ひどいイジメを受けていた彼女…

俺の兄貴は地元では知らない者が居ないくらいのワルだった。喧嘩が異常に強く、中学になると大勢の仲間とつるんで高校生相手に喧嘩ばかりしていた。

3つ年下の俺が中学生になる頃には、兄貴の仲間は物凄い人数になっていた。信じられないことだが、その中には現役の右翼の構成員(この人には可愛がってもらった)までいて、地元近隣では誰も兄貴達に逆らう者は居なかった。そんな兄貴の勇名(悪名)のおかげで俺は喧嘩が強いわけでも頭が良いわけでもなかったが、中学では常に一目置かれる存在だった。

といっても、俺は引っ込み思案で大人しい性格だったので特別偉そうにしたりはしなかった。あの時までは・・・・転機が訪れたのは中学2年の時だった。

クラス替えの緊張冷めやらない教室で自己紹介のために立ち上がった、ある女子の姿を見た瞬間心臓を鷲掴みにされる程の衝撃を覚えた。すごく綺麗だと思った。可愛いではなく美しいと思った。気づいた時には、ただ見蕩れていた。

イメージが付きやすいように彼女を芸能人で表現するとキリッとした美少女『告白』という湊かなえ原作の映画で話題になった橋本愛という子にそっくり、個人の好みの違いはあると思うが物凄い美少女俺は彼女に完全にやられた。ある時、休み時間に、ぼ〜っと彼女に見蕩れていると目が合った。びくっとする俺を彼女はキッと睨みつけた。そうだった。

同じクラスになる以前にも、彼女のことは噂では聞いていた。学校内で有数の美少女としても評判だったがそれ以上に、勝気な性格でも有名だった。1年の時から彼女は他人と衝突することが多かったようだが、1年の時は親友が同じクラスに居て、うまく緩衝材になっていたそうだ。

ところが2年のクラス替えでその親友と彼女は離れ離れになってしまった。自分から他人と交わろうとしない彼女は、徐々にクラスで浮いていった。そして、クラスの中心的な女子(カワイイお嬢様タイプの子)と揉めたことを切欠にクラス全員から無視されるようになった。

彼女はプライドが物凄く高かった。だから、元々、誰かとつるんでいたわけではなかったのに、班分け等で、皆に『要らない』と言われる度に、よく悔しそうに顔を歪めていた。はじめは、その程度のイジメとは言えないものだった。

しかし、その当時の彼女は14歳の少女だ。ただの一人も仲間が居ない状況が何ヶ月も続くと強気だった性格が徐々に弱気になって行き、キッと他人を見据える大きな目も、次第に伏し目がちになっていった。こうなると、虐めっ子達にとって、美少女の彼女はかっこうの餌食だったに違いない。

ある時、休み時間の終わり頃、一緒に話していた友人が突然、黙り込んで生唾を飲み込んだ。なんだろうと思って、彼の視線の先を追うと、彼女だった。彼女はずぶ濡れだった。

濡れたブラウスが肌に張り付いて、ブラジャーが透けて見えていた。男子連中が皆、無言で彼女に注目しているのを見て女子たちはニヤニヤ笑っていた。恐らく水を掛けられたのだろう。彼女は、それまでも女子の間では嫌がらせを受けていたのかもしれないが、この時から、公然(?)と本格的にイジメを受けるようになった。

彼女は様々なイジメを受けても学校を1日も休まなかった。先生や親にも何も話していないようだった。しかし、彼女にも俺達にも、決定的なことが起こった。

ある時、先生が教室から出て行くと、すぐに渋る彼女を女子達が力づくで立ち上がらせた。「全員ちゅーもーく♪」太った女子の弾んだ声が教室中に響き渡った。

皆が彼女の方へ顔を向けると、突然、靴で踏みつけられた跡やチョークで汚れた彼女のスカートが、大きく捲り上げられた。「オ、オオオオォォォォォォ!!!」男連中は大いに湧き上がった。

そりゃそうだ。虐められてるとはいえ、学校一とまで言われた美少女がパンツ丸出しにさせられたのだから。抵抗する彼女を四方から女子達が押さえつけて、白いパンツを完全に晒させた。俺達が涎を垂らさんばかりに興奮してるのを見て、気を良くした女子達は、白いパンツにまで手を伸ばした。

彼女は「やめてよ!」と必死に暴れていたが、複数の女子達に左右を押さえつけられては、どうにもならない。「ウオオォォォォ!まじかよーー!」凄い盛り上がりだった。

あの高飛車で、どこか孤高な雰囲気だった彼女が下半身を剥かれようとしている。俺も興奮した。太った女子が彼女のパンツのゴムを両手で掴んだ。

「いけーー下ろせーー!」太った女子はニヤ〜と笑うと臀部からゆっくりと剥いていった。白いお尻がプルンと丸出しにされると、男連中は無言になって身を乗り出した。

「可愛いいお尻〜♪」後ろ側に居た女子が叫ぶと女子達は一斉に笑った。女子たちの笑い声に合わせるように、前側も下げられていった。薄いアンダーヘアが徐々に顔を出し、パンツが膝まで下げられると教室内は女子も含めて完全に静かになった。

俺も食い入るように彼女の恥部に見入っていた。突然、彼女を押さえている女子の一人が急に我に返ったように、降りてきたスカートを捲り直した。この動作で、俺も我に返り、彼女の下半身から、視線を上げていった。

彼女は目をきつく閉じて、涙をポロポロ落としながら泣いていた。その顔を見た瞬間、俺の中で何かが弾けた。「いいかげんにしろ!!」

言った後で自分の声だと気づいた。俺は女子達の間に分け入って彼女を助けた。そして、なぜだか学校には居られないような気がしてそのまま彼女の手を引いて学校を抜け出した。

制服のまま街を歩いていると、顔見知りの怖そうな兄ちゃん達が声を掛けてきた。「○○ちゃん、久しぶり」「○○ちゃん、学校サボり?珍しいね」

「可愛い彼女連れてるね。映画見に行くかい?券あげるよ」「そこのゲーセンだったら、メダルたくさん持ってるからあげるよ」中学生にとっては、かなり怖そうなお兄さん達だったので、彼女は、かなりびっくりしている様だったがお兄さん達とかなり離れてから「あの人達と知り合いなの?」と呟いた。

「うん。兄貴の友達だよ」「あ・・!。○○君のお兄さんって・・有名だもんね」「それって悪い噂かな。俺には優しい兄貴なんだけどね・・・」

そこで会話が途切れてしまった。なんとなく、彼女は何かを言いたそうな気がした。だから、もしかしたら、という期待をしながら公園へ誘ってみた。

昼間の公園なのに人が少なかった。それでも、人目のない場所を選んで俺は思い切って言ってみた。かなり唐突だとは思うが。「ずっと好きだった。付き合いたい。」

え?という困った表情の彼女を見て、俺は捲し立てた。「俺の彼女だったら、誰も手を出す奴いないよ。それに、あんな酷い目にあって・・・復讐とかしたくない?」

彼女の表情が変わったのを見逃さなかった。すぐに邪な感情が芽生えてきた。いや、もともと邪な感情でこの公園まで来たのだった。

教室での彼女の痴態を思い出し、股間は破裂しそうなくらい膨らみ形の良い唇が目にとまった。俺は恥知らずにも突然暴挙に出た。彼女を抱きすくめ唇を奪おうとしたのだ。

抵抗されると思った。物凄い抵抗されると思った。しかし、彼女は最初だけ手で俺を押しのけるようにしただけで、抵抗らしい抵抗は、ほとんどしなかった。「い、いいの?」

彼女を見つめて聞いてみた。『うん』彼女は黙って頷いた。その後は、もう夢のような時間だった。

初めてのキス、そして初めてのオッパイ。吸いまくり、揉みまくった。しばらく色々して、落ち着いた頃、彼女が思いつめた表情で話してくれた。

話を聞いて驚いた。そして怒りで震えた。彼女は女子達に酷いことをされていた。教室でされたよりももっと酷いことを。そして写真まで撮られていた。

死んでしまいたいくらいの屈辱だった、それでも、あんな写真を残しては、恥ずかしくて死ねない。そう泣き崩れる彼女に俺は誓った。「写真はコピーも含めて必ず回収するし、やつらには骨の髄まで思い知らせてやる」

自分でも信じられないくらいの凶暴な気持ちが芽生えていた。