妻が混浴でハンドマッサージでイカされた

妻を全裸で混浴に入れたときの話です。隣の湯船の男が話しかけてきたあと…。そのうち、男は妻にまで話しかけてきました。

「奥さん、何才ですか?」妻の全裸をなめ回すように見ながらの質問です。値踏みというのでしょうか。

究極の就職面接…かもしれません。相手の全裸を見つつ、相手について質問をする。何も隠すことができず、相手に自分のすべての評価をゆだねる…。

そんなイメージでした。妻も場の雰囲気を壊さないように、愛想笑いを浮かべながら話していました。「何か健康法とか、やってます?」

この瞬間。話題の流れが、明らかに変わった気がしました。なぜ、そんなことを聞く…!?しかし、その疑問はすぐに氷解しました。

★1男は言います。「手とか凝りません?」「は…?は、はぁ…。まぁ…」

突然の質問に、もちろんそう答えるしかありません。体の一部、特に手が凝ってないと言い切れる人間なんていません。すると男は、つとめて好青年のような口調で言ってきました。

「自分、ハンドマッサージできるんですよ。良かったらやりましょうか?」ハンドマッサージ。今から思えば、もっとも無難に、体に触れる方法を提案したのかもしれません。

さすがに「ボディマッサージ」であれば、引かれると思ったのでしょうか。また妻は、何かを言われると断れない性格ではあります。それに今回、「手が凝ってる」というようなことを言ってしまった手前、さらに断りづらくなっています。

妻はチラッと自分の方を見ました。ま、まぁ…。自分は考えます。

ただでさえ、全裸を見られているんだし、手…手くらいであるならば…。そう考えてしまったのが、間違いだったかもしれません。いずれにしても、自分はそのとき、明確にNOと言えませんでした。

「ほら!」男は妻に再度言ってきます。

★2「は、はぁ…」

妻も、手くらいならいいか…と思ったのかもしれません。軽く手を差し出しました。
★3男は隣の湯船ですので、ちょうど男が手を伸ばし、妻も手を伸ばし、それでやっと二人の手がつながる距離です。

男は妻の手を握ると、マッサージを始めました。たとえ手とはいえ、全裸の妻の体に触れられたことに、無意識にショックを感じてしまいました。「あ、結構、凝ってますねー」

「そ、そうですか…?」もっともらしいことを言いつつ、男は手をマッサージします。自分のカンですが、凝ってるといえば、さらにやめにくくなる…。そんな狙いがあったかもしれません。

そして、すぐ後です。「片手だとやりにくいんで、もうちょっと、こっちに来てもらってもいいですか?」「えっ?」

「ちょっ…」自分がそれに反応する前に、男は妻の手を引っ張りました。★4「えっ、えっ…?」

妻はそのまま引っ張られ、座っていた体勢が浮きます。予想しておらず、止める間もありませんでした。★5おそらくあちらには、前屈みの体が見えてしまっていることでしょう。

今まで、妻はある意味、ヨコからのアングルからしか、体を見せていませんでした。しかし今回、男は前面から見ているのです。あとから聞いたところ、「ハンドマッサージのために手は見ていたけど、チラチラ体を見てた気がする」とのことでした…。

★6「左手もどうぞ」男はさらに左手も、マッサージをします。自然、体全部を向けることになりました。

体も強制的に浮く形になるので、こちらにはお尻が…。いえそれ以上に、性器が丸出しになりました。★7それだけではありません。

このとき、客は我々だけではなかったのです。ちょうど、自分たちの後ろにも、男性客が来ました。「ぅぉっ…!」

明らかにそんな声が聞こえました。間違いなく、妻の丸出しの尻、そして女性器を見られています。今から考えると、妻も湯船の中に入れば良かったようにも思えますが、これもあとから聞いたところ、「最初の体勢を崩しにくかったし、それ以上、あの人と距離が近づくのもちょっと、と思って…」

と答えました。何にせよ妻は、この不自然なポーズを、ずっと取らされてしまうことになったのです。★8男は、そのあともじっくりマッサージを続けます。

あとから思えば数分レベルだったんだと思いますが、そのときは数時間にも及んでいるような気持ちでした。そのときも、後ろからの視線をチラチラと感じます。これは男としての本能でしょうか…。自分自身も、妻の女性器から、目を離すことができなくなりました。

見慣れているはずの妻の性器ですが、それでもこの状況では意味合いが違います。確かに今、この性器は、マッサージをしている男からは見えません。しかしながら、だからこそ、逆に。

後ろにいる男たちに、そして何より、夫である私自身に。「ほら、この女のマ●コ、見たいんだろ?タダで好きなだけ見せてやるぜ?俺のオゴリだ、オゴリ!なぁ?」とまで言われ、見ることを許可されているような気持ちになりました。

さらに男が手を動かすたびに、女性器も揺れ…。そしてほんの少しだけ、中の赤い部分が見えました。日中にも関わらず、これだけのショーが行われる…。

劇場の支配人は、この男。妻は強制的に、裸の踊り子。夫である自分は、それを見ることを許された観客…。

そんな情けない気持ちになりました。そして何より、この体勢。ある意味、妻が男に、全裸で土下座をしているのと変わりありません。

裸で、必死に許しを請う妻。そしてそれを、何もできず見ているだけの夫です。結局、手以外を触られることはなかったようです。

しかし、それ以上の屈辱を受けた気がしました。

蛇足かもしれません。男がマッサージをしながら見ていたのは、こんな風景。胸も陰毛も…すべてが見えています。

重ねて長文で失礼しました。読まれた方、ありがとうございました。