タイトスカートが似合うドMなキャリアウーマンを犯す

リーマンショックだサブプライムだって大騒ぎする少し前の話。俺の会社は親父の代から大手と言われる証券会社1社とだけ付き合ってたんだけど結構な取引量になるらしくてさ。

部長だの役員だのよく来るんだけどある年の春、担当者が異動になったんだ。それ自体は珍しくもなんともないんだが今まで40前後のオッサン課長が続いてたのがいきなり小奇麗なネーチャンが挨拶に来てびっくりした。まずでかい。身長172cmの俺と変わらん。というか足長くてタイトスカートがあんなにビシッと似合う女ってまぁ見たことない。

天海祐希みたいな凛々しい感じで色気は無いけどさ、話してみると今までのオッサン連中よりはるかに勉強してるのもわかった。当時彼女が30歳直前で女性社員ではトップで課長になったらしい。こりゃ優秀な担当者がついたと思って喜んで取引も今まで以上に拡大したし、実際運用もうまくいってた。

10歳以上歳の離れた妹、みたいな感じで随分かわいがったし結婚予定の商社勤務の彼氏を紹介されて3人で飯食いに行ったこともある。そんなある日のこと。1週間の出張明けに出社してあれやこれやと事務処理してたら一通の取引報告書が目に付いた。

俺の出張中の日付の取引。全く把握していない内容。何かの間違いかと思ってすぐに彼女に問い合わせするとどうも様子がおかしい。

「・・・お伺いしてご説明させて下さい」いつもと異なる消え入りそうな声でそう言うので何かややこしそうな話かと思って仕事を終えてから来るように言った。そしてその日の夜、彼女が一人で会社に来た。

「部長は一緒じゃないの?」「・・・はい」「ということは会社には報告できないような話ってこと?」

「・・・すみません」そして言い訳が続く。とてもいい商品で社長の意向に沿うと思ったこと。

海外出張でどうしても連絡が取れなかったこと。帰国後きちんと説明するつもりだったこと。いやいやおかしいだろそれ。無断売買だよ法令違反だよ。

それに勝手に買われた債券は為替に連動して利率が決まるタイプのものだったがクソみたいな条件だったよ。実際頭に来るやら悲しいやらで。あれだけ信用を置いていたのに裏切られたんだから。

「あなたが数字が欲しいがためにやったことでしょう。今すぐ部長を呼んでくれ、この取引自体を取り消ししたい。」というとそれだけはやめて下さい、後々有利な商品で穴埋めします、と懇願する。ちょっと泣いてたのかな、頬も上気して赤みが差している。

そんで土下座。タイトスカートから形の良い膝頭とわずかに大腿が見える。この子腰から膝にかけてが外人みたいに長くてウエスト細いなぁ、とか思ってたらさ、もっといじめたくなってきた。初めて彼女に女を感じた。「あなたが動かしたお金は月末の決済に必要な資金だった(ウソ)」

「明日の朝一番で部長、本社に電話をする(マンドクセ)」「顧問弁護士使って訴訟する(殆ど喋ったこと無ぇ)」まぁ実際はもっとガラ悪い言い方してたと思う。応接室の机とか蹴ってたし、多分巻き舌になってたな。

地方5流大学を5年かけて出てるメタボでアホ社長が都内有名私大卒のエリートの美形証券レディを跪かせてるって思うと妙に興奮してきた。もっと貶めたい、もっと汚したいってな。顔面蒼白で過呼吸気味になりながら床に額を付けてる彼女に勢いに任せて言っちまった。

「見逃して欲しいならやらせろよ。」一瞬の間を空けて彼女が顔を上げる。その表情に僅かに見える侮蔑。何だこいつ絶対許さねぇ・・・。

「どうすんだよ、俺はどっちでもいいよ。そういや部長の携帯知ってるから今電話しようか?」と携帯電話を持つと慌てて立ち上がり俺の腕を押さえて言う。「・・・わかりました。わかりましたから会社には言わないで下さい・・・。」

やっぱこいつ背が高いな立つと顔が俺と同じ位置だ。思わずキスしようとすると顔を背ける。俺はムッとして髪の毛つかんで顔をこっちに向かせる。痛い、と小さく呟いたがそんなの聞いてねぇよ。両手で髪の毛掴んで固定して再度キスしようとすると観念した様子で目を瞑った。

が、歯を食い縛って俺の舌は受け入れない。「舌出せよ。出さないと今すぐ電話する」と今度は耳に舌を這わせながら言う。

「キャッ」と言って舌の動きに合わせてビクビクしてる。ソファに押し倒してまた耳を嬲ろうとすると首を捩って逃れようとするので少し強めに髪の毛を引っ張って向きを戻す。「痛いです、やめて下さい・・・。私結婚するんです・・・、ご迷惑おかけしたご資金はお返し・・あぁっ!!」

耳は相当弱い様子で右、左と唾液でベトベトに成る程舐めた。愛撫をうなじに移しながら「早く舌出せよ。表沙汰にしたら結婚もクソも無ぇだろ。」顔を真正面に向かせるが一向に出す気配がない。突き放すように腕に力が入っている。「あぁわかったよ。彼氏の会社にも当然報告するよ。明日の朝一番で金返せってな。」

瞬間、彼女の体から力が抜けた。覚悟を決めた瞬間だったと思う。「・・・彼には絶対に言わないで下さい。」通った鼻筋から眉のラインは気の強そうな顔立ちに見せていたが、密着してみれば長い睫毛、ふっくらとした下唇と透き通るような白い肌が嫌でも女性を主張する。

彼女の口からおそるおそる、わずかに覗かせた舌を根元までなぞるようにねっとりと舐める。彼女の息が荒くなっている。鼻から抜ける息が不規則に乱れている。鼻孔が膨らんで、またしぼんで、眉は苦痛に耐えるようにハの字になり、ブラウスから覗く首元までうっすらと紅潮している。

キスをしながら俺の右手はぴったりとした紺のスーツの上着の中、ブラウスの上から彼女の胸を揉む、中心の突起物を探りながら。左手は未だ反射的に拒もうとする彼女の左手を押さえている。そして耳や首筋へのキスをしながらブラウスのボタンを一つずつ上から外していく。

純白の、複雑なレースでデザインされたブラで所々地肌が見えるよう薄くなっている。もうそれ程抵抗がなく、ジャケット、ブラウス、ブラとあっさりと脱がせる。が、スカートに手をやるとすぐに手首を掴まれた。まぁいいや、それは後のお楽しみ。

ソファーで彼女の上半身を起こす。長身だから気付かなかったが胸は決して小さくない。肌の白さと相まって以前ネットで見たロシア人のヌードとそっくりだと思った。両手で恥ずかしそうに乳房を隠すポーズは違うけど。

ウエストの細さからバストにかけてのラインが美しい。色素が薄い。乳首も限りなく薄い肌色。「腕を後ろに回して」

俺は煙草に火をつけ、その場にあった梱包用の布テープを手に取った。彼女がおずおずと背中に手を回すと手首、前腕のところをぐるぐる巻きにした。「あぁっ・・・。」と僅かに呻くと羞恥に耐え切れず俯いた。

恥ずかしくて顔だけでなく体まで赤くなる女って初めて見た。