超熟人妻の美巨乳を堪能

夏休みに東北に一人旅に行ってきました。そこであった美味しい話を書きます。

俺は東北の混浴温泉旅館に1泊した。宿に到着してすぐに混浴風呂へ行った。女の裸でも拝めればいいなと期待していたが、風呂にいたのはしなびたジジババばかり。夕食前にもう一度、もうあまり期待せずに風呂に行った。

やっぱりジジババばかり。あきらめて湯船につかっていたら、浴衣を着た60代くらいの夫婦が露天風呂を見に来た。奥さんはちょっとかわいい顔をしたおば(あ)ちゃん。風呂にいるほかのババアたちよりは、はるかにイケテル。

風呂に入って欲しいなと期待していたら、二人脱衣所に入った。しばらくして、奥さんが脱衣所から風呂場に出てきた。小さなタオル一枚で前を隠しているが、大きなおっぱいが隠しきれず見える。少し垂れているが、年齢の割りにハリがある乳房、淡いピンクの乳首がソソル。

そんなに大きな露天風呂でなかったので、湯船の中で、その夫婦と談笑した。夫婦はともに66歳と言っていた。俺と同じ年の息子31歳がいるとも。湯船の中では小さなタオルをはずしていたので、透明な湯を通して、オッパイをじっくり見させてもらった。薄めの陰毛も湯に揺らめいていた。

奥さんが湯船を出るときには、尻の割れ目からチラリと陰唇も見えた。夕食後、宿の前に餌づけされた狸が出てきた。宿泊客が何人か見物に集まっている。

その中にさっきの奥さんを発見。近づき声をかけた。旦那は酔って寝ちゃったと言っていた。

小さなロビーに二人で座り少し話をした。若いころはかなりかわいかったんだろうなと思われる顔。話も尽き、部屋に戻ろうと二人で歩く。俺は少しだけ酔ったフリをしてふらつく。奥さんが支えて歩いてくれた。小さな宿、どっちの部屋も2階にあった。

手前の俺の部屋の前で、俺は勇気を出して奥さんを抱き寄せた。「大丈夫?」と俺を覗き込んだ奥さんの唇を奪った。奥さんは俺の胸を押し返し、「酔っ払ってるのね。」と言った。「勇気を出したんです。恥をかかせないでください。」と俺が言い、もう一度キスをしようとした。

奥さんも答えるように上に顔を向け、俺の舌を受け入れてくれた。廊下で永いキスをした。浴衣の合わせ目から手を入れ、パンティの上から股間にもタッチした。

その時、階段をあがってくる足音がしたので、奥さんの手を引き急いで俺の部屋に二人で入った。