彼女が手コキ…若い頃の青臭い過ち

俺がまだ大学生の頃、一人暮らしの俺の部屋で、バイトで知り合ったフリーターの典子と同棲をしていた。典子のお姉さんはテレビのCMなんかにもたまに出るようなモデルさんでメチャ美人だ。典子も妹だけあって相当美人だった。

柴咲コウさんを、もう少し目力を弱くした感じだ。バイト先では人気を独占している感じで、俺は結構うらやましがられていた。そんな幸せな同棲生活を送りながら、青春していた。

典子は、そのルックスからは信じられないのだが、男と付き合うのは俺が初めてで、処女だった。俺は高校の時に付き合った彼女と経験済みだったが、経験が少ない同士、なにをするにも新鮮だった。大学の友人で明雄と言うヤツがいて、俺とは何かと気が合って、ビリヤードやダーツの良いライバルでもあった。

俺と典子と明雄の3人で遊ぶことも多く、一緒に遊ぶと決まって明雄は典子を褒めちぎっていた。明雄は、本当に典子のことがお気に入りで、マジで口説いてるの?と思うくらいだった。と言っても、典子は明雄のことを友人としては好きだったが、男としてはまったく好みでないらしく、意識すらしていなかった。

その日も大学が終わった後、行きつけのビリヤードとダーツのあるバーに行って、夕飯を食べながら3人で遊んでいた。「ホント典ちゃん可愛いよね。お姉さんよりも全然可愛いじゃん!モデルやらないの?」球をつきながら、明雄が言う。

「うん・・・事務所の社長さんに、しょっちゅう言われるんだけどね・・・私人見知りだし、無理だよ。」典子が恥ずかしそうに言う。実際に、お姉さんと同じかそれ以上の美人なので、やれば人気が出ると思うが、俺としてはやって欲しくない。なんか、遠くに行ってしまいそうで、不安だからだ。

そんな感じで遊んでいて、酒も多少飲んでいることもあって、良い気分になってきた。明雄も少し酔っていて、典子に少し下ネタ的なことも言い始めた。「典ちゃん、仁と別れたら俺と付き合ってよ。予約させて!」

「典ちゃん、一回デートしてよ。」「典ちゃん、ほっぺでいいから、ちゅーしてよ!」そんなことを言っては、あしらわれていた。

浮気者の彼女がいっぱい『Jメール』個人撮影完全オリジナル僕のハメ友たちそして、ダーツをすることになって、カウントアップでウォームアップしていると、思いの外調子が良くて、1000点狙えるコースだった。「なあ、仁、俺が勝ったら、ほっぺにちゅーしてもらって良い?」「はぁ?やだよ。典子も嫌がってるぞ。」

俺はそう言った。「ねぇ、典ちゃん、ダメ?」「えっ?それは、」

典子が口ごもっていると、「いいじゃん!お願い!もし俺が負けたら、今日の飲み代全部出すから!」必死の明雄の勢いに押されたのか、飲み代に釣られたのかわからないが、「うん・・・いいよ。」典子が承諾してしまった。ほっぺとはいえ、キスされるなんて、まっぴらだ。

「マジかよ・・・まあいいや、負けねーし」そう言って、超集中した。明雄は、邪念が入ったのか、イマイチ伸び悩んで、最終ラウンドで先行の俺が終わった時点で160点差がついてしまった。

もう、BULL3連でも追いつけない差なので、安心していると、明雄が言い出した。「なあ、もし俺がここから逆転できたら、ほっぺにちゅーじゃなくて、手コキにしてくれない?」「アホか!まあ、でもいいや。どうせ無理だから、手コキでもフェラでも。」

俺がそう言うと、明雄はマジで!と嬉しそうに言って、典子はマジで?と言う顔で不安げに俺を見た。そして明雄が深く深呼吸をしてテンポ良く3投すると、吸い込まれるように20のトリプルに3つ刺さった・・・明雄は、「うぉぉっっ!!」と、大きくガッツポーズを取り、典子は呆然とした顔になった。

死にそうな顔になっている俺に、明雄は「悪いねwどこでする?俺んち行こうか!」そう言って、勝ったのに明雄のおごりでお会計まで済ませる。典子は、「もう・・・仁があんな事言うから・・・バカ・・・」

そう言いながらも、明雄について歩き始める。オロオロしながらついて行き、結局明雄の家に着いてしまった。「ゴメンね、典ちゃん。約束だから。いいかな?」

あくまで優しく聞く明雄。「・・・そんなに私にしてもらいたいの?彼女に悪いよ。」順子が小声で言う。明雄には、遠距離の彼女がいる。

「悪くない!全然悪くないよ!順ちゃんがしてくれるなら、今すぐ別れるよ!」もう、必死だ。「そこまで言うなら・・・約束だし・・・わかった・・・あっ!でも、手だけだよ!」

「マジで!超嬉しい!」おれは、「そんなぁ」なんていう、間抜けな声を上げることしか出来ない・・・明雄は、速攻でズボンと下着を下ろすと、チンポ丸出しの状態でソファに座った。

俺は、場の空気に飲まれてしまって何も言えずに見ていた。典子は、明雄の横に座ると、すでに勃起しているチンポにおそるおそる手を伸ばしていった。俺と付き合うまでは、処女だった順子が、俺以外の男のチンポを握ろうとしている・・・

柴咲コウのような可愛らしい顔で、いつも俺だけを見てくれている順子が、他の男のチンポを握る。おかしくなりそうだった。そしてとうとう、典子の手が明雄のチンポに触れた・・・

おっかなびっくりな感じで昭雄のチンポを握ると、ぎこちなく上下に動かし始めた。「うぉぅ!あぁ・・・たまんねぇ・・・」明雄は本当に嬉しそうだ。

「痛くないかな?」考えてみれば、典子は手コキなんてしたことはないはずだ。俺と典子のセックスは、フェラもクンニもあまりしない。典子が恥ずかしがるというのが理由だが、手コキもしない。けっこう早めに挿入してしまうので、そんなことはしないという感じだ。

ぎこちない動きが、だんだん滑らかになっていき、明雄もたまらないといった顔になっている。「スゲェ気持ちいい!良いなぁ、お前は毎日してもらえるんだろ?典ちゃんと一緒に住んでるだけでも羨ましいのに、ホント、良いよなぁ・・・」そんな状態で話しかけられても、言葉に出来ない。

「なんか、違うんだね・・・同じ男でも、これの形とか、堅さとか・・・」典子がドキンとするようなことを言う。俺のチンポは、自慢じゃないが控えめなサイズだ。しかも、外人みたいに柔らかめだ。コンプでもある。明雄のチンポは、別にデカイという感じではないが、俺のよりは大きいし、見るからに堅そうだ・・・

「えっ?どう違うの?俺のどう?堅いでしょ?」明雄が調子に乗って聞く。「うん・・・堅くてびっくりした・・・でも、これだとなんか痛そうだね・・・」

「痛そうって?セックスしたらって事?握ってて、想像しちゃった?俺とのセックスw」明雄にそう言われて、みるみる顔が赤くなっていき、耳まで真っ赤にしている・・・「違うって!そんなんじゃないよ!」

「でも、ちょっとは考えたでしょ?」「うーーん・・少し、かな?」そんな会話をしながらも、典子は手を動かし続ける。

「じゃあ、もう終わりで良いかな?」典子が真顔で聞く。「ダメだって!まだイッてないし!」

慌てて明雄が言う。「えっ?手コキするってだけでしょ?イカせるなんて約束したっけ?」典子がイジワルっぽい顔で言う。

俺も乗っかって、「そうだ、そうだ!イカせるのは約束に入ってないぞ!」そう言った。「マジか!?ずるくね?だったら、フェラもしてくれよ!約束だろ!?」

「ぐぬぬ・・・」俺も典子も口ごもる。「わかった、じゃあ、手でイカせるって事で良いだろ?」

俺が折衷案を出す。それを言う俺を、典子は”なに言ってんの?コイツ?”みたいな目で見たが、フェラなんてさせられるわけがない。「わかったよ・・・早くイッてね。」典子が少し不満そうに明雄に言った。

そして、しばらく上下に動かし続けるが、なかなかイカない。「まだイカないの?」典子が疲れたのか、そう聞く。

「ゴメン・・・俺、遅漏だからさ・・・典子ちゃん、ちょっとだけパンツ見せてよ。そうしたら、すぐイクと思う。」「それはダメだって!」俺が慌てて言うが、典子は冷静に「ホントにイク?見せたらイク?」

なんて聞いている。「マジマジ!すぐイクよ!」「・・・じゃあ、はい・・・」

そう言って、典子がスカートを巻くってパンツを見せる。ピンク色の、ヒラヒラが付いた可愛らしいヤツだ・・・結構布が小さめで、セクシーで俺が大好きなヤツだ・・・それを他の男にみられるなんて、地獄のようだ・・・

「うおっ!スゲーー!超可愛いじゃん!うわぁ・・・最高。」典子に手コキをされながら、典子のセクシーなパンツをガン見する明雄。俺は、典子のヘアがはみ出しているのに気が付いてしまった・・・

布が小さいので、パンツの上からはみ出している・・・当然、明雄も気が付いていると思う・・・「あっ!ホントだ・・・もっと堅くなってきた・・・凄い、ね・・・なんか、堅くて怖いくらい・・・」

「でしょ?変な気持ちになっちゃった?」「ならないよぉw」あれ?なんか、楽しそうになっている。他の男のチンポを手でしごきながら、楽しそうな雰囲気を出している。

たぶん、いや、間違いなく、俺のチンポ以外は触ったこともない典子が、楽しげに手コキをしている・・・うわぁぁっっ!と、叫び出したい気持ちだ。「イキそう?イケる?」典子が言いながら、チンポをしごく手を早めている。

「あぁぁ・・・たまんない・・・スゲぇよ・・・あぁぁ・・・」明雄は、相当気持ちよさそうだが、我慢しているのか、まだイカない。「ゴメンね・・・俺遅漏でさ・・・Tシャツから手入れて、乳首触ってよ。すぐイケるからさ!」

もう、調子に乗りすぎでちょっとムカついてきた。でも、典子は早くイカせたい一心からか、言われたままに乳首を触り始める。「あぁぁ・・・典ちゃん、最高!もう、イクかも・・・」明雄はそう言いながら、目をつむる。

「ホントだ・・・なんか、透明なの出てきた・・・」先走りが出てきたらしい・・・「ねぇ、口だけで良いから、俺のチンコ好きって言って!イクからさ!」

「えぇぇ?それは・・・」「言ってくれたらイキそう!」イクのをえさにどこまでさせる気だと思ったが、今止めたら、また最初からやり直しになると思って我慢して黙って見ている。

「うぅぅ・・このおちんちん、好き・・・」「もっと大きい声で!明雄のって言って!」調子乗りすぎだ!「明雄くんのおちんちん、好き!」

はっきりとした声で言った。「仁のとどっちが好き?」明雄が叫ぶように言う。

「明雄くんのおちんちんが好き!堅いから好き!」そんな事を、明雄に言われてもいない事を叫ぶ典子・・・その言葉に、明雄の我慢も限界だったようで、派手にイッた。

その精子は、座っている明雄の目の高さぐらいまで上昇して、典子の手や腕にボタボタっと落ちていった。「ひゃん!びっくりした!すごいね・・・真っ白だ・・・」おそらく、マジマジと精子を見るのは初めてなんだと思う。いつもは、ゴムの中に出すので、見る機会がない。

「くぅ・・・すっげたまんねぇ・・・」本当に気持ちよさそうな明雄。俺は、慌ててティッシュを持って典子に近づく。

そして、典子はティッシュで明雄の精子を拭き取りながら、「明雄くん、気持ち良かった?痛くなかった?」「もう、最高!最高だった!ホント、俺と付き合ってよw」「もうw何言ってんの!」

典子はまんざらでもない感じで、凄くイヤだった。「良いから、もうしまえよ!典子、手洗ってきな!」俺は無理矢理二人を離す。

典子が手を洗って戻ってきたので、もう帰ることにした。「典子ちゃん、ホント、ゴメンね。嫌な事させちゃって。」冷静になったのか、明雄が典子に謝る。

「全然!イヤじゃなかったよ。約束だし、仕方ないよね。」「仁、また勝負なw」「うるせーーー!もう負けるか!」

「えっ?またするきなの?」典子が不安そうな顔で言う。「あっ!いや、そうじゃなくって・・・」

「勝負な!!」明雄が力強く言ったのにつられて、「おう!」なんて言って別れた。

帰り道「なあ、あんなこと言って、酷いよ」俺が批難すると、「負ける仁が悪いんでしょ?ホント、フェラさせられなかっただけでも、感謝しないとね。」等と言われて、言い返せなくなった・・・

こんなハプニングがあったが、その後の3人の関係は良好なままだったし、俺もこの一件があって、典子に対して今まで以上に優しくなれたので、結果的に良かったと思い始めていた。若い頃の、青臭い過ちでした。