エリートキャリアウーマンも性の前では…

いい年をして恥ずかしい話だが、俺には長年思い続けている女がいた。その女は俺が思いを打ち明けられないうちに、他人の女になり、他人の妻になった。

俺は、そんな女をいつまでも思い続けていた、とんだ純情物語だ。その女、中澤麻里子に出会ったのは入社式だった。もう8年も前になるだろうか。初めて中澤を目にした時、清楚な美しさが神々しくさえ感じて、思わず見惚れてしまった。

すれ違う度に、長い黒髪から漂うシャンプーの香りにドキドキさせられた。気が付いた時には、惚れていた。中澤以外の世界中の女が全て陳腐に思えるほど惚れていた。社内外を通じて中澤の人気は凄まじかった。上司にも人気があったので、出世も早かった。

2年目にして、会社から表彰され金一封を貰っていた。8年目の現在は、同期の俺はまだ主任なのに、中澤は既に課長補佐だった。「美人ってだけで出世しやがって」と、同期の間で影口を言う者もいた。俺も酒が入るとよく同調していたものだ。

そんな嫉妬や羨望を受けながらも、毅然と、そして颯爽と仕事をしていた中澤だったが、先日から、妙な噂を耳にするようになっていた。その噂というは3つ下の後輩で、うちの部署のお荷物とまで言われている田中悟史と不倫をしているというものだった。中澤は、結婚後、社内の飲み会にも全く参加しない程の真面目さだったので、信用する者は少なかった。

しかし、決定的な写真を田中から見せられたと言う奴まで現れ出して、噂の信憑性も徐々に高まり始めていた。ただ、田中は素行があまり良くなく、品もなく教養もなければ仕事もできない。取引先のドラ息子でコネ入社だったので、よりによって田中は、ないだろ・・というのが皆の感想だった。ところが、昨日、衝撃的なことが起こった。いや起こってしまった。

仕事を終えて、TUTAYAをぶらぶらしていると、田中から携帯にメールが着信した。『良かったら、今から俺のマンションに来ませんか?どうせ暇なんでしょ?』俺はカチンときた『忙しいよ、ばーか。』と返した。『そうですか。残念ですね〜。自宅でAV見るよりも、良いものが見れるのにな〜』俺は『は?』と返信した。

『マーケの中澤麻里子って○○さんの同期っすよね?』俺は中澤の名前を出されて、噂のことなども気になって、速攻で行くことにした。田中のマンションに行くと、俺と同じように本社にいる同期や、マーケティング部の者など6人ほどが来ていた。そして、だだっ広いリビングを見回すと、中澤も・・・居た!昼間の恰好のまま黒のスーツがよく似合っていた。会社から直接、田中のマンションに来たのだろう。

目が合ったので、軽く会釈をしたが、無視され、下を向かれてしまった。顔見知りの同期に「どういうこと?」と聞くと、突然、田中が立ち上がった。「○○さん、ビール適当に取って飲んでくださいね。」

「さて、僕が直接お世話になっている○○さんも、ようやく来ましたので、始めましょうか〜」全員が中澤の方を見たので、俺も中澤の方に顔を向けた。中澤は両手を胸の前で交差させて、自分を抱きしめるようにしていたが、皆の視線を感じたのか、ビクッと震えた。

「中澤さん、やっぱ無理でしょ? やめましょうよ、あの約束は無しになりますけど。」田中の言葉を聞いて、中澤は首を「嫌々」と左右に振ってから「いいから、やるから・・・やるから・・お願い・・」と小さく囁いた。「まじか・・」

「本当に脱ぐんだ。」周囲にいる男どもから独り言が聞こえた。俺は、田中のメールや場の雰囲気、来ているメンツから薄々感じていたので『やっぱりそうか』と思った。

『でもなんで?』と疑問に思った。しかし、そんな疑問も中澤が観念したように立ちあがって、ジャケットのボタンを外すと何処かへ吹き飛んでしまった。今から、あの中澤がストリップをしようというのだ。仕事場から、そのまま来たという格好が、妙に生々しく感じられた。

中澤は素早くジャケットを脱いで、白いブラウスのボタンに手を掛けていた。誰かが止めるのかとも思ったが、誰も止める気配がない。俺は田中に向かって「お、おい、ど、どういうことだよ。セクハラだぞ?脅迫とかしてるのか?」と大声で問いただしてみた。

口の中が乾いていて、最初、噛んだのは、まあ、許してくれ。「違いますよ〜ビジネスですよ〜。てか、中澤さんが望んだことだし〜。中澤さ〜ん、止めましょうか?」中澤は「やります!」とはっきりした声で答えながら、ブラウスのボタンを慌てて外した。

そして、下着と白い素肌を剥き出しにさせて、俺を軽く睨んだ。目が放っておいてと言っているようだった。「そういうことなんで、○○さんも、遠慮せずに、ご鑑賞ください」田中は半笑いで俺に答えた。中澤は、ブラウス、スカート、ストッキングと次々に脱いでいった。

部屋の中は、男たちの荒井息づかいと、服を脱ぐ衣擦れの音だけが、異様にはっきりと聞こえた。俺たちは、誰も言葉を発せず、ただ黙って、会社随一の美女が、同期の出世頭が、あるいは憧れの先輩が、頼れる上司が、、職場の恰好のまま、徐々に剥かれていく姿を息を飲むように鑑賞していた。下着姿までは、スムーズだった中澤も、ブラとパンツを脱ぐことには抵抗があったようだ。

どちらかというとキリっとして凛々しい顔を、赤く染めて中澤は動きを止めてしまった。田中が何か言うかと思ったが何も言わなかった。下着姿で恥じらいの表情浮かべる中澤を存分に鑑賞するのも悪くなかったが、中澤は意を決して、両手を背中に回した。ブラジャーを外して、すぐにパンツに手を掛けて、屈んだ。

思っていたより小ぶりの胸が垂れ下がったところで、誰かの「おおぉ!」という歓声が聞こえた。それが切欠になって、静まり返っていた部屋に喧騒が戻った。「まじ、すげーよ」「中澤さんの、おっぱいが拝めるとは!最高!」「ヒュー、ヒュー」

「思っていた通りの貧乳だ」「肌、白いと思ってたけど、ほんと、まっちろだー」中澤は皆のヤジに負けずに、最後の一枚も脱ぎ捨てて直立した。屈辱の仁王立ちだった。

職場の同僚、競っていた同期や、指導していた後輩にまで、30歳になる裸体を晒して、中澤は恥ずかしさと悔しさで目に涙を貯めていた。そんな中澤の姿を目にしても、田中は、何も感じていないようだった。「え?それだけですか?それだけじゃ、100マンでも高いかな〜」

「どうすれば良いの・・・言ってよ」「う〜ん。約束したように、きちんと全部見せなきゃダメじゃないっすか?」「どうしたら良いの・・・」中澤は困ったように佇んでいた。

「しょうがないですね〜、とりあえず、そこに寝て、足を全開にしてみては〜?」俺は、あまりの展開に心の中で「まじ?」っと喜んだ。しかし、同期の一人は違う感想を持ったようだ。

「寝てしまうと顔がよく見えないのが残念なんだよな。」その発言に同調する奴が多くいた。無残・・・性的な興奮よりも、まず先に、この言葉が頭に浮かんできた。

本当に無残だった。中澤はソファに浅く腰掛け、そして細い美脚はソファの上に乗せられ大きく開かれていた。あの聡明で真面目な中澤に、同僚達の鼻先でM字開脚をさせたのだ。

女の部分を完全に晒して・・羞恥で真っ赤に染まった顔を隠すことも許されずに・・・M字開脚をさせた後から、マーケティング部の奴ら、つまり中澤の部下にあたる者達の緊張が取れたのだと思う。調子に乗って、色々と中澤にリクエストし始めた。

同僚達の目の前で四つん這いになって尻を振る中澤の瞳には涙が浮かんでいた。それでも、逆らうことのできない中澤は、言われるままに痴態を演じ、体の隅から隅までを晒した。「○○さん、やりたいですか?」

他の皆が中澤に群がっている時、少し離れていた俺に、田中がそっと耳打ちしてきた。「○○さんには、お世話になっているので、やっちゃっても大丈夫ですよ」俺は、この機会に、ずっと疑問に思っていたことを尋ねてみた。

中澤のご主人は、証券会社で働いていたということだったが、退職して投資顧問会社をやっていたそうだ。しかし、地震や欧州ショックなどで、大きな損害を出してしまった。中澤自身も、FXをやっていたことは聞いていたが、それもこの度のユーロの暴落で、取り返しのつかない損失を出してしまった。

部署の違う中澤と田中がどのように知り合ったのかは、聞かなかったが、切羽詰まった中澤は、当面の資金を資産家の田中から援助してもらっていた。そして、今回、決死の思いで中澤は再融資を頼んできた。しかし、返すあてがないことは、田中にも分かりきっていた。だから、田中は断るために職場の同僚の前で、ストリップしたら貸すと条件を付けた。

まさか、あの清楚で、いつも聡明な中澤が受けるとは思わなかったようだが、よほど困っているのだろう。中澤はその条件を飲んだ。いざ始めてみると、男どもの必死さや、中澤の恥じらう姿を見て、田中も面白くなってしまって、そっと中澤に耳打ちしたそうだ。「一晩奴隷になって、全員が喜んだら500万融資じゃなくて、差し上げても良いですよ」

田中にとってはどうせ為替でボロ儲けしたあぶく銭しかし、中澤にとっては・・・・