ちょっと硬いもの当たってるんですけど

あれは忘れもしない…。そう、中3の春休み。 俺含む男2女3の陸上部引退旅行で塩原へ行った時だった。 夜に風呂に入る事になってまず普通に考えた俺ら男2人が先に風呂へ。(貸切風呂)「先入ってるね〜。」「はーい。」 日光連山を見ながら悠々と入浴していると、「ヤッホー!」 と声が。

女子三人組。 「へ!?」と思い振り返るとバスタオルをまいている。 「どうしたのさ!?」ともう1人の男。 「ハッピーバースデー!」そう。

その日は俺の誕生日だった。「体洗ったげるね。」そう言って俺の体を1人の女子に洗ってもらう。 背中に柔らかいものが当たる。

嬉しかった。 そして、他の1人の女子が体を洗っている奴のバスタオルをそーっと緩ませる。前傾姿勢になっている為俺の目の前ではらりと。全裸体が。

「きゃっ!ちょっと何すんの!」俺が│Д゜)ジーっと見るのもお構い無しに加害者のタオルを剥ぎ取る。2人目の全裸。

「もしかしてそれが俺への誕生日プレゼント!?」「あ、いや…そんなつもりじゃ(;^_^ヾってあんまり見ないでよエッチー。」二人は胸を隠していた。そのお陰で下が丸見え。2つのジャングルが茂る。 「普通こーゆー場面って下かくすんじゃ?」もう1人の男が言う。

「キャァ1番大事なところ見られてたじゃん!」2人は我に帰りうずくまる。「いい体してんなオイ!」

男がはやし立てる。「う〜(ノ_・。)もういいや!」覚悟を決めたのか隠すのをやめ、俺の石鹸を洗い流す。 もう1人の女子もバスタオルを取る。

「え〜いどうせ死ぬわけじゃないんだし!」とか言ってた。 5人で入浴。もちろん全員全裸で。

しかも5人がぎりぎり入れる位の広さの湯船なんでお互い密着。俺らもう(′Д`)ハアハア状態で…。1人の女子が言う。

「ちょっと硬いもの当たってるんですけど。」「俺とは正反対だな。俺には柔らかいものが…!」といい顔を胸にすりつける。 「やめてよ〜。もぅ〜。」

俺はそんな言葉気にせず、今度は乳首なめてみた「ちょっと犬じゃないんだからっ!くすぐったい!」多分感じ捲り。 そういった感じで俺は誕生日っつー特権利用して3人の女子と遊びまくり。 もう1人の男が怒るだろうと皆さんお考えだろう。確かに俺がそいつの立場だったら怒る。

だが実際は「お前が誕生日のお陰で(・∀・)イイもん見せてもらっちゃった〜!ありがと!」と喜んでくれてた。