人妻狩り

ただ当たり前やけどそんな頻繁にやってるわけじゃないからね。

まぁせっかくだからこの前犯った人の事でもかいときます。年は36歳。長い黒髪の美人な奥さんでした。いつものように車でさらったがこれがもう暴れる暴れる。
ただ多少暴れてくれたほうがこちらも萌えるので首しめたりとかはしない。車の中では脱がさない。せいぜいスカートまくってパンティ確認したりとか位。で工場についてから一気に剥ぎ取る。

清楚な奥様らしく白いパンティと白いブラだが・・見た目とうらはらに言葉使いがはじめは「何するんですかぁ!やめてください!」だったが「離せ!触るな!!」って半分男言葉になってるし。。とはいえ男5人にかなうはずもなく下着のまま押さえつけられて触られ放題。「この卑怯者!最低!!あんた達最低!」

半泣きになって吠える姿がまた愛しいね。「犯るんなら犯ればいいでしょ!卑怯者!!」ここまで反抗されるともっといたぶりたくなります。
「いや俺ら強姦はあんま好きじゃないから。おばさんの方から欲しいってくれないと」「そんな事言うわけないでしょ!!」

「気持ちよくさせてやるから大丈夫だよ。」そして俺たちは女を柱に縛りつけた。手は頭の後ろで交差させてくくり両足首をパイプに繋ぎ半開きにさせておく。そしてローターでねちねちと秘部をせめる。

女はもう半分観念したのか目をつむって必死で耐えている。「どう?気持ちよくなってきた?」「気持ちよくなんてない!」「あそこは気持ちいい気持ちいいって泣いてるぞ!」「・・・・」

パンティはもうぐっしょり濡れているが女は無言だった。しかし30分くらいそうしているうちに「本とは気持ちいいんだろ?」「気持ち・・あぁっ!」

明らかに感じている!という声を漏らした。が・・本人もそれを悟ったのかその後はもう何を言っても全くの無言になった。「疲れたから一服する」あまりの反応のなさに飽きて煙草をつけた。

その間に俺はある薬を女のあそこに塗りこんでおいた。しばらく煙草をふかしていると女はせつなそうに腰をくねらせはじめた。顔は今までに無い苦渋の表情で脂汗を流している。

「どうしたん?あそこかゆくなってきた?」塗っただけで女が淫乱になる・・などという都合のよい薬は小説の中でしかない。俺らが使うのはまぁうるしみたいなもんでかぶれてかゆくなる薬だ。

これで充分効果はある。「卑怯者・・・」時間がたつにつれて女の悶絶は激しくなってきた。

自由の効かない身体を必死でくねらせるその姿が性欲をいちだんと刺激する。「さて。続きやるか。」「もう・・勘弁してください」

涙声でとうとうその女は許しをこいだした。しかしここからが本番である。さっきまでの責めと薬のせいか女のパンティは毛が透けるほど湿っていた。「おら!」

掛け声をかけて仲間の1人がパンティをひざ下までずりさげる。「きゃ!」か細い悲鳴をあげてとうとう彼女の秘部が晒された。毛は多いほうだった。

「おばさん剛毛だねぇ〜」俺たちが笑うと恥ずかしそうに顔をゆがめた「もう勘弁して・・・あっ!あっ!ああああ!!」むきだしの秘部にバイブをあてるともう我慢することなく声をもらした。「あぁ!あっ!やめて!あっ!」

バイブの出し入れに呼応して喘ぎ声がこだまする。そしてバイブのスイッチをいれた。「いやっ!いやっ!いや〜〜〜〜〜〜!!」

絶叫と共に彼女は失禁した。おそらくこちらも我慢していたのだろう。すごい勢いで放尿している。無論バイブをいれていた仲間は思いっきりかけられていた。

「いや!いや!見ないで!」女ってのはこんなにするものなのか?というくらい大量のおしっこを出して彼女は嗚咽しだした。「うぅ・・うっ・うっ・・」

しかしまだかゆみは消えないのかしばらくするとまた腰をひねりはじめた。「かゆいのか?」「かゆい・・かゆい・」「ち○ぽでかいてやろうか?」「・・・・・・」

「ち○ぽ入れてくださいっていって見ろ」「ち○ぽ・・・いれて・・・うぅ〜〜」最後の方は言葉にならなかったがとうとう言わせた!そして俺たちは柱からはずして順番に挿入した。

彼女はすでに抵抗の意思はなく声をあげえて俺たちを迎え入れた。騎上位にさせると自分から腰を振り出した。5人目が終わるとぐったりしてその場に倒れこんだ。だがまだ最後の仕上げがアル。

「では浣腸しまーす!」4つんばいにさせて浣腸した。うぅう〜〜〜〜〜〜〜!!彼女はうめき声をあげたがさしたる抵抗はしなかった。

しかし便意をもよおして我に帰ったようだ「いやっ!トイレに・・・トイレにいかせて!」「旦那も見た事ないあんたが見たいんだよ」「嫌・・お願いですお願いですから!!」

泣きじゃくる彼女を外に連れ出して両足をひらかせた・ほどなく彼女は絶叫した。「いや・・もういや〜〜」

と・・