後輩に弄ばれた童貞チンコ

先日ゼミの飲み会があったんだ。新年会を兼ねてみたいなやつ。三学年合同で、全部で30人くらい。うちのゼミは飲み会がそこそこ頻繁にあるので、皆ある程度顔なじみだった。で、その後輩は二年生の女の子。沖縄美人といった感じで、かなり小柄な子飲み会が始まって、俺は最初同級生と飲んでた。といっても俺はいつもあまり輪に入りきれないポジションなので、ひたすら焼き鳥を食べて相槌ばかりうっていた。

最近ゼミ内の同級生同士でカップルが出来たので、皆でその2人を弄っていた。俺も同級生だったけど上手く会話に入れなかった。しばらくして、席替えを教授が提案したちなみに俺は四年生。後輩達と上手い配分で混ざるよう割り当てられ、俺と例の後輩が隣になった。そして飲み会再開。後輩とは前の飲み会でも微妙に喋ったし、二次会のカラオケでノリで一緒に歌わされたりもあって、そこそこ話が出来る方だった。何より可愛いから俺はラッキーだと感じて意気揚々とビールをあおった。後輩は席替えの時点で結構酔ってる風だった。ちなみに俺は童貞。もちろん童貞。そんな俺だから、気さくに話してくれる後輩が気になっちゃうのは仕方ない。

後輩はカルアミルクを飲みまくっていた。俺はひらすらビール。周囲はそれぞれで話し始め、嬉しい事に俺と後輩が1対1で話せる空気になっていた。俺は話に相槌うちながら、後輩のホットパンツとニーハイからなる絶対領域をガン見していた後輩は地元で行ってきた成人式の話をしていた。デジカメを取り出して自分や友達の晴れ着姿を見せ始めた。普通ならこんなキモメンな先輩にこんな会話はしないだろうが、酒の力は偉大だった。可愛い女の子と一緒に笑ながら酒を飲み、俺は「これがリア充か」などと考えていた。後輩のデジカメを一緒に見てると、男と一緒に写ったものがあった。童貞の俺は嫉妬を覚えた。

しかしリア充な俺は、気さくに「彼氏?」などと聞いてみたすると後輩は恥ずかしがりながら、「元彼です」とか言いやがった 「なんだビッチか」と思いながら、「え?じゃあ今は彼氏は?」と話を続ける。その後そういった恋愛の話になった。話によると、後輩はこれまで四人と付き合っていて、その四人目が今の彼氏 しかも年上で既に働いているらしい。マジビッチ許すまじ 「先輩は彼女いるんですか?」と酔った猫撫で声で聞いてきたから、「今はいないね、うん。なかなか上手くいかんよねぇ」などと、玄人ぶった。

もちろん俺はいない歴年齢の童貞キモメンオタだった。そして話は下ネタへ。もうビッチにしか見えなかった俺は、ここぞとばかりに下ネタを振ってみた。いかにも自分が経験豊富なふりをしながら。そんなにモテるんなら夜の方もモテモテだろうね〜、と言ってみると、ちょっとやめて下さいよ〜、と言いながら軽くどついてきた。女の子とのスキンシップに勃起した。それから更にエスカレート。細かくは覚えてないが、「入れられるってどういう感触なの?」とかまで聞いてみた 「上手く言えないです。なんか、とにかく、ひとつになってるって感じです」とか顔を赤らめて言われた時は我慢汁出まくった。俺も玄人ぶるのに一生懸命だった。

あくまでそういった下ネタが好きなのではなく、女性の考え方に興味があるというキャラを装った 「いやいや、エロとかそういうのじゃなく、純粋に女性がどう捉えてるか、興味があるんだよね」とか言ってた。そしてついにフェラの話になった 「そういう事好きなの?」と聞いたら、「好きな人が、自分が攻めることで喘いでるのを見たい」とか答えやがった。マジビッチこれ以上興奮させんな 「え?なに?どういう風にしてんの?いつも?」とかおちゃらけた感じで追求。今の彼氏とのセックスの手順を話させた。後輩はしきりと照れていたが、その度に酒を勧めて飲ませ、話を続けさせた後輩「えーっと、まず浴びますよね、シャワー。そして、えっと、えっと…。ベット行って、ぎゅーってして貰って、その…キ…キスして…」 ってのを目の前で顔を赤らめて話された時はマジで襲いそうだった。

もうチンコ勃起しまくり。ちょっと舌足らずな喋り方が一層可愛かった。その後、服を脱いだあといきなりフェラらしい。まずは彼女が奉仕するのが後輩と年上彼氏のやり方らしい。そこですかさず「俺はやっぱ自分から先に攻めたいけどね、やっぱ人それぞれだよね」と経験豊富アピール。後輩曰く、彼氏が仰向けに寝てる下半身の上に位置どりし、フェラを初めるらしい後輩「で、それが終わって、今度は私が…その…横になって…」 俺「え?もう終わったの?詳細詳しく!」 後輩「えー?だって…」 俺「そこ詳しく聞きたいんだけどな〜、俺は。 先輩の可愛い後輩へのお願いなんだけどな〜。 ま、取りあえず飲んで飲んで」 そういって酒を勧めまくった。もう少しで可愛い後輩女の子自ら、フェラテクニック語りが聞けるのだ。キモいキャラだろうがなんでもいい、俺はピエロに甘んじてなろうと決心したそこで俺は閃いた。

なんと手元にはさっき運ばれてきた焼き鳥の盛り合わせがあったのだ。そしてその中には細いが長いソーセージ串が童貞丸出しの俺はそれを後輩に勧めた。そして俺は鶏皮を食べた。勧められてとりあえずソーセージを手に取る後輩。すかさずもう一度酒を飲ませ、遠慮がちに言ってみる 「ねー、さっきの話の続きだけどさ、それでちょっと再現してみせてよ、ね!」 我ながらキモいとは思ったが、後輩も結構酔ってたしいけると思った「ちょっともー、あり得ないですよー」 とか言いながらやんわりと断ろうとする後輩。俺は譲らず、酒を飲ませながらゴリ押し 結局、「じゃあ本当にちょっとだけですよ?」を引き出す。

 「うん、じゃあちょっとだけ、ね、頼むわ」と笑顔でお願いする俺。後輩は一息ついてから、ソーセージを見つめだした 「ホントにするんですか?」と言いたげな 泣きそうな上目遣いで俺を見るも、俺は無言で頷くだけ そしてふいにソーセージにキスをした ソーセージ串は両手で縦にまっすぐ持ったまま、 顔を横に傾けて、下から上にキスを繰り返した。ちゅっ、ちゅっ、と可愛かった音が鳴る。後輩の顔は、酒のせいか恥ずかしさかもう真っ赤。俺は興奮しすぎてもう射精したかと錯覚したけどまだ大丈夫だった「はい、終わりです」とソーセージを降ろそうとする後輩 俺は「なに言ってんのー、そんだけで彼氏さん満足しないだろ?はは」とそれを阻止 「分かりましたよー」とかぶつくさ言いながら、後輩は続ける。酒でテンション上がったのか、半ばやけになってるようだったが、もう兎に角可愛いから最高だった。

後輩はソーセージフェラを続ける。チンコでいう裏筋舐めだろう、下から上に「つつつ…」っと舌を滑らせる。先端で少し舌をすぼめて、ちゅっと音を立てて舌を引っ込め、また下からゆっくり舌をあて、上へ繰り返してた。先端で舌をすぼめるのは、あれで垂れてる我慢汁を吸い取るためなのかなとか思いつつ、チンコが痛いほど勃起してた。そして今度は先端をペロペロしだした。というより、舌の先だけちょこっと出して舐める感じて、「ペロペロ」より「ちろちろ」って感じ。分かりにくいか? ソーセージの細い先っぽに、後輩の舌が触れてるか触れてないか、とにかくいやらしかった。こんなやり方で彼氏を焦らしてるんだろうなと思った。

しかもやりながら、「もうやめたい」と言わんばかりの困窮の表情で俺を上目遣いに見てくる。マジで俺が舐められてるようだった。ソーセージは後輩の涎で光っていた。周りが飲み会でガヤガヤ騒がしい中、ここだけ別の空間のようだった我慢ならなくなった俺は、「なぁ、そろそろ…咥えてよ」と言ってしまった、つい 後輩は、「もう〜、ゆうさんと同じ事言わないで下さいよ〜!」と、俺をどついてきた。ゆうってのは後輩の彼氏の名前らしい。後輩の焦らしに彼氏も耐えきれないらしく、ここらでいつも懇願してくるらしい。そんなビッチの「いつも」を聞きつつ、さりげなく自分のチンコをジーパン越しに触る俺。オナニーしたくてたまらなかった。

そして、またもや酒を飲ませお願いし、ついにソーセージを咥えてもらえる事になったぱくっと上から咥えて、ゆっくりと上下してた 流石に首を動かしてが恥ずかしかったのか、手元のソーセージを上下させてたけど 一度、思いっきり奥まで咥えて、ちょっとおえってなってソーセージを引き戻してたが、もしかして彼氏に頭押さえつけられて奥まで咥えさせられてるのかと思って興奮した 「もっと音立ててさ、ほら」とかなんかもう彼氏面しながら、後輩のソーセージフェラ鑑賞を続ける。

そして間もなく、「もういいですよね、終わりですよ、ホントに!」と言って、後輩はフェラをやめた ソーセージは手元のこざらに置かれた 「ま、結構上手いんじゃないの?」とかニヤニヤ顔で応えた 勃起すごかった程なくして、後輩が「もうっ!」って言って顔を背けた 俺が密かにチンコに触ってたのを見られたようだ ジーパン越しにくにくにしてて、それがまた気持ちよかった 「もう先輩最悪です〜」とか言いながらまたカルアミルクを飲む後輩 「いやぁ、だって仕方ないでしょ、俺も男だからね、はは」と焦って誤魔化す俺。すると後輩は手をすっと机の下に下ろし、俺の方へ伸ばしてきた。そして細い指先でチンコにタッチ 「ちょっとぉ!」と焦って言い返す俺 瞬時に手を引っ込め両手でグラスを持ち、知らん顔でそっぽを向く後輩。このやり取りが数回あった。

 「どうせやるんならもっと清々しくやれよ、な!」などとまくしたてる俺。後輩はグラスを片手で持ちカルアミルクを飲みながら、遠慮がちにチンコをさすってきた。マニキュアの綺麗な指がチンコをさすさすと触ってきた。俺は射精しかけた。しかしその直後、後輩の同級生が乱入してきた 「ねー、成人式どうだった?ぎゃはははー」 手は瞬時に離され、しかも後輩はその同級生に連れていかれ、席を移動してしまった。チンコを触ってくれたのはほんの三秒くらい。俺に一瞥もくれずに去って行くとかマジビッチすぎて腹が立った。俺はなんかもう兎に角泣きそうだった。そして残された俺は宝物を見つけた。後輩が小皿に置いて行ったソーセージである。後輩はもう席を移動し、俺に背を向けた遠い席に座っていたし、そもそもぼっちの俺の周りには誰もいなかった。正確には人は居たが、俺の入れる空気ではなかった。

 「あー飲み過ぎちゃったなぁー」と白々しく言いながら、俺はさりげなくそのソーセージを手に取り、席を立ち、トイレに向かった 部屋を出るとき、後輩は可愛い顔で友達と談笑していた もう我慢汁がすごかった。トイレの個室にソーセージ同伴で入った俺は、ソーセージを兎に角舐めまくった 同時に右手でチンコをこきまくる。もちろん肉の味しかしなかったが、後輩がフェラしていたのを必死に思い出し、舐めた。舐めてしごいて舐めてしごいて、もうソーセージが舐めすぎてテカテカになった頃、俺は果てた 凄い量が出てビックリだった。その後、賢者タイムで残りの精液を絞り出し処理をしながら、俺はソーセージを食べた。美味しかった。

その後部屋に戻ると、なんかもう一本締めが終わって皆で出てくるとこだった。急いで鞄や上着をとり、俺も流れに加わる。店を出て解散の流れ 俺はさりげなく後輩に近寄り目配せするが、後輩は同級生達とカラオケに行く算段で盛り上がっていて俺を見てくれない。このままもしかして…と妄想してた童貞の俺は泣きたくなる。そして皆がそれぞれ解散していく。

俺は携帯を広げ、電話がきた演技をして、さりげなくその場を去った。
帰ってもう一度抜いたあと、ちょっと泣いた。