「はぁ・・はぁ・・はぁ・・」

「どーしたの?もうイク?」「イエ・・まだ・・」「ガマンしなくてもいいよ?ww」

「・・・そろそろ限界です・・。」「早く言えばいいのにーww」と言うとペー-スがあがった。。さっきとは全く違う・・。はやすぎるくらい。

「・・・もーだめです・・・いきます!!!」先生はタイミングを間違えて口に入れることができず、精子はとびちった・・。「もー急に出さないでよ!」

「ちゃんと言ったじゃないですかー。」「別にいいけどねん。」男子が帰ってくる前に全て処理した。

2回やったというのにまだ立っていた・・。少し廊下が騒がしくなってきたので先生は自分の部屋に戻った。あのことが忘れられなかったので先生にお願いして本当にやらせてもらうことにした。まだやってませんが、本場はどのくらい気持ちいか楽しみです。