宗教の指導者にレイプされました…

私のレイプ体験記を書くのは、正直心苦しいですが、同じような被害者を出さないためにも書いておこうと思います。 私は、ホー法華経会という宗教団体のトップに3度犯されたことがあります。 トップの名前は金満子。信者からは「満子先生」と呼ばれています。 金は、海外の政府のトップと幾多にも渡って会談し、国内外の学術機関から多くの学位をもらい、 ゆくゆくはノーベル平和賞の受賞も確実な人物である。 ・・・・・・というのが、教団が盛んに喧伝していることですが、実際は巨大な金を使って名もなきところから栄誉をもらっているだけで、 彼の若いころのコンプレックスをあらわしている最たるものと言えます。 

前置きが長くなりましたが、これはすべて金が史上最悪の人物であることを表すもので、私のレイプもその中にあるのです。 以下は、時間を追って、私がレイプされた事件を記します。 1973年○月×日 私は、北海道にある教団の施設に金が避暑に来るということで、彼の身の回りの世話役を命じられました。 その施設の3階に、金の部屋があり、そこは私と金以外、教団の大幹部でも立ち入りは許されていませんでした。 金がやってきて3日目のことです。 午後9時ごろ、私は彼の部屋に入り、布団を整える準備をしました。 彼は寝室の隣の執務室にいて、私は邪魔にならないよう、そっとふすまを閉めようとしました。 

すると金は、「そのままでいいよ」といってきたのです。 私は、彼に背を向ける姿勢で、布団のシーツを整えていました。 するといきなり、金が背後から襲いかかってきたのです。 「何するの」と思い反射的に顔を向けると、彼はきつい口臭を吹きかけてディープキスをし、私を押し倒しました。 その後、まず私のブラウスとスリップを引きちぎり、次にスカートをびりびりに破り、うつぶせに組み伏せました。 下着一枚となった私になすすべはなく、金は毛むくじゃらの手を下着に突っ込み、秘所を触ってきました。 「や・・め・・・」と、声にならない声を出す私に対し、金は「はぁ、はぁ」と荒息を吹きかけてきます。 そして、金はいよいよ私の下着も引き破り、ステテコから物を取り出して、ぐっと突いてきました。 

突然来た衝撃に、私は声を上げることができず、次第に目の前が真っ暗になっていきました。後は金のきつい体臭と小刻みに来る衝撃だけ。 しばらく失神していたようですが、気がつくと布団に全裸のまま仰向けに寝かされていました。 「ここから逃げよう」と、ドアの方向へ這っていくと、金は 「んもー。大人しくしてなきゃダメじゃないか」と、しつこく私に襲い掛かろうとしました。 それでも私は、全身の力を振り絞り、ドアに頭をぶつけながらも2階のトイレに逃げ込みました。 殺されるという思いで、心臓が異常に激しく動き、トイレのドアを閉めたときは、ものすごく脱力しました。 と同時に、ものすごい吐き気に見舞われて、何度もはきました。 しばらくして落ち着いた後、備え付けてあったトイレットペーパーで、下腹部についていた金の精液をふき取りました。 精液はふき取れましたが、あの忌まわしいことを思い出すたびに、涙がぽろぽろと出てきました。 

私は、少々のことではぬぐえないと思い、皮膚が赤くなるまで何度も下腹部を拭きました。 初めて味わったレイプの痛み。その痛みは長く続き、私はトイレの中で嗚咽をあげていました。 私の記憶する限り、4時間は嗚咽していたと思います。 1983年△月○日 私は、その日も北海道の教団施設で仕事をしていました。そして、・・・金も泊まりにきていました。 早朝、施設内にある喫茶店で入り口付近を掃除していたところ、人の気配に気づきました。 もやで分からなかったため、はじめは何であったかわからなかったのですが、急に私のおなかをがしっとつかむ感触がありました。 見るとそれは、誰かの毛むくじゃらの腕でした。そして再び後ろを振り返ると、そこには金の顔が。 金は顔を一瞬にやっとさせたかと思うと、脚をかけて私を押し倒してきました。 倒れる際に、私は左脇をテーブルにぶつけ、その時の跡が今も残っています。 金は私が抵抗できないように、全体重をかけてきました。 

現在の金を見ると分かると思いますが、彼は醜く太っています。実は、当時もそうだったのです。 金は腕に力をこめて、私のブラウスを引きちぎってきました。そしてスカートと靴下を力任せに脱がすと、 「二号さんの顔を見に来たんだよ」といって、力任せに私の胸をまさぐってきました。 その忌まわしい手は、私の胸からおなかへ移動し、やがて秘所に到達しました。 ここでも私は声にならないけれども叫びを上げようとします。しかし、金は私の口を自身のきついにおい漂う口でふさぐのです。 やがて、金はトレーナのズボンと下着を脱ぎ、毛むくじゃらの股間を私の股間に当ててきました。 また、ここでも忌まわしい衝撃ときつい体臭が襲い掛かります。体中を手でまさぐられながら、私はまた失神しました。 

何分発ったか分かりません。気がつくと、私は仰向けに寝かされ、下腹部に金の精液がついているのがわかりました。 「あんたは名器だな。俺はすぐにいきそうだったよ」と、ズボンを上げながら、邪悪な笑みを浮かべて去っていきました。 私は、仰向けの姿勢のまま2時間ほど2度目の痛みを味わって、嗚咽しました。 1991年○月○日 早朝の深い霧の中、私は食糧の補充のために敷地内を歩いていました。あの男のために。 敷地の路上を歩いていたとき、左後方から何かがものすごい勢いでくるのがわかりました。 私は一瞬、イノシシが来たのかと思いました。その後、あっという間に体を羽交い絞めにされる感覚を覚えました。 これはイノシシではないと思い、とっさに振り払おうとしましたが、相手が悪すぎました。金です。 「3回目も黙って犯されるなんて、淫乱な女だな」と、金はののしってきました。脂ぎった顔が忘れられません。 金が押し倒そうとするのを私はあらゆる力を振り絞って防ごうとしましたが、金は力任せに私に張り手を食らわせました。 その衝撃で私は地面に倒れこみ、金が上にのしかかってきました。

地面なので、つかまるところはありません。 いよいよ、彼は私のブラウスとスカートを力任せに引きちぎり、あっという間に私を全裸にしました。 60を過ぎているにもかかわらず、金の性欲は人一倍あったようです。今度は直接物を挿入してきました。 ずんと突き上げるような痛みが来て、今度は逆に逃げなきゃという意識が先に来ました。 とにかく、噛み付いたり引っかいたりして、金の力が緩んだときに、ようやく体を引き離し、逃げることができました。 金は、「抵抗しても無駄だ。また襲ってやるからな」と不敵な笑みを浮かべ、霧の中を去りました。 3度目の痛みを味わったはずですが、今度は不思議と涙は出ず、1時間ほどその場で呆然としていたと思います。 この後、私は教団を抜け、夫とも相談した結果、ホー法華経会と金満子を訴えることにしました。 教団信者からの妨害も受け、精神的に悩んだこともありましたが、少なからぬ支援者の応援で、何とか平静を保って闘いました。 

しかし、結果は敗訴。理由は「時効」です。 現在ホー法華経会は、政官業(とメディア)に渡って浸透し、私たちは教団と金満子の批判すら満足にできません。 しかし、私のような例はたくさんあり、一連の事件の顛末を告白しておかなければ、今後も起こるだろうと思います。 私たちの苦悩を少しでも多くの方に分かってもらえれば幸いです。 (登場人物および団体は仮名)